ダンサーの足セミナー 2018年4月in東京

[`yahoo_users` not found]

プロの世界でもダンサーのケガのほとんどが下肢に集中している事(2004から2014年の10年間プロバレエダンサーのケガを記録した、研究によると一番多いケガは足首、足先で全体の38%!)

そしてDLSに来る質問で多いのもこの足先の部分について。

 

つま先が伸びない、ポワントで上手く立てない、ジャンプのつま先がぶらぶら…

手術、ケガからポワントに戻ってくる方法は?

そして、自分の足に合ったシューズって何か分からん!

こういう悩みはつきませんよね。

 

 

  • 自分の足をポワントに合わせる方法

→つまりはテクニック、つま先の動き、筋力を向上させる事によってシューズに負けない足を作る!

勝手に自分の足に合うポワントって存在しません。だけどね、正しく足の裏や足の指を使うことで、しっかりと立てる足を作っちゃいましょう。

 

  • 自分の足にポワントを合わせるカスタマイズ法

→リボンやゴム、シューズのサイズや中に詰めるもので、痛みが生じていたり、下手になったりするんですよ!

実際に過去のダンサーの足セミナ―ではいきなりプリエが深くなった人、立ち方が安定した人、甲が伸びた人などが続出。

やったことは自分の足に合わせて、今はいているシューズをちょっと変えただけ(ゼロ円!)

 

  • ポワントで素敵に踊れる体作り

→トウシューズで踊るって体全部を使いますでしょ?だからね、つま先を伸ばすエクササイズとか甲だしストレッチだけでは意味がありません。ポワントで立って踊るために必要な強さをチェックし、自宅で道具なしでできるエクササイズたちをご紹介していきます。

 

まさに「インテンシブ(集中的)」にダンサーの足を考えるセミナー、一緒にマニアックに!勉強していきませんか?

 

 

スケジュール

グループ1 4月26日 17:30-21:30
グループ2 4月27日 17:30-21:30
*両グループとも同じ内容です。
会場:ノアスタジオ 都立大学 (予定)

参加基準

中学生以上のバレエダンサー、教師、大人バレリーナさん

*ケガの有無やバレエ歴は関係ありません。自分の壁を超えたい人を募集しています。

セミナー自体が長いため、集中力が続くかどうかには気を付けて下さい。

**年齢を偽っての参加が多く見られます。これは大人の責任です。DLSセミナーの参加年齢はエビデンスに基づき考えられています。体型や経験ではなく、生理的なものですのでご理解ください。

 

受講費

25000円

(定員25名・・・定員になり次第申し込みを終了いたします。ご注意ください)

 

DLSセミナーを楽しみにしてくれている多くの皆さんに平等に受講チャンスをお渡しするために、DLSにはキャンセルポリシーがございます。
お申込みをお考えの方はご一読ください。

講師紹介

愛佐藤 愛

6歳よりバレエを始めThe Australian Conservatoire of Ballet卒業。怪我のためバレエを断念した経験からVictoria University にて本格的に解剖学、理学マッサージを学ぶ。

ピラティスや教育資格取得、ACBバレエシラバスを終了し、現在はACB専属セラピストの他、 政府認定コースであるCert.IV, Diploma, Advanced Diplomaコースの解剖学とフィットネスの講師を担当。

その合間を縫って豪州と日本各地でバレエダンサーや各種パフォーマーの治療や教育を行ってい る。

国際ダンス医科学学会(IADMS) Massage&Myotherapy Australia(AAMT)会員。

ダンサーの為の情報サイト、Dancer’s Life Support.Com創立者。初書籍「バレエの立ち方できてますか?」は先行予約の段階で千部を超える申し込みがあるという異例の人気を見せる。

 

よくある質問

年齢以下なんですけど参加出来ますか?

できません!

DLSキッズなど年齢の幼い子達向けセミナーをご利用ください。

またこのページの一番下にも、どうして年齢の幼い子達へのセミナ―が限られているのか?を説明してありますので合わせてご覧ください。

 

最近トウシューズ履いていない指導者ですけどついていけますか?

