DLSポッドキャスト epi 34  スーパーマンシンドロームと努力の方向性


podcast small

今日のピックアップは「スーパーマンシンドロームと努力の方向性について」

という記事です。

 

スーパーマンシンドローム、というのは

なんでも自分でやっちゃおう!というシンドローム、つまり症候群です。

 

よくあるのが、

ダンス教師=解剖学の先生、トレーナー、進路相談、母親役、ビジネスオーナー

のようなケース。

 

確かに

ダンス教師=ビジネスなんですが、

プロに頼む、プロのアシスタントを頼む、助言をもらうという事も出来ますよね?

 

 

なんでも自分で行おう!って中途半端になってしまうのではなくって、

どうやったら効率よく自分の努力の方向性を定められるか?

そんなことを考えました。

 

読みたい人はこちらから

 

聞きたい人はこちらから

 

Youtubeから聞きたい人はこちらから

 

次回のエピソード35では「次のステップに進むときに覚えておきたいこと」をお送りします!

 


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。