ともちゃんの親指 外反母趾とターンアウト


20130625_142218

DLSの記事はほとんど、本当にあった話、だったり、

実際にあった質問、だったり、

怪我だったり、私の体験だったりを書いています。

 

 

毎年バレエ学校では12歳から20歳あたりの

50−60人の生徒を受け持つので

話のネタが尽きる事はないでしょう笑

 

 

 

さて、今日の話はともちゃんの親指。

ともちゃんは今年入学した日本人生徒。

短い期間にとーっても上達したって先生方の間でも噂の努力家です。

 

 

彼女と学校でたまたますれ違い、お話していたときに出てきた一言。

「プリエが使えないんです」

という話をしていたんだと思います。(忘れちゃった笑)

 

「最近、外反母趾も痛くなってきちゃって。」

「でもでっぱりが酷くなってきた訳ではないんです」

 

実際の問題よりもこっちがきになったので、

急遽、学校の廊下を使って実験をしてみました。

 

 

 

外反母趾の原因は色々あります。

遺伝的な事もあるし、靴のサイズだったりも。

 

ツイッターでこのまえ「外反母趾は治ります!」というツイートをしていた治療家なのかな?の人がいましたが、

長期にわたる重度の外反母趾、そして遺伝からくる外反母趾が、

本当に治るかどうか?私には分かりません。

 

側湾症もそうですが、癖や筋肉のバランスが悪くなり、

もともとの角度よりも酷くなって見える場合。

その時は治療やリハビリをすることで「元の角度」に戻してあげることは出来ます。

 

そして、進行性の場合、筋肉自体がコルセットのように働き、

進行具合を緩める、またはストップしてくれる、というのは分かります。

 

若いダンサーの場合、まだ骨が成長しているから、

今のうちに正しい使い方をしてあげると

正しいほうに関節が成長してくれる、という事もあるでしょう!

 

どちらにせよ、強く踊るために親指はとっても大事ですからね。

 

 

 

ダンサーの場合、

本当は外反母趾ではなかったのに長年のレッスンでの

無理矢理なターンアウトが原因、

そして足にあっていないトウシューズ

を使い続けると外反母趾になってしまった!という事が多くみられます。

 

 

ともちゃんの足を研究してみましょう。

他の指に比べて、親指が短いのが分かりますね。

そして、親指と他の指たちの間が空いている形をしています。

これが原因の一つ。

 

そしてターンアウトの足を見てみると分かる通り、

アーチはつぶれ、足の指たちが無駄に頑張っているのが見えますね。

ともちゃんの普通に立っているときの足。

ともちゃんの普通に立っているときの足。

 

ここで実験です。

ちなみに写真に加工はしていませんし、

彼女にも何をしたのか説明しませんでした。

嘘だろ、って思う人は実際にともちゃんにコンタクトしてください笑

 

実験その1

右足の親指を正しいところに持ってきてあげました。

20141105_163311

結果

一気にアーチがあがったのが見えますね。

上から見た図でもアーチが引き上がっているので足の幅が狭くなっているのが分かります。

 

 

 

 

実験その2

右足の親指を正しいところにおいたままで、右足のターンアウトを減らしました。

20141105_163424

結果

足の指から無駄な力がだいぶ抜けたのが分かりましたね。

脚全体を見てみると。

ふくらはぎが前に出てきて、ターンアウトが出来てきたのが分かりますか?

 

もともと右足はターンアウトしづらい方らしく、

膝のお皿を見たら左の方がターンアウトしているのが見えます。

 

ただし。

ふくらはぎの筋肉が前に回ってくれるということは、

この記事で書いたように、自分の力でターンアウトしている証拠です。

(床の摩擦力を使ってキープしているのではない、ということ)

 

写真では分かりませんが、

彼女はここら辺で「うそー」なんて叫んでいます。

嘘ついてどうするんだか。

また立ちやすくなった、という感想をもらいました。

 

こんな小さなところに秘密が隠れていたりするんです。

彼女の足の場合、

 

トウシューズの詰め物の変更(親指の長さをそろえてあげるため)

親指と人差し指の間に詰め物(しっかりと親指が地面を踏めるように)

