ACBシラバス教師セミナ―日本開催!

[`yahoo_users` not found]

日本では多く行われる事のない、ACBシラバス教師セミナ―が2018年1月12,13,14日に開催されます。

他のシラバスとの大きな違いは、ワガノワメソッドを日本を含めアジア圏でよく見られる「幼い子からバレエを始める」という習慣に当てはめて、体を安全に育てるように作られている事。

そして、実際にシラバスを作った張本人元オーストラリアンバレエ団のプリンシパルであるクリスティン・ウォルシュと、バレエ学校で生徒指導をしている2年生担当ヴァルメイ・ロバートの教師が2人揃ってシラバスをお伝えします。

 

生きたシラバスを、渡豪する必要なく、通訳付きでシラバス創立者に質問しながら勉強でき、2日半で過程が終了できるこのチャンスをお見逃しなく!

 

会場 ノアスタジオ 都立大学駅 B1Cスタジオ

 

スケジュール

1月12日・・・15:00-18:00
その後、懇親会として皆さまとお食事に行きたいと思っております。お時間がある方は是非ご参加ください
1月13日…10:00-17:00 途中に昼食、休憩時間をはさみます
1月14日…10:00-16:00 途中に昼食休憩をはさみます

ACBプログラムについて

ACBプログラムはワガノワメソッドを基に、元オーストラリアバレエ団プリンシパルのクリスティンウォルシュによって作られました。

ワガノワメソッドとは、週に6日間、910歳から8年かけて指導されますが、これはアジアやヨーロッパではほぼ不可能な指導法です。

ACBプログラムは12年間トレーニングと試験プログラムに作り変えることで、5歳から放課後にレッスンにくる生徒達でも勉強できるようになっています。

 

ACBシラバスは正しいプレースメント、ダイナミックな芸術性などワガノワメソッドの素晴らしい部分を大事にしていますが、その上に生徒達のプロ意識を育てることにより、プロダンサーの世界、もしくは指導者としての道を選ぶ際の手助けをしていきます。

 

ACBプログラムはレッスンの組み方を理解している教師の方々へ作られています。

12年間、各レベルで評価試験を行い様々なステップの種類を指導します。評価試験用のレッスンは週1度しか必要ありません。

例えば週3回レッスンがあれば、残りの2回分は教えられたステップを使った、バレエ教師による創造性豊かなレッスンを自由に作ることができます。

1年ごとに各レベルで評価試験が行われますので、生徒は達成すべき目標をもって練習に励み、達成感を得る事ができます。試験結果は生徒の長所や短所に関する有意義なフィードバックとなります。

教師にとっては、試験結果が指導力の評価につながり、指導者としての教育力、指導力を高めるよい機会となります。

 

<2016/2017年のACB卒業生進路例>

Nicola Shapendonk – ローザンヌ国際バレエコンクールの準決勝に進み2018年1月に向けて練習中

* Freya Wilkinson         – Royal Ballet School scholarship, London

* Victoria Norris           – Royal Ballet School, London

* Kiely Groenewegen    – American Ballet Theatre, New York, Graduate – Royal Ballet School on scholarship, London

* Melody Martin            – Australian Ballet, Melbourne

* Michelle Cheng          – Hong Kong Ballet

* Rebecca Mottin          – English National Ballet production Swan Lake in the Round, London

* Riko Takahashi          – Tivoli Ballet Theatre, Copenhagen

* Jessica Allison-Walker – Australian Ballet’s The Sleeping Beauty Storytime production, Melbourne

* Rio Morisawa                – Royal Swedish Ballet School, Stockholm

* Amy Radford    – Dutch National Ballet Academy, Amsterdam

* Stephanie Grobbelaar– Dutch National Ballet Academy, Amsterdam

* Ashlee Crowe                – Finalist for Youth America Grand Prix April 2017,

New York and Finalist for Sydney Eisteddfod Scholarship 2017

 

ディレクター:クリスティンウォルシュAMについて

1972年に国立オーストラリアバレエ団に入団し、すぐにソリストの地位まで登り詰め、その後世界的に有名なロシア人教授マリカ・ベソプラソーハ夫人に学ぶ。1976年にはデミ・プリンシパルとしてマルセイユ・ローラン・プティ・バレエ団と共演。

1978年にオーストラリアバレエ団に戻り、プリンシパル・アーティストに昇進。「白鳥の湖」「ジゼル」「眠れる森の美女」「ラ・シルフィード」「ロミオとジュリエット」「オネーギン」をはじめ多数のバレエ作品で主役を演ずる。

1986年ユニセコ40周年記念では、モスクワのボリショイ劇場にてオーストラリア代表として踊る。その他彼女の国際的な招待講演は数多くに及ぶが、一番有名なものはロンドン・コベント・ガーデンでエリザベス女王のための200年祭ロイヤル・ガラ・コンサートで「眠りの森の美女」の主役を務めたことである。

1989年に現役引退後、教授やコーチング、振り付けや演出などを行いながら、めりボルンにて半日制、全日制のバレエ学校クリスティンウォルシュダンスセンター(現オーストラリアンコンサーバトワールオブバレエ)に専念。

1991年、彼女のバレエ界への多大な貢献をたたえ、オーストラリア名誉国民リストである「オーストラリア・ディ・オーナーズリスト」に名前が記載される。

その後、ロシアのクラシックバレエメソッドであるワガノワメソッドに基づいて「オーストラリアンコンサーバトワールオブバレエ(ACB)」という評価・訓練プログラム(シラバス)を開発、1994年と1995年にマニラで開催された国際ダンス週間/国立文化・芸術委員会のセミナ―にこのシラバスを発表しました。今日ではこのシラバスは300人以上のアジア、オーストラリアのバレエ教師に使用されています。

 

ACBシラバスで使われるグレードについて

 

グレードと適齢 内容
Pre-Primary プレプリマリ(56歳) 踊る楽しみを大事にしつつ、クラシックバレエのトレーニングや訓練を学び始めます。
Primary プライマリ(67歳) よりクラシックバレエの要素が含まれますが、自由な表現力も育てていきます。
Preparatory Level1, Level 1-4

(7-14歳)

注意深くクラシックバレエのテクニックや言葉、表現力を学んでいきます。
Level5 Senior Level (1416歳) 中、上級レベルのクラシックバレエテクニックを学んでいきます。
Excellence (15歳以上) 難易度の高いテクニックを学び、プロダンサーになるべく力をつけていきます。

 

 

指導者用セミナー詳細

今回(2018年1月12,13,14日)に行われるものはセミナー1ですが、以下のように先に進むことができます。

 

セミナー 含まれるレベル セミナ―料金
セミナ―1 プレプライマリ、プライマリ、プレパラトリーレベル1、レベル1,2,3,4 AUD$2400
セミナ―2 レベル5とシニアレベル AUD$1500
セミナ―3 エクセレンス AUD$800

*全てのセミナーには認定教師費用、試験用音楽、DVD,マニュアルがつきます

*エクセレンスはマニュアルがありません。

 

  1. 1)セミナー1を終了した教師はACB認定教師となります。
  2. 2)セミナー1内のレベルの生徒達を試験に参加させた教師はセミナー2を学ぶことができます。セミナー2を学ぶためには指導者のレベルを確認するためにも、最低でも3レベル(プレプライマリからレベル4までの中で選択可)の生徒達を試験に参加させる必要があります。
  3. 3)レベル5とシニアレベルの生徒を試験に送った教師はセミナー3を受講することができます。

 

ACBシラバス試験について

ACBシラバス試験終了後、結果の書いてあるレポート(日本語訳つき)、修了書、そしてディスティンクション(一番高いマーク)をとった生徒にはメダルが授与されます。

試験を希望するスタジオは試験官の宿泊先、食事、国内線、そして交通費を負担します。

一度の試験は40人以上の生徒が参加する必要があります(レベルは関係なし)。40人に満たないスタジオはほかの学校と共同開催、もしくは追加料金を支払うことで試験を開催できます。

その国にて1スタジオのみが試験を行う場合、スタジオは試験官の国際線、国内線、そして交通費を全て負担する必要があります。

 

試験レベル 試験費用(試験結果、修了書、メダルを含む)
プレプライマリ AUD$120
プライマリ AUD$120
プレパラトリーレベル1 AUD$125
レベル1 AUD$125
レベル2 AUD$135
レベル3 AUD$135
レベル4 AUD$145
レベル5 AUD$155
シニアレベル AUD$205
エクセレンス AUD$225

 

メンバー特典について

ACBプログラムは生徒育成だけでなく、教師育成、サポートも考えています。下記のサービスは別途料金がかかりますが、ACB認定教師及びスタジオへの特典例です。(料金、期間、内容は要相談・通訳やツアーコンダクターが必要な場合も別途料金がかかります)

 

  • クリスティンウォルシュによるレッスン(試験後、スタジオでレッスンを開催することができます。)
  • 個人短期留学(最長3か月まで。レベルによりますが、試験にてディスティンクションを授与された生徒は無料で短期留学をすることが可能な場合もあります)
  • 団体短期留学(スタジオ引率による短期留学レッスンでその他の生徒達と一緒にレッスンを受講することができます。
  • オーディション、国際コンクールサポート(オーディションの為のレッスン、DVD作成や特別コーチングを受講することができます)
  • スタジオ発表会振付手伝い(クリスティン振付作品を発表会で行うことができる他、彼女にコーチングや配役決定などをお願いすることもできます)
  • ACBが主宰するインターナショナルバレエガラや年末公演に参加することができます(実力が伴うと判断されたダンサーに限る)

その他の特典や料金、期間などの詳細は直接学校に問い合わせてください。

 

The Australian Conservatoire of Ballet

4/2 Bromham Place, Richmond, Victoria, Australia 3121

Tel: + 61 (3) 9421 2000 メールアドレス:cwdcacb@ozemail.com.au

 

申し込み方法

今回のセミナー(セミナー1)は豪州ドル$2400となります。
お申込みはバレエ学校に参加希望の旨を伝えるメールを送っていただきます。メールアドレスはcwdcacb@ozmail.com.au となります。
英語でのメールをお願いいたしますが、こちらにテンプレートをおつくりいたしましたので、お名前の部分をご記入いただきご利用いただけます。
Dear Ricardo,
My name is OOOO, and I would like to attend the ACB teaching syllabus seminar in January in Tokyo. Please see the attached enrollment form.
Kind regards,
OOOO
また申込み用紙をこちらからダウンロードしご記入いただき、スキャン、もしくは写真でとってメールにつけてお送りください。
セミナ―費を下記の口座にお振込みいただくことで正式な申込みとなります。
<セミナー費用振り込み先>

Beneficiary Name            The Australian Conservatoire of Ballet

Beneficiary address   4/2 Bromham Place, Richmond, Victoria, Australia 3121

ABAN/Account Number   063 233 1012 2181

Branch                 Rosanna, Victoria 3084

Country                Australia

Swift Code/ BIC Code CTBAAU2S

 

当日の通訳は薮田さやかが担当いたします。

実際にACBシラバスを日本のスタジオで使っている彼女への質問や当日の緊急連絡はskballetstudio@me.com へ、または080-4349-9669へご連絡ください。

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。