DLSダンサーを診る治療家・トレーナープログラム

[`yahoo_users` not found]

バレエダンサーの治療、トレーニングは特殊。

並外れた柔軟性が必要な上に、アスリート並みの筋力、持久力が求められる上に、身体的なラインやプロポーションも非常に重要なポイントとなっています。

その上、クラシックバレエだけでなくコンテンポラリーやキャラクターダンスなど様々なジャンルの踊りを芸術的にこなさなければいけません。

 

ダンサーのケガのリスクは、オーストラリアンフットボール(ラグビーのような人と人がぶつかり合うコンタクトスポーツ)よりも高いと言われ、ダンサーの80%がバレエ人生の中でケガをするといわれています。

しかし、65%のケガは予防できるものだとも研究で発見されているのも事実です。

 

自身がバレエダンサーとしてトレーニングを続け、海外に留学経験を持つ上、そして10年以上プロを育てているバレエ学校の専属セラピスト兼講師として日々ダンサーと向き合っている佐藤愛が、最新の研究やプロバレエ団の医学情報をお話するプログラムです。

 

 

ダンサーを治療しているんだけれど、言葉が通じない・・・

トレーニングしてるけど、実際にどれくらい鍛えると十分なの?

という現役治療家・トレーナーさんはもちろんダンサーを治療したい、トレーニングしたい、と思っている学生さんや、将来このエリアの仕事につきたいな、と思っている人達でも受講可能です。

バレエ団、舞台裏での応急処置、そして若いダンサーを育てていく環境で身に付けた、ダンサーを治療・リハビリする情報を一緒に勉強していきましょう!

 

DLS治療家・トレーナープログラム

多くのダンサー、そしてバレエ教師の皆さんからの「バレエを知っている治療家・トレーナーを紹介して!」という切望にお答えして、DLS治療家・トレーナープログラムを受講をされた皆さんをより探しやすくするためにシステムを整えました。

 

 

Pink 治療家・トレーナーセミナ―にて「バレエの世界へようこそ」とその年の特化コースを受講された方

 

Silver 治療家・トレーナーセミナ―にて「バレエの世界へようこそ」とその年の特化コース、そして教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2を受講された方

 

Gold 治療家・トレーナーセミナ―にて「バレエの世界へようこそ」とその年の特化コース、そして教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1、2&3を受講された方

 

セミナ―終了後、上のロゴをメールにてお送りいたします。こちらをHPもしくは印刷して治療院などにご利用下さい。

また、ご希望者のみDLSデータベースにお名前、ビジネス名、連絡先をアップさせていただきます。

(ゴールドの方はビジネスロゴの表示、そしてDLSから直接リンクもおつくりいたします)

このような形をとることで、ダンサーや教師の皆さんが治療家やトレーナーを選択しやすくなることをゴールにしています。

 

<「バレエの世界へようこそ」の説明>

このセミナ―ではバレエダンサーに求められるものを広く見ていきます。

年齢とトレーニングやダンスのレベルの量、海外バレエ学校の様子、プロになる道や日本独特の問題点をカバーした後、ダンサーによく見られるケガの種類とテクニックのつながり、リハビリについてを考えていきます。

10年以上バレエ学校で働いている経験より、ダンサーに使えるテーピング法やチェックしたい体の項目などもこちらで見ていきます。

DLSの治療家・トレーナーセミナーでは入門レベルとして扱い、このセミナ―を受講した方は特化コースへ進むことができます。

*一度「バレエの世界へようこそ」を受講された方はこのクラスを50%オフにてリピートしていただけます。ダンサーをより効率よくサポートするためのブラッシュアップセミナーとしてどうぞご利用下さい。

 

<特化コースとは>

「バレエの世界へようこそ」から深く掘り下げていくコースとなります。

毎年、取り扱われるコースが違いますが、一度「バレエの世界へようこそ」を受講されていたらどのコースでも受講できるようになります。

 

  • ダンサーの足 治療家・トレーナーVar.
  • 股関節障害とターンアウト
  • ダンサーの柔軟性
  • ヤングダンサーの成長とリハビリ
  • バレエスタンス&エクササイズ

