腹筋、腹筋、腹筋。ダンサーの腹筋事情 解剖学編

[`yahoo_users` not found]

腹筋 解剖学編

この前、ダンサーの腹筋についての理想と現実っていうのを見てみました。

 

どうして、みーんな腹筋がどこにあるのか分かっているし、

腹筋運動の仕方を知っているし、

腹筋が大事だって事も知っているのに

出来ないのか。

 

そっちを読んでいない人はお先にどーぞ。

待っています。

 

 

今日は何層にもなっている問題の一番最初、

シンプルな解剖学を見ていきましょう。

 

 

 

「腹筋」

と呼ばれる子達は4つの筋肉群で出来ています。

 

お腹の皮膚に一番近いところから

 

腹直筋

外腹斜筋

内腹斜筋

腹横筋

 

という順番に体に納まっているそうです。

 

もちろん、毎回くしゃみをするたびに筋繊維が絡まらないようにって

全ての筋肉たちは筋膜っていう膜に覆われています。

 

 

 

腹筋筋肉痛のときにくしゃみをするととっても痛いの!

くしゃみ、せきってかなり腹筋使うのですよね。

くしゃみした途端、ぎっくり腰ってこともあるくらい笑

 

 

 

 

さて、ダンサーはお医者さんじゃないので、

筋肉がどの骨のどのエリアから始まって、

どんな神経が通っていて

・・・

なんて事知らなくって大丈夫。

 

 

 

DLS特有の点と点原理で見ていきましょうか。

 

 

一番シンプルなのが腹直筋

イラストを見て分かるように

最初の点は肋骨。

終わりの点は骨盤の恥骨のところについていますね。

M1-abds (5)

 

この点と点を縮めると・・・

胴体が曲がって腹筋運動みたいな形になるのが分かりますよね。

これが腹直筋のお仕事。

肋骨と骨盤の前の距離を縮めます。

 

 

 

腹斜筋たち

は外側のと内側ので繊維の方向は違うものの、

肋骨から骨盤に斜めに点と点が働くことが分かると思います。

M1-abds (6)

 

左右対称に動いてくれたら腹直筋と同じように肋骨と骨盤の距離を縮めますが、

右だけ、左だけ、って働く場合斜めのラインが出来るのがわかりますね。

これが腹筋運動をするときに「ひねり」を入れる秘密です。

 

ちなみに殆どの人は左右対称じゃない。

だからこの筋肉の左右の強さが一緒じゃないことが殆どです。

 

分かり易い例として、

ウエストの高さ、くびれ具合の違い

だとか

サークルポーデブラをした時の動き易さ、だとか

センターでの4番ポジションポーデブラでの安定性だとか。

そんなところで分かります。

 

 

 

 

腹横筋コアマッスルのところで説明しましたから簡単に。

M1-abds (4)

点と点で見た場合、

肋骨と恥骨、っていう腹筋らしいスタイルはあるものの、

ウエストをぐるっと回った点と点になり、

ウエスト周りを細く保つのが分かりますね。

そのほかの動きはこの記事を読んで下さい。

 

 

 

 

まとめとして

  • 腹筋は4つある
  • 全ての筋肉で繊維の方向は違うものの肋骨と骨盤を繋げている

という事が分かります。

 

この肋骨と骨盤を繋げている、って言うところが

体幹の強さっていわれるところ。

肋骨が開いちゃう!っていう注意はレッスンで良くされますが、

この記事で書いたように、腹筋の弱さが原因の場合もありますね。

 

 

 

柔らかなサイドカンブレから素早く体を真っ直ぐに戻してくる動き。

グランパドドゥのフィッシュダイブからアラベスクに戻ってくるところなどで

腹筋が大活躍するのが分かりますね。

 

 

 

腹筋たちのそのほかの仕事。

それは内臓たちが飛び出るのを防ぐこと笑

 

ってことは

コンテンポラリー作品や、オーディションビデオでお腹がでっぱって見えないためにも

強くしておきたい筋肉のひとつだって事。

 

バレエは芸術ですからね。

つまり「鑑賞美」を作るために必要な筋肉ともいえます。

 

 

 

素早い方向転換や、

様々な方向へのジャンプでも

軸に戻ってこられる強さって言うのもここにあります。

 

が。

気がつきました?

 

脚。

 

そーなの。

腹筋は脚の骨、つまり大腿骨には繋がっていないの。

なのにバレエでは腹筋が弱いから脚が上がらないって言われるのっ!

 

 

ここがバレエダンサーにおける腹筋を考えたときのキーになるから

考えてみてくださいね。

 

 

点と点原理でお話したように。

筋肉の仕事は

始まっているところの点と終わりの点を縮めたり、

キープしたり

コントロールしながら伸ばすこと

この記事参照

 

 

 

では「腹筋を使って脚を上げる」って言うのは先生の嘘だったのかしらっ!?

 

 

この答えのヒントとなる筋肉たちを次の記事でお話ししましょう

 

追伸。

ここらへんの話は教師の為のバレエ解剖学講座でより詳しくお話しています。

興味のあるバレエ教師の方は年に2回行われる講座へどうぞ!

 

 

Happy Dancing!

ai

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。