ダンサー必読Book厳選5冊!

[`yahoo_users` not found]

 

20140529_095537

仕事上、バレエの本、解剖学の本はたくさんあります。

たくさん、っていうのは30-40冊ほど本棚に並んでいる状況を指しています。

お家に遊びに来てくれる人で、バレエをやったことがあると話が盛り上がるんだけれど、

バレエを全く知らないとオタクに見えるらしい。

 

 

 

バレエの本、また解剖学の本って安くないんですよね。

そして間違っている事が書いてあることが残念ながらあります。

おしりの事をお話しした時にも少し触れました。

 

 

だから一体何を選んだらいいんでしょう?

って思うでしょう?

 

 

ちなみに30-40冊ということは、一冊が3000円だとすると(参考書なんてもっとする)

私は悲しいほど本に出費している訳ですが、

その中で買わなければよかった…って本もたくさんあります。

今日はその中で厳選5冊(+おまけ)をご紹介します。

 

第5位

ダンステクニックとケガーその予防と治療ー

by Justine Howse and Shirley Hancock

好きな本です。

良く読みますが、バレエダンサーが読んだらいい、

というよりはダンサーを治療したい人が読んだ方がいい、という感じでしょうか?

20140524_133140言葉が解剖学語、そして医学用語で書いてあるので

そういう事を最初に知っておかないと読みやすくはありません。

 

解剖学について細かく教えてくれている本ではないので、解剖学を1から勉強したい人にはお勧めではありませんが、

ダンサーのケガについてはとても詳しく書いてあります。

 

かなり古い本なので、他の著者がこの本をベースに色々な本を書いています。

特に日本語で。

オリジナルはこっちです。

 

生徒向け☆☆

教師向け☆☆

治療家向け☆☆☆

第4位

The Physiology of the Joint Volume Two Lower Limb

By I.A.Kapandji

 

タイトルから分かる通り英語の本です。

20140524_133218読むと楽しいのだけれど、この本は絵本だと私は思っています。

なんせ筋肉や関節の様子をシンプルな絵で描いてくれています。

 

上の本と同じように解剖学初心者にはお勧めではありませんが、解剖学を勉強した先生が、生徒に教えるときに筋肉の絵ではなく、

このような絵で描いてあると分かりやすいかもしれません。

眺めていると楽しい一冊です。

生徒向け☆☆

教師向け☆☆☆

治療家向け☆

第3位

Dance Anatomy and Kinesiology

By Karen Clippinger

またもや英語の本ですが、日本語版も出ているのを見つけました。

筋肉系、骨についての解剖学がとても詳しく、シンプルに書かれています。

 

20140524_133301バレエ留学している子達で、解剖学が学科にある、または英語で解剖学を勉強したい人にはとてもお勧めです(英語版をね)。

 

また、エクササイズについても写真で詳しく書いてあります。

英語が分からなくてもこんなエクササイズなんだろうなーと分かることが出来る本です。

治療家の方で、エクササイズのバリエーションが欲しい時にもお奨めです。

生徒向け☆☆☆

教師向け☆☆☆

治療家向け☆☆☆

 

第2位

Anatomy of Movement

By Blandince Calais-Germain

 

このサイトでも何度も登場する本。

20140524_133112下の写真のように私の本は塗り絵をしてあります。

点と点原理が一目で分かるように自分で塗りました。

誰でも1冊は持っておくべき本です。

英語でも大丈夫。

所詮は塗り絵ですから笑

 

生徒向け☆☆☆

教師向け☆☆☆

治療家向け☆☆☆

 

ちなみに同じ題名でAnatomy of Movement EXERCISES

という本も出ています。

これは酷いですので間違えないように。

お金の無駄でした。

第1位

インサイドバレエテクニック

ヴァレリーグリーグ

 

この本も何度もご紹介していますね。

もちろん第1位です。

説明はいりませんね。

一度は読んでおきましょう。

 

生徒向け☆☆☆☆

教師向け☆☆☆☆

治療家向け☆☆☆

 

おまけ

ダンサーズフットブック

これも、日本語で出ているのですね。

最初の10ページほどしか役に立ちませんが。

20140529_095625その10ページほどがとてもいいので読んでも楽しいかもしれません。

それ以外はかなりアウトデート、古い本です。

セールになっていれば買ってみてください笑

 、

本を持っている人は是非感想を下に教えてくださいね。

また、こんな本もあるよ、とかこれはどう?

というサジェスチョンがあれば是非お願いします!

 

Happy Dancing!

ai

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • ダンサー必読Book厳選5冊!”へのコメント

    • May 29, 2014 at 6:49 pm

      3位の解剖学辞典、愛先生のセミナーの前に、ちょっと勉強しておこうと思って図書館で借りました!私にとってはとてもわかりやすい、読んでいて飽きない本でした!そして、見覚えのある絵も見つけました!
      他の本もみてみたいと思います!

      Reply
      • May 30, 2014 at 10:02 am

        とても良い本ですよね。第2位の本も楽しいと思いますよ。日常英語で書かれているので読みやすいし英語の勉強になると思います!

        Reply
    • May 31, 2014 at 2:22 pm

      あいさん

      「インサイド・バレエテクニック」の本、持ってます。
      付箋いっぱい貼り付けて愛読してます!
      表紙の写真見てるだけで目の保養です。。。

      蘆田ひろみ先生著「バレリーナのヘルスケア」という本があります。
      子ども向けにかなり分かりやすく書かれていますし、
      イラストや写真(レントゲン写真も)満載で見ていて楽しい一冊だと思います(^^)
      小学生のころ買ってもらい、生まれて初めて解剖学というものに触れた思い出深い本です。笑

      そういえばこの前レッスンで骨盤のプレースメントの話をしたら大先生に
      「そんなんじゃダメよ!お尻はもっと前にさせなさい!」と怒られてしまいました(´;_;`)
      ずいぶんお年の先生なので「分かってもらえないのは仕方ないかも」と思いますが、
      なんせ生徒たちがかわいそう。。。一生懸命タックしてます。。。
      でも後日何人かの生徒に「あの話の続きは?」と聞いてもらえたのがとても嬉しかった!
      まだ小・中学生、でも自分の頭で考えようとするんですね。

      私が教えていること以上に生徒から教わることの方がなんと多いこと!!
      そういう子のためにも私自身もっと勉強しなくてはと思っています。

      千紗

      Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。