筋肉を固めないで使うってどういう事?筋肉の収縮を考える その2


筋肉を固めないで使うってどういうこと?筋肉の収縮を考える その2

この前の復習

 

バレエ界でよく使われる注意である、

「筋肉を固めない!」

これらは正しいけれど、正しくない。

なんだか意地悪なナゾナゾのようになってしまいましたね。

 

そしてこのなぞを解く鍵は筋肉の動きにあります。

 

そしてその筋肉の動きとは・・・

 

短縮性収縮 (concentric contraction)

伸張性収縮 (eccentric contraction)

等尺性収縮 (isometric contraction)

の3つ。

 

今日はそこから続けます。

 

なんで英語で書いてあるのか?

というと時々、これらの収縮を英語版でお話しするトレーナーもいるからです。

そして私が日本語発音があやふやだ、と言うのも・・・

 

英語で解剖学を勉強すると、日本語訳にしたときに漢字が読めない、という悲しい事実に突き当たります。

 

特に高校時代、授業を寝てすごした私のような人間は

コンピューターがあるから毎日ブログ更新できますが、

漢字がかけなくって、かけなくって・・・

良い子は真似しないでね!

 

これらの3つの動きを知っていることは大切なのですが、

素晴らしいダンサーになるために解剖学テストに合格する必要はありません。

 

ただ、筋肉の勉強を始める前にでお話したように、

バレエにはバレエ用語があるとおり、解剖学には解剖学用語があります。

だからこのような言葉を使います。

 

プリエって屈伸運動をターンアウトで行うことだけれど、

プリエって話したほうがわかりやすいでしょう?

そういう感じ。

 

難しく聞こえるかもしれないけれど、慣れれば大丈夫だから心配しないでくださいね。

 

 

 

私はこれら3つを生徒に話す場合、プラス、マイナス、イコールと説明しています。

 

短縮性収縮 (concentric contraction) がプラス。

伸張性収縮 (eccentric contraction) がマイナス。

等尺性収縮 (isometric contraction) がイコール。

 

教師のための解剖学講座を受講される方々には、参考書に

「Anatomy of Movement」という本を購入してください、とお願いしてあります。

 

この本についてのレビューはこの記事で書きましたが、

私のお気に入りの本のひとつでもあります。

 

この本に素敵なイラストが載っているのでそれを使いながら

プラス筋肉と、マイナス筋肉、そしてイコール筋肉の動きを見ていきましょうね。

 

 

短縮性収縮短縮性収縮、文字からもわかるように、筋肉繊維が短くなって動きを作ります

なのでこのAの人のように、上腕二頭筋、つまりポパイの筋肉が縮まるときのことを指します。

筋肉が大きくなるから私はこれをプラス、って呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

伸張性収縮の場合、筋肉が長くなっているのにもかかわらず、筋肉が収縮している状態を指します。伸張性収縮

Aの人のひじが伸びていますが、彼は一生懸命働いているんですよね。

筋肉が伸びていくからこれをマイナス、って呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

等尺性収縮最後の等尺性収縮、これは両方の力がイコールのとき、

筋肉は頑張って働いているけれどサイズが変わらない収縮の仕方を指します。

だからイコールって呼ぶわけ。

 

どうです?解りました?

 

 

 

 

 

 

デベロッペデヴァンを例にとってみてみましょう。

 

ルティレから脚を上げるとき、太ももを持ち上げますね。

これらの筋肉をヒップフレクサー、つまり股関節屈筋群(こかんせつくっきんぐん)と言いますが、

これらが短くなって=短縮性収縮になります。

 

脚を地面に下ろすとき、重力と戦いながらおろしてきますよね?

コントロールして脚を下ろす。

と言う状態を作っているのもヒップフレクサーたちが伸びながら脚を支えているから。

つまり筋肉が長くなっているけれど働いているので伸張性収縮

 

等尺性収縮はパドドゥで見ることが出来ます。

アチチュードプロムナードのS字組み手。

 

パートナーの腕も、バレリーナの腕も長さは変わらないけれど働いています。

ここで動きがないから筋肉を使わなくっていいんだ!となってしまうと、

プロムナードで回転することが出来なくなってしまいますよね?

 

これが等尺性収縮

ってわけです。

 

ちょっと解るようになって来ましたか?

でもどうしてこれが

「筋肉を固めない」

っていう使い方になるかって?

 

次回はそれをお話しますね。

Happy Dancing!

ai

 


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。