Happy Dancing! DLS3年目のゴール

[`yahoo_users` not found]

Happy Dancing! DLS3年目のゴール

Happy Dancing!

この言葉はDLSフォロアーさんなら色々なところで目にしていると思います。

例えばブログやポッドキャストの終わり。

2014年にDLSを始めた時からこの言葉は使っていました。

 

これね、私の中で隠れたシンボル、というか、信条なんです。

 

 

私には踊ることが楽しくなかった時代があります。

レッスンで注意されること=できないこと。

できない自分にイライラしたり、他の人と比べ続けたり。

結局、オーディションやコンクールって他の人と自分を比べることなんだよね。

食べることが怖かったり、無理なダイエットには知っていた時期。

そして長期続いた怪我。

 

テクニックが上達しないで、同じ注意を聞き続けることは楽しいことではありません。

例えば、ターンアウトしなさい!

内モモを使いなさい!

言葉として理解できるし、どうして必要なのかなんとなくわかるけれど、

実際にどうやって直すのか?

どの時に、ターンアウトがなくなってしまうのか?

考える以外にできることはあるのか?(注意されたことを考えないダンサーはいません。できるかどうかは別として)

他に原因があって、ターンアウトが使えないのか?

など1つの言葉だって様々な方向から考えることができます。

 

考えることができるだけでなく、自分に必要なことを探し出すこともできる。

 

だから、楽しく踊るためには知識が必要だって気づきました。

 

 

怪我している時、楽しく踊れるわけがない!

痛みがある時、どうしていいのかわからない時。

いくらレッスンに参加できていても、一体いつ100%踊れるのかわからない不安。

これが楽しい踊りにつながるわけないんですよ。

 

怪我をした理由がわかれば、どうしていいのかわかる。

そして、いつまで休んだらいいか、今出来る事は何かも見えてくる。

怪我した部分を使わないでできるレッスンもたくさん!!

 

たとえ足に重心をかけて立つことができなくても、レッスンに参加できます。

アレグロまでできちゃいます。

トウシューズで踊れなくても、足を鍛える事はできるし、

足を高く上げることが痛くても、低くしたままレッスンを2週間ほどやったら、次のレッスンでは驚くように足が上がるようになっちゃうやり方もあります。

 

柔軟しなくても体は柔らかくなるし、レッスンを見ているだけでも上達する方法はあります。

そうしたら、楽しいじゃない!

色々チャレンジできちゃうじゃない!

そして何よりも泣いている暇がないってわかるじゃない!!

 

 

エクササイズがわかったら、より楽しく踊れる!

フロアエクササイズを始め、ボディコンディショニングのエクササイズ、トレーニングというのは

より楽しく踊る経験を増やしてくれるの。

 

できないテクニック。例えば回転とかね。

それをずっとやっていてもイライラするだけでしょ?

バランスが取れないから、ってずっと片足で立っているわけにもいかないし。

 

だから、サプリメントとしてエクササイズがあります。

レッスンに行く時間がない試験期間だって、子供の送り迎えがあるお母さんだって。

ちょこっと自分のために時間をとって努力する、という気持ちってとても大事。

そしてそれが自信につながる。

 

ここまでやったんだから、次はできる。

自分のために時間をとったんだから大丈夫。

メンタルの強さは踊りの強さです。

舞台は魔物。

いつもうまくいっていることがうまくいかないこともあるし、舞台装置やライトに問題があることも。

自分でできることをやっているというのは、そういうときの自信につながります。

 

 

 

楽しく踊る=自分でコントロールできる!

自信がある。

コントロールできる。

他の道を探すことができる・・・

これらって楽しく踊るためのエッセンスです。

 

ダイエットもそう。

メンタル面もそう。

正しいことを行う、というのは辛いことを繰り返す、ということではないのですよね。

自信が持てるチョイスをすることで、踊りの楽しさが倍増すると思うの。

 

楽しいこと=楽なことではないですよ。

なんでも与えられちゃうと、そのありがたみがわからなくなる、って言うでしょう?

踊っていられる環境、平和な生活ってとても大事です。

だけど、「努力した」という気持ちがあると楽しみも10倍になると思う。

できないことを研究することさえ、楽しいと思う。

研究した答えが正しくって、難しかったテクニックができるようになった日には嬉しくって泣けちