ダンサーの腹筋事情 腹筋を逃がさない!パート2


ダンサーの腹筋事情 腹筋を逃がさない!

ついに来ちゃいましたよ!

腹筋シリーズの最終回っ!!

 

どれだけ長かったのか?をチェックするためにリストを作ってみました。

腹筋。腹筋。腹筋。ダンサーの腹筋事情

ダンサーの腹筋事情 解剖学編

ダンサーの腹筋事情 腸腰筋編

おなかを使って脚をあげるってどういうこと?

 

 

これで終わりか?と思ったらエクササイズ編に続きまして。

 

踊るためのエクササイズで覚えておきたいこと

ダンサーの腹筋事情 下向き腹筋

普通腹筋をバレエ腹筋へ

ドローインとひきあげ

腹筋とスタミナ

腹筋を逃がさない!パート1

 

ときて今日がパート2です。

 

長いねー本当に。

 

これでも書きたいことすべて終わっていないんですよ。

今日も含め、ここで挙げている腹筋たちは、腹筋群のみ。

腸腰筋エクササイズなどはお話ししていません。

また、ケアの方法や、怪我しているときの応用など。

 

いろいろあるんだけれど、

これだけ書いていたらDLSでなくってALS(abdominal’s life support)になっちゃうから。

 

ではエクササイズです。

今までのエクササイズができている、という前提でお話を進めていきますから、

まだ身についていない人はそちらをどうぞ。

 

abds11基本姿勢を復習して、間違いやすい姿勢を確認して。

つま先まで意識を向けて。

foot

エクササイズ

前回のように腕を天井に向けて持ち上げたポーズから始めます。

片足ずつ持ち上げます。

 

腕を動かしながら、足を動かしながら。

それでも逃げないお腹を作っている、っていうわけです。

abds12

肩や肋骨の注意は前回と同じなので飛ばしますね。

今回、難しくなってくるのは脚のアライメントです。

上げている脚はいつでもパラレル(平行)になっていなければいけませんよ。

 

足全体で床を押せず、膝が中に入ったり、

内転筋が緩んで膝が落ちてしまったたり

(これは軸足、動脚、そして両方の足に見えますから注意!)

しないように気を付けてくださいね。

abds

また、膝を持ち上げた時にお腹が出っ張らないように。

手とか足とかいろいろ動いていますが、

結局は腹筋エクササイズなんですから。

 

下向き腹筋と同じようにお腹をしっかりと入れて、

骨盤が動かないように気を付けましょう。

 

 

応用編として。

前回説明したポーデブラをしならが

脚を動かす、とすると

肋骨キープが大変になりますし、

コーディネーション力をつける練習にもなります。

 

上級者になったら、

  • 下向き腹筋のお腹をキープしつつ、
  • 普通バレエ腹筋を使いつつ、
  • 脚も動かせるようになりましょう。

abds13

バレエでいうと、

  • 引上げをしながら、
  • カンブレデヴァンをして
  • 脚を自由に動かす

ってことね。

 

 

 

ということで、これで腹筋シリーズが終わりです。

どうでしたか?

 

机上の解剖学でなく、

エクササイズでできるだけでなく、

レッスンで使えて、

舞台で使える。

 

このステップの2つめ、エクササイズまで来ました。

今後は、この感覚をレッスンで使ってください。

そのためにはこれらの腹筋たちをレッスンの前に行うのがお勧めです。

 

役に立ちましたでしょうか?

ほかに質問があったらぜひ教えてくださいね。

ただいま質問絶賛受付中!詳しくはこちら

 

また、腹筋シリーズのeBookが欲しい!っていう人がどれくらいいるのかチェックしています。

かなり分厚くなりそうですが笑

ご連絡お待ちしております。

 

 

Happy Dancing!

ai


  • 先行予約受付中!

  • ダンサーの腹筋事情 腹筋を逃がさない!パート2”へのコメント

    • July 17, 2015 at 11:05 am

      こんにちは!
      腹筋シリーズebook 欲しいです!(*σ>∀<)σ

      Reply
      • July 17, 2015 at 12:55 pm

        まあ嬉しい!今はオンラインコースを製作中なので、それが一段落したら腹筋ブック制作に参ります!がんばろーっと。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。