シンプルは楽しい!#2016春期来日ツアー 


シンプルは楽しい!#2016春期来日ツアー 

今回初めての企画の一つ、DLSキッズ

10歳から14歳の踊りたい子たちが集まったセミナーでは、エクササイズとレッスンをしました。

 

エクササイズは7個程度。

レッスンはほぼバーレッスン、ほとんど両手バー。

 

ある意味テストみたいなセミナーでした。

なんのテスト?

 

「子供は基礎レッスンが嫌いなのか?」

ということを試すテスト。

 

基礎ばかりやっていると飽きてしまいます。

基礎をやらせると他のスタジオに移ってしまいます。

コンクールなどの振り付けをやらないとつまらないって言います。

バレエママは子供に踊りたがらせます。

 

これらの声をよく聞いていたから、本当かどうか試したかったの。

 

そしたらね、そんなことなかったよ。

バレエママさんたちにも無料で見学できるようにして、レッスンを見てもらいましたし。

子供の場合、親のサポートがとても大事になるから、親も一緒にバレエについて知ってもらう必要があるのですよね。

 

子供たちね、エクササイズクラスなんかキャーキャー言いながらやってました。

レッスンだって、自分の番じゃなくても端で練習していました。

できない事が分かって、ズルしていたことが分かって、恥ずかしくなっちゃった子だっていました。

いくつか彼女たちの声を紹介します。

3

 

子供クラスだからっても、鬼の愛は、鬼の愛のままでしたよ?

プリエなんか、6回くらい繰り返しましたし。。。

 

教師のためのバレエ解剖学講座オンラインコースでも書きましたが、

ポワントの危険性をしっかりと説明した後、生徒のレベルを見て無理をする親って本当に少ないと実感しています。

基礎をやる=同じことを繰り返す、でもありません。

ただ、子供たちにフォーカスを与えること、同じふりでなくって、同じ注意をレッスン内で反復させることはできるんですよね。

もちろん100%みんなが理解するとは限りませんが、努力をしないで諦めるのはいけないよね。

シンプルは楽しい!#2016春期来日ツアー 

 

 

キッズのあとはクリスティンワークショップでした。

そちらも足を上げるとか、回転、とかでなくって、ターンアウトのお尻をしっかりと使っているか?

クロワゼで出している足は、正しい方向にあるか?

なんてことを注意されていました。

 

10-14歳のちびっこたちが基礎が楽しい!エクササイズ面白い!!って思ってくれると

どんなに素晴らしいダンサーが生まれるでしょうか!

そして、そういうレッスンをしていると、海外の先生のワークショップで、元プリンシパルの人の前で、

クロワゼはどこ?なんてことを聞かれる必要はなくなるんですよね。

 

公にはしていなかったけれど、この場所を使って彼女がいい子にオファーを出すことは知っていました。

いきなり!を手に入れるために、でも書いたけれどチャンスはどこに落ちているのか分からないものです。

オーディション費を払わず、3時間しっかりと見てもらうなんてめったにないチャンスですよね。

 

そういう中で最後の質問会で寝ている人がいたんです。

絶対にオファーは来ないだろうな、と思いましたが・・・

体力管理、集中力維持・・・こういうものってテクニックよりも大事だと思う。

今回のツアー全体を通じて感じたことですが、特にゴールデンウィークの最終日に子供たちと出会って強く思いました。

年齢に達していなくても、短期留学のオファーとかがある、こんなチャンスは早々なかったのに。

シンプルは楽しい!#2016春期来日ツアー  (2)

 

#2016春期来日ツアータグの記事を最後までお読みいただいてどうもありがとうございました。

指導していると、皆さんに指導されている気がします。

帰国して最初にしたこと、それは参考書を読み返したこと笑

もっともっと私が頑張らないと、みんなに追いつかれちゃうよー!!!

DLSコミュニティーがお互い刺激しあって成長できるようなシリーズだったら嬉しいです。

 

次のセミナーは9月。

来日できる期間が短いので、クラス数は限られていますが、そこでまたお会いしましょう!

どうもありがとうございました。

 

Happy Dancing!

ai

 

 


  • 先行予約受付中!

  • シンプルは楽しい!#2016春期来日ツアー ”へのコメント

    • June 9, 2016 at 1:15 pm

      初めてmessageを書かせていただきました
      いつも拝見して感動やその通りのmessageを、私は、バレエを経験していたバレエ母です笑
      とーっても下手くそでした😅でもバレエが何より大好きで、いま17になったばこりの娘も7才からバレエをならい、私が経験して見てきた指導者の方で日本ではなかなか素晴らしい、気持ちも、指導力も伴わない先生ばかり、プライド高くなんの知識もない先生ばかり、ご自分の頭のなかでのご指導、その先に利益ばかり生徒への愛はないです
      その中でも中国人の先生に出会うことができその方とあとひとり、若い先生のご指導を受けております、厳しいです て愛情も指導力もある方に教わることができてますが笑
      すみません、長々と、いつも素晴らしい内容に感動しております
      こんな方にご指導していただけたらなと思います😊 ご指導していただくにはどのようにしたらできるのでしょう?
      むりでしょうか?
      私も色々と勉強をしていきたいなと思ってますが、厳しいですね
      お会いできることを願ってmessageを送ります
      ふなばしあきこ

      Reply
      • June 11, 2016 at 8:52 am

        あきこさん、ご連絡ありがとうございました。
        記事には、3人ほどの講師についてお話が出てきますので、どの方についてお話しているのかちょっと分かりづらいのですが、
        私、そしてキッズセミナーを一緒に指導した山本裕子先生は2017年1月に再度来日セミナ―を行います。
        DLSのセミナ―情報は無料で購読のできるメルマガにご登録いただくと届くようになりますよ。
        クリスティン女史は彼女の来日スケジュールが分かっていませんが、一年に一度日本にてオーディションをする予定になっています。
        情報になったら嬉しいです。
        いつも応援ありがとうございました。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。