大丈夫。トウシューズで踊ることはありません!

ただね、トウシューズのクラスを指導していたら絶対に知っておきたい事は満載ですから、どうぞご参加くださいね。

 

バレエダンサーではありません(男性ダンサーです)でも強い足が欲しいので参加したいんですが。

トウシューズの合わせ方の部分はあまり役に立たなくなってしまいますが、ポワントで踊るためのエクササイズ=強い下肢を作るエクササイズなのでそちらを勉強してもらったらゴールに近づけますよ。

つまり、ポワント説明の部分があることを理解し、その事についての質問などがたくさんでると思われるけど、それを承諾してくださるのならば参加可能です。

 

子供は参加出来ないのですが、親の私が聞いてもいいですか?

ダメです。

何故かというと聞いた情報、というのとそれを伝える、指導する(例えそれが自分の子供であっても)は全くちがう次元の話になるからです。

トウシューズの履く時期や痛みなど、ご両親から質問がある場合はバレリーナの卵セッションをお使いください。たくさんのQ&A時間をとってありますから。

申し込み

2018年2月17日(土)日本時間午前6時よりDLSストアにて申し込みが始まります。

申し込み方法の詳細はこちら

当日受け取る事のできる、DLS来日特別アイテムについてはこちら

その他のDLS春セミナ―のスケジュールはこちら

 

最新情報はDLSメルマガにてお送りしていますので登録してくださいね。

メルマガは毎月1日と15日に届きます。

画像つきの、容量のおおきなメールが受信できるメールアドレスをご登録ください。



FBライブ!!

スケジュールを見ても分かる通り、春は様々なセミナーがあり混乱しますよね。
なので2月3日そして10日の朝8時にDLSのFBページにてライブで皆さんの質問に答えます!
  • 私でもこのセミナ―受けられるのかな?
  • ちょっと意味が分からないんだけど・・・
  • 初めて申し込むからかなり不安。もう一度口頭で説明して!
など申し込み争奪戦の前に解消しておきたいお悩みをライブで解決していきましょう!
まずはDLSのFBページをフォローして連絡がくるように設定しておいてね。
[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • ダンサーの足セミナー 2018年4月in東京”へのコメント

    • June 2, 2016 at 5:40 am

      愛さん、こんにちは。

      セミナー、すごく興味深い内容です。
      そこで質問です。

      うちは、高3の娘がバレエをやっていますが
      中学生になったころ、知り合いの
      整体師さんに、ふくらはぎを使いすぎてるね
      と言われたことから、体の使い方間違ってる?
      と疑問が。

      反り腰で、太ももが太くガチガチ、アンディオールが苦手
      普段から、膝がへんな感じで内側でひっついている。
      (ターンインしている)、うーん、バレエの体ではない…

      そこから整体に行ってみたけど、すぐ元に戻る。
      地方なので、バレエ専門がなく、
      この頃は、本当になんにもわからず手探りでした。

      ようやく2年前から地元でピラティス、ヤムナを受けれるようになり
      リリースと体幹の必要性を強く感じている現在。

      プランクも続けてますが、まだまだ筋肉の使い方が
      よくわからない状態です。

      ダンサーの足のセミナーの内容はお教室では教えてもらえないことばかり。

      特に、プロを目指しているわけでもない高校生ですが
      愛さんのセミナー受けることはできるのでしょうか?

      どうぞよろしくお願いします。

      Reply
      • June 2, 2016 at 1:23 pm

        かおりさん、ご連絡ありがとうございました。
        プロを目指しているわけでもない高校生、とありましたが、もし彼女がすごく勉強したい!と思っているのならばグループ2の方で参加が可能です。
        ですが、DLSセミナーにいらっしゃる皆さんは非常に勉強熱心な人達ばかり。なので本人と本当に受講したいのかを話し合ってみてください。
        彼女がこれから大人バレリーナさんとしてバレエに向きあっていきたいので受講を!となった場合、ぜひDLS内にある解剖学、そして足先の記事を読んで予習しておいてくださいね。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。