tokyo

ダンサーのためのボディコンディショニングセミナー

自分史上一番良く踊れる体作りのヒントたち

!速報!

2017年は5月3,4日(Aプログラム)&5,6日(Bプログラム)で行われます!

開催地は Piece of modern Dance studio(東京 目黒)

 

 

自分至上最高に踊れる体!

みんなが思っているほど、体ってリミットがないんです。

毎回セミナーや講習会で出会う子たちがつま先伸びない、とかターンアウト出来ない、とか足の形が、O脚だから…

いろいろな理由で悩んでいるのですが、95%の問題は体をしっかりと理解し、トレーニングすると解決するんですよ!

(残りの5%?頭の悪さとか、顔の大きさとかはやっぱりトレーニングじゃ無理かも。でもそんな悩みを持っている人っていないでしょ。みんなつま先伸ばすとか、足を高く上げるとかを悩んでると思うもん。)

 

もちろん、分かっていてもやらなかったら上達しませんが、知識を入れることは最初の一歩。

一緒に様々なトレーニング法を勉強して、より強く、美しく踊れる体を作りませんか?

 

今年はAプログラムとBプログラム、2種類を準備しました。

Aプログラムは2016年に行ったボディコンディショニングセミナーとほぼ同じ内容(ストレッチクラスは一新されました)

Bプログラムは2017年初おろしです。

 

*去年東京、もしくは名古屋のボディコンディショニングセミナーを受講した方で、その後しっかりと復習している人はBプロをお勧めしますが、もしあまり練習していない、忘れている部分が多い…と言う人はAプロを復習するといいかもしれません。

 

 

15歳以上のダンサー、大人バレリーナさん、バレエ、ダンス教師、ダンサーを診るトレーナー、治療家向け

 

 

スケジュール

*Aプログラム(5月3&4日)Bプログラム(5月5、6日)ともに同じ時間になりますが内容は違います

会場:Piece of modern Dance studio (東京 目黒)

 

 

1日目

9:00-11:00・・・フロアエクササイズforダンサーズ Basics

11:15-1:45・・・フロアエクササイズforターンアウト

 

2日目

9:00-11:00・・・フロアエクササイズwithエクササイズバンド(Bプロはwithソフトボール)

11:15-1:45・・・ダンサーのストレッチ&リリース

 

フロアエクササイズforダンサーズ Basics

*Aプロ、Bプロで紹介するエクササイズが違います

 

基本が一番難しい・・・

フロアで行うダンサーのためのエクササイズクラスbasicsでは簡単に見えるエクササイズ、既に知っているかもしれない動きを細かく見ていきます。

海外バレエ学校でクラス指導している中で一番効果的だったエクササイズたちをご紹介していくほか、同じ動きをレベル別、部分別、体の癖別に行う方法もご紹介していいます。

もちろん、ケガした時の応用編や、難易度を上げる方法も一緒にお話ししていく、量より質を目指したクラスです。

ダンサーの自主練はもちろん、指導者やトレーナーがレッスンの問題別にエクササイズを与え分けるヒントにもなるでしょう。

 

 

フロアエクササイズforダンサーズ ターンアウト

*Aプロ、Bプロで紹介するエクササイズが違います

 

その名の通り、ターンアウトを強化することが目的のクラスです。

ターンアウトに必要な筋肉、ターンアウトを助ける筋肉、軸足のターンアウト、動かしている足のターンアウト。

様々な角度からターンアウトを練習していきます。

エクササイズで筋肉を探した後、実際にバーレッスンでその感覚を探しに行きます。

床で感じた筋肉をプリエで探すことが出来るでしょうか?タンジュでは?ルティレでは??

エクササイズだけで終わらせるのではなく、レッスンにつなげ、舞台につなげるそれがDLS流ターンアウトです。

 

 

フロアエクササイズ with エクササイズバンド(Aプロのみ)

2015年に初めてご紹介した人気クラスであるエクササイズバンドを使ったフロアエクササイズのクラス。

まっさかこんなに大変だったとは・・・という声と「鬼の愛」という名前はこのクラスから生まれました。

このクラスでご紹介するエクササイズたちはレッスンの動きに沿って作られています。

つまりレッスン中の注意を聞きながら行う事ができるので、ケガして100%踊れない時のレッスン参加や、踊れない環境(床が滑る、場所がないなど)でも自主練を行うことが出来るツールになる筈です。

また、バレエ教師の皆さんはこのエクササイズを安心して生徒さんに与えることができますから、クラスにけが人がいても指導がしやすくなりますよ!