 

という外部からのコンディショニングの他、

20141105_163757

セルフコンディショニングの面では

 

親指をしっかりと使えるようなトレーニング、

足の固有筋トレーニング、

正しいところに重心を落とす練習

 

などが必要になってきます。

 

 

 

コアを鍛えたり、体幹を鍛えたり、って言うのは大切です。

ただね、

自分の土台となっている足がしっかりとサポートしてくれなかったら、

その上にしっかりした体を置けなくなってしまうんですよ。

 

だからプリエが上手く出来なかったり、

アダージョでぐらぐらしてしまったり。

 

テクニックの面でもそうですが、

夏場、サンダル履きたいでしょう?

痛みなく運動靴を履きたいでしょう?

そういうレベルでも大切な事です

 

 

Happy Dancing!

ai

 

 

 

 


  • 先行予約受付中!

  • ともちゃんの親指 外反母趾とターンアウト”へのコメント

    • November 27, 2014 at 5:53 pm

      娘の足トラブルと共通するところあり、大変参考になりました。いつも解かりやすい解説ありがとうございます。

      Reply
      • November 28, 2014 at 8:24 am

        貝塚さん、こんにちは!コメントありがとうございました。お役に立てて嬉しいです。もし何か質問があったら是非教えてくださいね!

        Reply
    • December 1, 2014 at 2:38 pm

      私はバレエを始める前から外反母趾で、バレエ教師に遺伝だ…と言っても信じてくれませんでした。教師の知識ってこんなもん?と思っていました。立ちずらいし、痛いしで、足指の間に(化粧品ファンデーションのスポンジを二つ折りにしテーピングテープを巻いたものを)はめて、テープで固定していました。苦肉の策!(笑)
      今はいいグッズが沢山ありますね。バレエに知識のあるセラピストもふえました。

      私は、ともちゃんと同じ形の足をしています。
      去年末、腓腹筋腱脱臼と三角骨の手術をしましたが、そもそも足裏、指が弱いことが原因です。今は、足底腱膜炎になっています。同じことが原因だと思っています。手術をしたことで、足裏の弱さを露呈した…というところでしょうか

      Reply
      • December 2, 2014 at 9:55 am

        外反母趾の一番の欠点は、トウシューズで痛い、というよりもしっかりと立てない、足のアーチがつかえない、と言うところなんですよね。
        そのせいで、脚の裏側を使う、と言う感覚も生まれづらい。トゥセパレーター!手作りなんて素晴らしいです!
        足裏を鍛える、というエクササイズたちは「ダンサーの足」クラスでたくさん行います。2015年はゴールデンウィーク時に行うのでお時間があれば是非!!

        Reply
    • May 10, 2016 at 1:01 am

      今、外反母趾ぎみになってきたので、悩んでおり、ためになりました。

      Reply
      • May 10, 2016 at 11:12 am

        ともみさん、よかったです!この悩み多いですからもう少し深く記事にできるように頑張ります。

        Reply
    • May 18, 2016 at 2:30 am

      初めまして。小4の娘がバレエをしています。私はヨガを趣味でしているのですが、娘の外反母趾が気になります。バレエはコア、ヨガは足裏に重心を集めるのでバレエにヨガはあまり向きませんか?私自身がヨガ(ルーシーダットン)で足指が強くなり、外反母趾も気にならなくなったので娘にも勧めたい気持ちもありながら、バレエのこともわからず悩んでいます。外反母趾のよい対処法が知りたく悩んでいます。

      Reply
      • May 19, 2016 at 11:47 am

        ご連絡ありがとうございました。
        ヨガがバレエダンサーに向いているか否かは、ダンサーのレベルや何を求めているかによりますが、逆効果になることはヨガの先生がよければないですね。
        DLSにもダンサーのためのヨガシリーズがありますし、そちらも参考にしてみてください。
        さて、外反母趾になった理由や角度、年齢や痛みなどによって対処法が変わってきますので9月にダンサーの足についてのセミナ―を行うことになりました。
        それに合わせ、足先の記事も増やしていきますのでお楽しみに。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。