 

特化コースでは、それぞれのテーマを深く研究していきます。

バレエダンサー特有の悩みとなるつま先、ターンアウト、そして柔軟性をテーマに上げた理由は、ダンサー、もしくは教師自体から多くの要望や質問がある部分、もしくは慢性的な障害が見られるエリアであると同時に、テクニックを改善するとほとんどのケースがよくなる(逆説的に見ると、バレエテクニックが分からないと、100%痛みをなくすことが難しい)エリアだから。

たとえその道のプロでなくても、治療・トレーナーという立場からよりよいアドバイスができるようになる事で多くのダンサーの信頼を得られるようにデザインしました。

 

また、日本特有の問題として、年齢の幼い子達が体に合わないレッスンを受けている場合があります。

スポーツ障害と同じように、年齢別に起こりやすいケガ、気を付けるべきエリアというものがバレエにも存在します。

確かに若くしてキャリアを積まなければいけないクラシックバレエですが、その流れと身体的、精神的な準備をさせてあげることでよりよくリハビリやトレーニングを考えるヒントにしてください。

 

*同名のコースをリピートする場合、50%オフでご参加いただけます。

 

 

<治療家・トレーナーのFBグループについて>

「バレエの世界へようこそ」に参加いただいた皆様が半永久的に参加できる秘密FBグループを作りました。

ここでは、セミナーで出来たコネクションを続ける場所として、難しいクライアントが来た場合のアドバイスを受け付ける場所としてお使いください。

自分のクライアントを送る専門家が見つかったり、お互いの強みを生かした総合サポートなどができるかもしれません!

みんなで協力してより多くのダンサーをサポートしていけるように願っています。

 

2017年スケジュール・受講料&会場

2017年9月23日・洗足のPiece of modern Dance studioにて

対象:ダンサーを診たいと思っている治療家・トレーナー、インストラクター
このような仕事を考えている学生
午前の部 (9:00-12:30)
バレエの世界へようこそ(クラシックバレエダンサーという特殊環境への理解、レッスン構成やよく見られる障害の説明)
3万円
*2016年に「治療家・トレーナーのバレエの世界へようこそ」を既に受講された方は半額(1万5千円)にてこのセミナ―に参加することができます。直接hello@dancerslifesupport.comにメールにてご連絡ください。
特化コース (13:00-16:00)
ダンサーの足(ジャンプ、トウシューズへの理解、ダンサー特有の下肢障害治療、リハビリの説明)
4万円

 

*特化コースは過去、もしくは今回「バレエの世界をようこそ」を受講された方のみ申し込みができます。
2016年に治療家・トレーナーのダンサーの足セミナ―を受講された方は半額(2万円)にてこのセミナ―に参加することが出来ます。直接hello@dancerslifesupport.comにメールにてご連絡ください。
 


 


  

申し込み方法についての詳細はこちら

今回一緒に購入できる特別アイテムはこちら

その他の9月セミナ―スケジュールはこちら

 

DLSセミナーを楽しみにしてくれている多くの皆さんに平等に受講チャンスをお渡しするために、DLSにはキャンセルポリシーがございます。お申込みをお考えの方はご一読ください。

講師紹介

愛

佐藤 愛

 

6歳よりバレエを始めThe Australian Conservatoire of Ballet卒業。怪我のためバレエを断念した経験からVictoria University にて本格的に解剖学、理学マッサージを学ぶ。

ピラティスや教育資格取得、ACBバレエシラバスを終了し、現在はACB専属セラピストの他、 政府認定コースであるCert.IV, Diploma, Advanced Diplomaコースの解剖学とフィットネスの講師を担当。

その合間を縫って豪州と日本各地でバレエダンサーや各種パフォーマーの治療や教育を行ってい る。

国際ダンス医科学学会(IADMS) Massage&Myotherapy Australia(AAMT)会員。

ダンサーの為の情報サイト、Dancer’s Life Support.Com創立者。初書籍「バレエの立ち方できてますか?」は先行予約の段階で千部を超える申し込みがあるという異例の人気を見せる。

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。