1番ポジション チェックリスト サイド


1番ポジションチェックリスト 横

この前、全ての基本である1番ポジション、そしてブラバーの

チェックリストをご紹介しました。

(ピンクの文字はリンクです。

クリックすると記事に飛びます)

 

基本のき、として、

バレエレッスンでは最初に教わるポジションですが、

考えることがたくさんありましたでしょう?

基本が一番難しいんだよね。

 

 

今日は同じポジションを横から見ていきましょう。

1番ポジションチェックリスト

縦のアライメント

  • 耳→肩→骨盤の横→ひざ(ターンアウトしている場合、どれくらい開けるかによって場所が変わります)

→足首(ターンアウトの可動域によって違います)

 

  • 背骨のカーブが緩やかに引きあがっていること

 

  • ASIS(久しぶりにこの名前出てきましたねー

復習はこちらから)

と恥骨が同じラインにあること

(写真にマークはありません)

 

  • 膝蓋骨(ひざのおさら)と足の第二中足骨(2つめの足の指)が

同じ方向を向いていること

 

 

 

さらに青いラインも見てみてください。

ブラバーは体に触れませんね。

写真の腕は間違いで、本来ならば青いラインのあたりになります。

(前から見たときに手首の中心と、中指が同じラインってお話ししましたでしょ?

写真の子は手首が曲がってしまっていますね)

 

肋骨の方向も確認しておきましょう

肋骨を開かないという説明をした記事はこちら

 

 

フロント版とサイド版、

この2つのチェックリストをクリアできたら、

しっかりとした体ができている証拠です。

 

このポーズをキープすること自体、

とてもいいエクササイズになりますし、

集中力をキープする練習

静止する練習(コールドバレエでは大事です)

にもなります。

 

 

これがうまくいくようになったら、

バランスパッドを使って難易度を上げてもいいですし

ハーフルルベに上がったりと応用するのもいいですね。

→バランスパッドの使い方についての記事

 

 

忘れてはいけないこと。

基本に忠実であれば、

体は強くなります。

基本をしっかりと身につけなければ、アラが見えるようになります。

上達も遅くなります。

ケガもします。

 

 

レッスンでの使い方

1)バーレッスン、センターで1番ポジションを意識しましょう。

チェックリストが全部できてから動き始めてください。

動きが始まってからアライメントをただすのはとっても難しくなってしまいます!

 

2)ゆっくりと1番ポジションを通過するエクササイズでも意識できるようにしましょう。

アンクロシェ、ロンデジャンプ・・・通過点を正しくすると

そのあと続くステップの正確さが増します。

 

3)素早い動きでもしっかりと1番ポジションが通過できているか考えてみましょう。

ポーデブラが追加されたり、エポールマンが変わっても、

毎回しっかりとポジションに戻る必要があります。

早い動きでこのようなポイントをチェックするのは大変なので、

ビデオをとって、観察するのもいい練習になりますね。

 

4)センターレッスンで方向が変わったり、

より大きな動きがプラスされても1番ポジションを通過できるようになったら

上出来です!

 

 

2016年の冬季バレエ講習会参加を考えているみんなは、

この練習、しっかりとしておいてね!

 

 

Happy Dancing!

ai


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *