マイナスとマイナスはプラスになる イベント赤裸々日記

[`yahoo_users` not found]

鬼だったはずの佐藤愛が皆の前でないちゃった事件が起きた1月8日。

東京某所でバレエの立ち方ブック先行予約特別イベントが行われていました。

 

その名の通り、本を買ってくれた人、しかも先行予約してくれた人で、その後応募をしてくれた人達をご招待して行ったイベントです。

世界各国から送られてきた「届いたよー」写真たち!入り切っていない国もあります。ロンドンから赤い電話ボックスと共に送られてきたものとか、ブラジルのネコとか!

先行予約をしてくれた人はアマゾン調べですと1000人を超えていたようですが、そのうちの300人ちょっとが参加してくれました。

となると、会場探しから大変だということを身にもって理解しました・・・

 

だいたい、私の来日は1回で200人程度?のダンサーや関係者とお会いするんですよ。

でもそれは1週間とかの期間の中でなんだけどね、今回はそれプラスイベントだったから2018年の1月で延べ500人以上のダンサー、教師、関係者の皆さんとお会いした事になりますね。

友達100人できるかなーのレベルを超えたね笑

 

さて、今回のイベントで私が目標としていた事は3つ。

  • 1つ目、応援してくれていた人達にお礼をしたかった!
  • 2つ目、バレエの立ち方ブックで初めてDLSに触れた人達にこの、素晴らしい(そしてマニアックな!)コミュニティーを紹介したかった!
  • 3つ目、私の愛するフミさんを日本のみんなに紹介したかった!

 

フミさんの話

一番確実に達成できたのは3つ目のフミさん紹介。

今でも私のFBフィードではFumi Somehara旋風が巻き起こっています(←いつFBを開いても誰かが彼女のブログや記事をアップしている状態!)

 

「バレエの立ち方」と全く関係のない人をなんでゲストに?って思った人達が多いと思うんだけど、「バレエの立ち方」が「バレエのすべてのテクニックの土台」だったら、「その土台=人間」は「栄養」で出来ている。

そう感じたから彼女にアプローチをかけました。

 

なんだかめっちゃ仲良しに見えるかもしれないんだけど、私達であってまだそんなに時間は経っていないんです。

実際にお会いしたのは、去年メルボルンで行われたIADAMSミーティングで、その後、私がシドニーにセミナ―で行った時にご飯食べた(それが脅威のお店オープンからクローズまで居座り事件!)

そして今回の来日笑

そう、それだけだったの。

 

喋り方は優しいし、ちょっと舌足らずな部分があって、見た目もすっごくかわいいこの人、ただ者じゃないなと最初から感じました。

能ある鷹は爪を隠す、じゃないけど、彼女のフワフワしたイメージからは想像もつかないような行動力、聡明な頭脳、そして強い意志の持ち主だという事は最初から分かってました。

彼女ね、人をすごく褒めるのね、何をしてもほめる笑

それって普通出来ないですよ、子供でも大人でもすごく難しい事。

そんな彼女とタッグを組めば私の足りないところは全て彼女が補ってくれるはずだと思ったんです。

そしてその通りだった。

 

今回イベントの写真を整理していても、彼女の素敵な笑顔がいっぱいで見ていて嬉しくなっちゃった。

ちなみに私は、というと自分のスピーチで泣いたもんだから、マスカラが落ちてたし、休憩なしで4時間色々やってたので髪はボサボサ、リップは落ちてる、というひどい状態・・・

何人とも写真を撮り、サインをして・・・ってやってたのに誰も言ってくれなかった。

次回はミラーを持ち歩きます!→これが反省点なのかっ!?

2人並ぶとこーなる。彼女が白、私が黒。私も参加者になって色々と質問したかったよ!これからは彼女のブログを勉強ノートとともに読みましょうね!(下に説明アリ)

私のマイナスとあなたのマイナス

当日、フミさんへの質問がいーっぱいきて、時間が押していた為、私のスライドで飛ばした部分がいくつかあるんです。

その一つがこれ。

DLSを検索して、探してくれている人って何らかの「マイナス」があると思うンです。

  • ケガしていて助けが必要
  • 上達しなくて、将来のことで悩んでいる
  • 指導に疑問を持っている、親としての情報収集が必要

そういうマイナスと、私のケガだったり、負の体験(これをこのイベントで包み隠さずお話したんですが)を合わせると、凄くおおきなプラスになるじゃないですか!

 

そしてそれが自分の将来だったり、子供の未来だったり、日本のバレエ界全体の理解だったりのプラスに繋がってくれると思うのね。

素敵じゃない?

ワクワクしない??

 

私だけだったらマイナスのまま、皆さんでモヤモヤしててもマイナスのまま。

だけど一緒に力を合わせたらプラスになるんだからさ!!

先行予約特典として会場から5名の方に私のパーソナルトレーニングを受けてもらいました。5分くらいだったけど、皆が笑顔になってくれてよかった!これがプラスになるってことですよね。

一緒に革命を起こしていこうよ!

もう一枚のスライドで時間がなかったのはこれ。

革命を起こすって言い方はちょっと大げさかもしれないけど、フミさんの栄養、ダンサーはダイエットではない!という考えや、

私のテクニック向上したかったら基礎に戻れ、とか無理やりストレッチは柔軟性を向上させない、とかバレエダンサーにはメンタルの強さも必要とか。

子供のポワントとかもそうだよね。

 

古い考え方と一般的に言われる、バレエ界の「普通」の中に変化を起こすためには今回の本を出すような大きな動きが必要なんじゃないかなって思ってね。

叩かれる可能性は大きくなり、頻度も大きくなって、正直辞めようかと思うようなメールも届くけど、それも前に進むためには必要だと思うのさ(と言い続けるしかないでしょう。)

 

そして「個人的な変化」を「革命」にするためには、周りがついてくる!という前提があります。

周りがついてこなかったらただの自己満足ですもの。

それができるのも、皆さんが応援してくれているおかげなんですよ!(そうじゃなきゃ私のマイナスだけで終わってるもんね)

 

本当に心から感謝します。

休憩時間中、DLSストアに並んでくれた人達!サポートありがとうございます。

イベントに来てくれた人達は気づいたと思うのですが、chacottさんがスポンサーに入っていたんですよ。

これね、大きいと思うんだ。だって日本のバレエ用品取り扱いのナンバーワンだもの。

その人達が、この本、いいんじゃない?って思ってくれたらより多くの(そして地方の!)ダンサー達にHappy Dancing!というメッセージを送ることが出来るとおもったのね。

そして多くの人が参加してくれて、いっぱいいっぱい質問してくれて・・・という様子を見てくれたら「お!?」って思ってくれたと思う。

ありがとうございました!

 

第二弾のお知らせ!

ということで、この東洋出版さんからの「本気でうまくなりたい人のためのダンス解剖学教室」はシリーズ化しまして、次作はターンアウトについての本になりまーす!

ドンドンパフパフ

既にドラフトは終わっていまして、着々と準備が進んでおります。

ターンアウトのためのエクササイズ(ストレッチじゃないよ!)もたくさんのっけました。

今回の来日中もミーティングをこなしたりしてましたし、皆のエネルギーに負けないように私2018年も頑張ります。

 

先行予約は5月1日予定、特典はまたイベント(フミさんがくるよ~!)、出版は8月1日予定でございます。

2冊目は周りから見る目が厳しくなるのも承知、ターンアウトは多くの人が色々な意見をもっているのも承知。

だけど、一番質問がくる場所だから、私が知っているすべてを書いてみました。

見た目に似合わず結構チキンハートなので笑ぜひ、前作みたいに応援していただけると嬉しいです。

 

イベントの様子はほかの人達がいっぱいブログに書いてくれました!

その中で、私が頼り切っていた司会のモーリーが書いてくれたのはこちら

素敵に書いてくださっているし、詳しくフミさんや私のプレゼン内容も紹介してくださっているのでぜひこちらをチェックしてくださいね。

 

フミさんが(周りにおされて作った笑)日本語サイトDancers don’t dietはこちらから!

 

Happy Dancing!

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • マイナスとマイナスはプラスになる イベント赤裸々日記”へのコメント

    • January 24, 2018 at 7:44 pm

      こんにちは。初めて投稿します。このイベント、小5の娘が、頑張って一人で出席しました。親は、全部理解出来なくても、今後の助けになればと思ってました。イベントが終了して、娘がわからない事もあったけど、いっぱいいっぱい面白い事が聞けたと、一応持たせたノートに何ページも何ページもメモが書いてあり、帰り道ずっと説明してくれました。正直こんなにメモして、わからなかった言葉は帰宅後調べるとは思いませんでした。そして、私はバレエしか興味ない!勉強は塾行きたくないからする!だったのが、「解剖学面白いね。大学行くなら解剖学がいいな。英語もやる!」と。「オーストリアはここだね〜」と地図見ていました。色んな気づきがあったようです。ありがとうございました。

      Reply
      • January 26, 2018 at 8:13 am

        コメントありがとうございます!なんて嬉しい!!勉強とバレエの両立も可能、英語だって大事。バレエダンサーは一人間としていろいろな経験をしないと舞台で人を感動させる表現力は生まれないと思います。
        一人で参加したのもとても偉いね。次回は是非、DLSキッズにも参加してみてください。解剖学とバレエを一緒につけてみましょう!

        Reply
        • February 21, 2018 at 10:32 pm

          遅くなりましたが、拙いコメントにお返事ありがとうございました。春期キッズセミナーに四日間参加申し込みを致しました。外部の講習会にあまり出たことがないので、本人も不安があるかと思いますが、家族旅行をと言う夫に、それよりも行きたいところがあると言う娘に成長を感じました。楽しみです。

          Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。