素敵に踊れるだけじゃない! 柔らかい体のメリット

[`yahoo_users` not found]

1413388_79639743

 

 

みなさんこんにちは。

今日の体の具合はいかがでしょうか?

,

,

,

,

前回は、体の柔らかさは常に変化している、というお話をしました。

年齢、性別によっても違いますし、体のコンディションによっても変化します。

 

,

,

これは特にダンス教師に必要な知識です。

テクニックや集中力の差は勿論ですが、体の可動域も教える子どもたちの年齢層によって変化します。

 ,

,

,

,

,

,

今日は体を柔らかく保つメリットについて考えてみようと思います。

,

,

今まで、

 ,

,

何が「体が柔らかい」ことなのか

,

,

どうすると体が柔らかくなるのか

 ,

,

といった内容を細かく見てきましたね。

,

,

,

今日はそこにどうして?を追加しようと思います。

 ,

,

,

,

,

,

,

高く上がる脚

よく伸びるつま先

ターンアウトされた脚

,

というものが、ダンサーにとって必要かどうかなど、皆さんもうご存知のとおりです。

,

,

,

ほぼ全てのレッスンでこれらの注意を聞きますし、

どこの国、カンパニーでもそのような点をチェックされることに間違いありません。

,

,

,

,

それだけでも柔軟性をキープするのがダンサーにとって当たり前に思えるのですが、

他にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 ,

,

,

,

 ,

怪我予防の面から見ても、体を柔らかくしておく事は大切です。

,

,

なぜなら柔らかい関節、筋肉は怪我しにくいからです。

,

 

猫ジャンプ!

猫ジャンプ!

わかりやすい例で言えば、猫のようにしなやかな体はジャンプの衝撃を吸収してくれますよね。

 ,

,

,

,

それだけでなく、関節が自由に動くので無駄な筋肉を使わなくても楽に体を動かすことが出来ますから、

他の部分にそのエネルギーを使うことが出来ます。

 ,

,

,

例を上げるとすれば、

テクニックを考えることが出来る。

,

バリエーションで無駄に疲れすぎない。

,

「体を動かすこと」ではなく、「踊ること」に集中できるので表現力がつく。

など。

 ,

,

,

,

 

,

クラスでつま先を伸ばすことが出来るのに、いざ振り付けを踊るとつま先まで力が入らない。

,

レッスンは簡単に出来るのにバリエーションになると疲れてしまう、表現しようと思うのにうまく行かない。

,

,

などの点が生徒に見える場合、関節の可動域が広がるだけで大きく違いが生まれます

 ,

,

,

,

,

,

もちろん、ここでお話している関節の可動域は自分でコントロールできる範囲の可動域であって、

関節自体は柔らかいのに弱くて使えていないケースではありません。

,

,

,

,

まえに少しだけ触れましたがこのトピックは強く、美しい踊りを生み出すのに非常に大事なので、

今後それだけで取り上げようと思っています。

 ,

,

,

,

,

固い関節を無理やり使って踊るということは、体に錘をつけて踊っているようなものです。

,

,

動きづらい、疲れてしまう、動きが重く見える、などは勿論のこと

レッスン中ずっとダンベルをもって踊っているようなものですから、筋肉が無駄に大きくなります

,

,

,

,

柔軟性の秘密パート2でお話したように、

無駄に成長した筋肉は関節の動きを止めてしまいますよね。

,

,

,

,

もちろん、頑張ってレッスンしているのに筋肉だけ太くなってしまう、悲しいケースが生まれるのもこのせいです。

 ,

,

今日のまとめ1167502_21216377

,

,

,

,

 

 

,

,

,

,

次回はストレッチについてお話したいところですが、

これ以上進む前に、関節と体の柔軟性のおさらいをしたほうがいいかもしれないですね。

たくさん勉強することがありますが、ゆっくり進んでいきましょう!

 

happy dancing!

1373885444176

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。