コアマッスルについて勉強しようの会 第二回 腹横筋


 

コア2

昨日はコアマッスルの噂をピラティスの歴史と共に見てきました。

今日は早速コアマッスルとはいったい何なのか?を見ていきましょう。

 、

コアマッスルとは3つの筋肉群の事を指します。

,

腹横筋(ふくおうきん)

,

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

,

多裂筋(たれつきん)

,

,

時々、横隔膜もコアマッスルとして紹介されることがありますが、

ダンサーの呼吸の仕方を説明した時にも分かるように、私たちの呼吸はちょっと特別ですから、ここでは3つ、という事にしておきましょう。

 

 、

腹横筋腹横筋は腹筋の一部です。

腹筋は4つあり、腹横筋が一番深い筋肉となっています(よって深層筋、コアマッスルのひとつ)。

,

背中の方からお腹の前へ、というコルセットの形は、内臓をしっかりとホールドしてくれる大事な筋肉です。

他の腹筋の繊維が斜め、ないし縦向きなのに対して、

腹横筋は文字通り、体の横向きに筋繊維が走っています

,

,

これはダンサーにとってとっても重要な事。

ですが、それは腹筋の話になるので、また今度お話しします。

 、

噂その1:コアマッスルとは腹筋の事である。

,

これは4分の1だけ当り、と分かりましたね。

腹筋についてはダンサーの為のボディコンディショニングセミナーでもう少し詳しくお話ししますし、フロアエクササイズクラスでもどうやって探すのか、どうやって鍛えるのかをご紹介します。

是非遊びに来てくださいね。

ここで知っておきたい事は腹筋全てがコアマッスルではなく、腹横筋のみがコアマッスルという素敵なクラブの仲間入りが出来る、という事です。

 、

噂その4:コアマッスルさえ鍛えればお腹は平ら、くびれができる

,

これも4分の1正解です。

,

お腹が平らになるかどうか、というのは筋肉の使い方でどうこう出来るものではありません。

確かに筋肉が働きやすくなり、姿勢が良くなるのでウエストが細くなるかもしれませんが、脂肪の量に関係しません。

残念ですね。

これだけやれば絶対細くなる!ということなんて解剖学上ないのです。

地道に食べる量と運動量のバランスをとるようにしましょう。

,

,

そういっても新しいダイエットが出るたびに飛びつく人がどうしてもいるので。

私も昔そうでした。

摩訶不思議なお酢を飲んでみたり、炭水化物を抜いてみたり…

ダンサーと体重、そして解剖学の大切なお話はこちらから読んでくださいね。

筋肉が強くても、その上に脂肪が載っていればお腹は平らになりませんね。

お相撲さんがいい例です。

彼らが弱い、とはだれも言わないでしょう。

,

,

ただ、筋肉がみえるか?そしてお腹が平らでくびれがあるか?

と聞かれたら否。

,

,

ただ、他の腹筋もそうですが、腹横筋が強くなると、内臓をしっかりと体の中に納めておくことが出来ます。

ですから、太っていないのに下腹が出る、というケースではこの筋肉を鍛えるといいでしょう。

 、

どうでしたか?

明日はその2、骨盤底筋群を見ていきましょう。

 、

P.S.

Dancer’s Life Support.Comのコンテンツを楽しんでいただけていたら、ダンサーの為のボディコンディショニングセミナーもきっと楽しんでもらえます!

クラスの空きをチェックするにはセミナーのページへどうぞ!

 、

Happy dancing!

ai

 

 


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。