振り付けを覚えることは絶対である。


振り付けを覚えることは絶対である

2016年冬期バレエ講習会ではこのコンセプトを理解してもらうのに時間がかかりました。

プロを目指すダンサー向けで、短期模擬留学を兼ねているこの講習会参加者はみんな、ある程度テクニックがありました。

脚もあがるし、回れるし。だけど大きく欠けていた点の一つはこの「振り付けを覚える」という力でした。

 

これね、きっと今まで指導されてこなかったんだと思う。

アンシェヌマンを覚えるのも練習の一つですで、訓練することで上達するんです。

だから100%彼女たちの責任ではないかもしれません。

 

プロになりたいと思ったダンサーはまず、バレエ学校入学を目指しますよね。

ということはオーディション、コンクールからの推薦などを通ります。

そして卒業した後に待っているのは、山のようなオーディション巡りです。

 

ダンサーのオーディションで行うことって何だと思います?

そう、レッスン。

その場限りで、みんなと比べられているというプレッシャーの中で、もしかしたら時差ボケや、ケガの痛みを抱えながら。

レッスンで与えられた振り付けをこなすだけでなく、魅せる。自分の良さを見せつける。

これがオーディションなわけです。

 

クラシックバレエのパは星の数ほどあり、いつも自分の得意なステップが振り付けに入っているとは限りませんから、

いくらテクニック、例えばフェッテ、を練習してもそれがレッスンに入っていなかったら見せられないんです。

ほら、コンクールで踊るバリエーションに32回転が入っていないのと同じように。

踊りの好き嫌いや、求めているダンサーなんて言うのだってあります。

オーディションシリーズでこの部分は説明しましたよね。

→オーディションシリーズ

 

でもね、どんなオーディション、そしてレッスンが入っているコンクールで言えることは、

「その場で振り付けを覚えてこなす」

ということなんです。

 

なんでその基本を忘れちゃっているんだろう?

いくらアラベスクの脚が高く上がっても、アラベスクの前後の振り付けを覚えていなかったら使えないんですよ。

 

マスタークラスでも振り付けを覚える解剖学メリットを体感してもらいました。

振り付けがあやふやな時、使いたかった筋肉や、骨盤のアライメントを考えてはいられないんです。

次の振り付けは何だっけー?という隙が絶対に生まれる。

これではレッスンの効率が上がらないどころか、ケガをする原因ですよね。

実際にダンサーのケガはダンサーが集中していない時に起きる、というデータもあります。

考えてみたら当たり前だけれど、どこに動けばいいのか分からずにしっかりと軸に立てるわけはないし、

急いで振り付け修正をして足をひねることは簡単に想像できますでしょう?

 

オーディションでこれは命取りです。

目線がウロウロしたり、一番大きく踊れなかったり。

このような態度は自分に自信がないように見られたり、魅力のないダンサーだと判断されます。

 

間違えてしまってにやけちゃったり、しまった!というのが顔に出たら

幼稚なダンサーだと判断されます。

 

コンクールの振り付けや発表会の振り付けを時間をかけて練習している「だけ」のダンサーはこのエリアが弱いです。

コンクールで1位をとれる確率ってどれくらいでしょうね?

発表会でうまく踊れて仕事のオファーがくる確率は?

本当にプロを目指すのならば、オーディションは絶対必要で、そのためには振り付けを覚えるのは「絶対」なのです。

 

参加者に書いてもらったフィードバックシートで「4日しかなくて振り付けを覚えるのが大変だった」というのがありました。

コンクールの予選や、オーディションは4日もあるわけないですよね。

 

ちなみに、バヤデールの振り付けは2か月以上前にビデオで渡しておいたものです。

2か月以上かけて振り付けが覚えられなかったら、プロを目指すのは諦めたほうがいいでしょう。

 

最後に先生方。

解剖学を知らなくても、プロ級のお手本を見せられなくても、留学経験がなくても。

振り付けを明確に説明し、それが出来ていない時にしっかりと指導する。

ということは誰にでもできるはずです。

それを徹底しない上で解剖学的な指導をしても、踊れるダンサーにはなりません。(頭でっかちにはなるだろうけど)

 

振り付けを覚える。これは練習で上達するエリアです。

練習してください。

 

→北海道セミナー、名古屋セミナー、DLSキッズ(東京)ではこのようなレッスンを受講できます。

2016年春期来日スケジュールはこちらから

 

 

Happy Dancing!

ai


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。