注意すべきことは、筋肉痛になることです・・・

 

 

フロアエクササイズ with ソフトボール(Bプロのみ)

2017年初ご紹介になるこのクラスは、みんなからずーっと聞かれていたソフトボール、というボールを使ったエクササイズの方法をご紹介します。

ダンサーの足セミナーを受講した人はつま先エクササイズでこのボールを使ったことがありますが、他にも色々使えるって知ってました?

  • 内転筋(内モモの筋肉)をがっつり鍛える方法
  • 背筋を鍛えて綺麗なアラベスクを作る方法
  • 腸腰筋を感じて、優雅にデベロッペデヴァンを上げる方法…

ボールは空気が抜けるので持ち運びも楽なツールです。

知りたい人は5月に会いましょう!

 

ダンサーのストレッチ&リリース

*Aプロ、Bプロで紹介するストレッチが違います

ダンサーなら知っている有名ストレッチをいくつかピックアップして研究していきます。

  • 脚を高く上げるには?
  • 肩を広げ、大きく表現するには?
  • ギュって使ってしまう外モモを解消するには?
  • 深いプリエを作るには?

ストレッチもエクササイズの一つ。無理矢理やってたら効果はないし、ケガにつながります。

またみんながみんな、同じストレッチが必要じゃない。硬い場所、問題のエリアは違いますでしょ?正しいやり方を知って、効率的にそして安全に上達しちゃいましょう!

 

 

 

講師紹介

A71fb佐藤 愛
6歳よりバレエを始めThe Australian Conservatoire of Ballet卒業。怪我のためバレエを断念した経験からVictoria University にて本格的に解剖学、理学マッサージを学ぶ。

ピラティスや教育資格取得、ACBバレエシラバスを終了し、現在はACB専属セラピストの他、Cert.IV, Diploma, Advanced Diplomaコースの解剖学とフィットネスの講師を担当。

その合間を縫って豪州と日本各地でバレエダンサーや各種パフォーマー等の治療や教育を行っている。ダンサーの為の情報サイト、Dancer’s Life Support.Com、ダンサーのためのボディコンディショニングセミナー創立者。

 

 

 

参加費&申し込み

30000円 (定員25名)

**2月26日(日)朝6時よりDLSストアから申し込みを開始します。お見逃しなく・・・
過去のセミナーの様子はこちらからご覧ください

 

セミナーの最新情報をご希望の方はDLSメールリストにご登録ください。毎月1日と15日にDLSからダンサーへの情報がたっぷり詰まったメルマガが届くようになります。

メールリスト登録はこちらから!

hello@dancerslifesupport.comを登録しておいてくださいね!

ドコモのメールアドレスに返信できない事があります。

yahoo、gmailでは迷惑メールに割り振られてしまう事があります。

,,

申し込み方法をご説明したビデオはこちら

DLSのセミナーは海外を含め多くの方が参加してくださっています。より多くの勉強熱心なダンサーをサポートするためにキャンセルポリシーが設けられています。
申し込みを希望する方はご一読ください。

よくある質問

何を持っていけばいいですか?

持ち物はプログラムによって違います。申し込みが終わったら持ち物や予習ツールなどの情報をメールにてご連絡しますのでそれまで待っていてくださいね。

 

 

怪我しています。それでも受講できますか?

もちろん!

怪我している人、痛みがある人ほどこのセミナーを受講してほしいです。

だって、レッスンに100%参加できないじゃない。

だけどね、その間に怪我した原因である部分を強化したり、テクニックを向上したりすることは可能。

レッスンに復帰した時に、スタジオの誰よりも上手になって皆を驚かせちゃいましょう!

 

 

15歳以下だけど勉強したい!どうしたら受講できますか?

エクササイズは正しくやらないと変な癖がつきます。変な癖を直すには、元の3倍の時間がかかるって言われています。そんな事したら時間の無駄になってしまいますよね。

なのでDLSでは若いダンサーにはキッズセミナーを準備しています。そちらもエクササイズクラスがありますが、時間が短くなっているし、その後すぐにバレエレッスンもあります。そちらを受講して強い体のベースを作ってきてくださいね!

 

その他の質問はhello@dancerslifesupport.comにメールしてくださいね。

どのセミナーを受講したらいいのか分からない人もゴールや悩みに合わせてアドバイスをします。(もしかしたら今回の受講は辞めたほうがいい、とか他の人のセミナーをご紹介することもあります)

上記のメールアドレスからのメールが受信できるようにしっかりと設定をお願いします。(特に携帯メールの人は気をつけてくださいね)

同時期に行われているその他のセミナーもチェック!