バレエ留学に必要は英語力ってどれくらい?愛さんに聞いてみよう!


バレエ留学に必要は英語力ってどれくらい?愛さんに聞いてみよう!

題名そのまま。

バレエ留学に必要な英語力ってどれくらいですか?って聞かれたので、面白いからピックアップしてみました笑

 

面白いって…ねぇ。

 

この質問にはいろいろな真理が含まれているのですよ。

だから掘り下げていこうかと思って。

 

 

数値でわかるのか?という疑問

前に「クラスで一番になるために」という記事で書いたものを少し引用しますね。

「数」の質問の裏に隠された秘密は、

「できるだけ短い時間で効果が出る回数が知りたい」

という気持ちがあると思うの。

 

エクササイズの数。

これもこの質問と似ていると思う。

どれくらいやったらいいのか?というのに答えるためには

  • 何のためにエクササイズをしているのか(リハビリと強化では目的も違うでしょ)
  • 怪我の歴史(弱い方はやっぱり多めにやらないと。)
  • 正確さ(集中した10回とテレビ見ながらの40回だったらどっちのほうが効果あると思う?)
  • ダンサーのレベル(初心者と毎日踊っているプロに必要なものは違うよね)

何ていろいろなことを計算に入れなければいけません。

 

さらに上のすべてを考慮に入れたとしても、同じダンサーの

  • そのあとクラスがあるからウォームアップにやっているエクササイズというのと
  • オフシーズンで体力を落とさないためにやっているエクササイズ

というのでは回数も変わってくるでしょう?

 

だから数ではわからないと思う。

ただし、数が大切でない!と言っているわけではないですよ。

今日は10回簡単にできた。明日は12回チャレンジしよう!というように目標を明確にすることは大切だから。

 

ただ、数「だけ」だとね、ってこと。

わかるかなー?

 

 

日本で勉強する英語

私ね、英語のクラスの点数、そんなによくなかったんですよ笑

今こそ、海外に10年以上住んでいるし、英語でクラスも教えている。

前に遊びで受けたTOEICでも勉強しなくて点数がよかったけれど、

中学、高校での英語は平均的。

 

理由は簡単。

私は会話が得意なのです。

 

日本の英語の授業では文法とか、読解とかやるけれど、

オーストラリアの子達は私よりも文法知らない子も多いのよね。お国柄。

うちの彼は生粋のオーストラリア人ですが、Aprilの次はなんだっけ?なんて普通に言うし、

toと tooでこんがらがってたりします。

残念ね。

 

だけれど、会話の時にそれは必要ないってことです。

 

会話=コミュニケーション力。

日本人でも会話をしていてつまらない人っているでしょう?

何を言っているのかよくわからない人とか(大学の教授とか!)

ぼそぼそ喋っていたり、自分のことしか喋らなかったり。

それじゃいくら素晴らしい英語を話していても聞いてくれないよ。

 

コミュニケーション力だから英語でも日本語でも一緒。

つまり日本語でも練習ができるということですね。

伝えやすいようにするにはどうすればいいのか?

ボディランゲージも含まれますから。(←特にインタビューの時はこれが大事ですよ。相手は英語が母国語でないことぐらい知ってますもの。その上でバレエ学校生活がしっかりとできるか?が見たいのだから)

 

 

ただし英語は必要です!

と言っていると、英語が必要ないように聞こえちゃいますが、英語は絶対に必要です。

テクニックと一緒で英語力があればあるほど有利です。

ただし、数字ではわからないし、文法だけ知っていれば大丈夫、でもない。

 

クラスで言われていることがわからなかったら、レッスンを受けている意味がないし、

海外で生活するためには、生活する中で必要な言葉(ものを買う、人に聞く、お願いをする)なんてことができるようになりたい。

英語でオーディションを受けるのであったら、英語でカバーレターを書いたり、

履歴書を書いたり、そしてインタビューに答えられるだけの語彙力は必要。

 

クラスによってはクラスメイトと話し合って振り付けを作る、とか

解剖学、栄養学なんて踊らないクラスもあります。

そしてそのクラスに落ちたら、踊りに集中なんて言ってられず、必死に勉強しなければいけないですね。

 

すっごい上手で、ずば抜けていたら、言葉がなくても大丈夫なダンサーを見たことはありますが、

生活していくときにホームシックにはなりますよね。

だって周りの人と会話できないんだもの。

 

今留学を考えている子達へのアドバイス

学校の英語では足りないと私は経験から思います。

英会話に通い、英語のラジオやテレビを見て耳からも慣れましょう。

学校で習わない、普通の言葉ってたくさんあります。

ポッドキャストもおすすめ。英語のポッドキャストは数もいろいろだから、自分の興味がある内容を選んで聞いてみたら?

 

バレエスタジオで使われやすい英語っていうのも存在します。

それは私のセミナーで時々英語になったりするときに聞けるかな笑

 

そして覚えておきたいことは、英語でも、常に上を目指していく必要があるということ。

体力も、テクニックも、英語力も。

あればあるほど、あなたの留学生活を助けてくれますよ!

 

その他のバレエ留学のホンネを知りたい人は、1月8日に行われるDLSカンフェレンスへどうぞ。

こちらではご紹介したようなバレエ留学の、誰にも聞けないようなことを話し合っていきます。

ゲストスピーカーさんの話や、ミニゲーム、愛さんに聞いてみよう!ライブもありますよ!

詳細はこちら

 

Happy Dancing!

ai


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。