バーレッスンをトレーニングの一部として使う場合(新体操バレエ)

[`yahoo_users` not found]

バーレッスンをトレーニングの一部として使う場合(新体操バレエ)

ポワントまで履かない事が多くても、バレエレッスンは様々なジャンルの人達に「トレーニング法」として使われています。

新体操、フィギュアスケーターがバレエレッスンを行っているというのは周知の事実ですし、

実際種目のテクニックはバレエテクニックと非常に似ています。

 

その他にも、ミュージカルシアター系のダンサーはクラシックのテクニックを練習しますし、

宝塚でも試験内容にあるほど。

バーレッスンは格好の「トレーニング」になるんだ、というのは今さら私が書くようなことではありませんよね。

 

でもどうしてだか知ってます?

 

プリエから1番ポジションタンジュ、5番ポジションタンジュ、ジュッテ・・・

アダージオとグランバットマンで終わるバーレッスンはバレエを始めたばかりの大人バレリーナさんだろうが、

プロとしてずっと舞台に立っているダンサーも毎日同じように繰り返します。

 

バレエのトレーニングってエクササイズ上、すごく理にかなっているんですよ。

脚を上げる、という作業を考えてみても、

 

  • プリエで脚の重さを計算に入れないまま股関節の可動域をウォームアップし、
  • 1番タンジュで脚と体を別々に分けながら動かす練習をする。
  • 5番ポジションではその動きをより複雑にしていき、立っているスペースを少なくしていく。
  • ジュッテから少しずつ足の高さを上げ始め、強さ、スピードも練習。
  • ロンデジャンプでスタート、とフィニッシュといった2点の動きではなく、円形という新しい動きを導入、
  • その後はどんどんスピードやキープ力を加速させていく・・・

って感じに順序良く、安全に脚を上げる練習ができるようになっているのです。

 

よってバーレッスンが正しくできていると、どんな踊り、種目でも使える強い体と、

バレエ特有の優雅な動き、音楽性、そしてポーデブラやエポールマンといった表現力をつかさどる上半身も練習できちゃうわけです。

 

が。

正しいバーレッスンってバレエの先生でもあまり知られていなくって。

冬に行った教師のためのマスタークラスでも、1番ポジション→タンジュ→かかとをおろして2番ポジション

という動きで骨盤をどのように移動させるのが「正解」なのか?という質問に答えられる人がとっても少なかった・・・

まーそれは今日のトピックではないので飛ばしましょう。

 

レッスンを多種目の「トレーニング」として利用したい場合は、正しいレッスンの知識+スポーツの正しいテクニックの知識を融合させなければいけないから大変になるんですよね。

 

これはスポーツだけでなくバレエでも同じ事。

バーレッスンをウォームアップのために行っているのか(プロが舞台前に行うように)

トウシューズが履けるようになるための脚の強さを作っているのか(ポワントレッスン前)

それともバレエの動きを少しずつ、安全に知るために行っているのか(大人バレリーナ)

によって正しいレッスンの知識+αが変わってくるのです。

 

春の来日で行う新体操コーチのためのバレエトレーニングセミナーの場合、

正しいレッスンの知識+新体操で必要なこと+成長過程の体への理解

っていうのを考えなければいけなくなります。

バレエダンサーも若い年齢でプロになりますが、新体操選手は14,15でオリンピックに出場することもあるぐらい。

成長過程の体をできる限り安全に、だけれど過激な柔軟性の必要な種目をこなせるだけの体作りをバーレッスン、というトレーニング法でこなさなければいけません。

 

2014年に初めて新体操コーチの皆さんに呼ばれてセミナーを行ったとき、

彼らの知っているバーレッスンは「ザ・新体操バーレッスンセット」になっていてびっくりしました。

どうしてだろう?って聞いてみたら

バレエレッスンをバレエレッスンとして習ったことがなく、自分が教わってきた動きを行っている。

ということ。

 

ここの部分もバレエ教師と似ているところが多いですよね。

自分が指導されてきたから。こうやって注意されてきたから。こうやって教わってきたから。

このセリフはどこに行っても聞きます。国を問わず。

 

新体操はメソッドがなく、そして競技ルールも進化しているからバレエ教師よりも大変かもしれません。

種具の練習もしなければいけないし・・・

 

だからこそ、バーレッスンを効率的にできると

  • 柔軟性の練習
  • 筋力アップの練習
  • 持久力の練習
  • 種具を持ってもブレない軸、肩関節の練習

 

ができるほか、

  • リハビリ中のエクササイズも分かるし、
  • 苦手なステップを重点的に練習する機会

にもなるわけです。

 

前にどこかで書きましたが、先ほど上げた2014年のセミナーの後、一緒の電車に乗ったコーチの一人が

「正しいことを知らなくって何も教えてあげられなかった・・・」と涙目になって教えてくれたんです。

それ以来ずっと新体操コーチと一緒に働きたいと思っていました。

2015年の新体操コーチのセミナーの後のお食事会で「スポ魂を捨てて新しい世代に解剖学的アプローチを教えたいんだ!」という熱いコーチたちのお話を聞きました。

だから、私にとってはすごく想いのこもったセミナーです。

 

新体操以外の種目で、バーレッスンを指導している人も大歓迎。

バーレッスンとはどういうものたちで、

どうやって組み立てるのか?と何をみていくか?を考えていきます。

バレエ教師で、新体操選手を指導することがある人もどうぞ参加してください。

コーチの求めているものが分かれば、選手を指導する手助けになりますから!

 

申し込みは2月7日午前6時より、先着25名様をご案内します。

お会いできるのを楽しみにしています!

 

Happy Dancing!

ai

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。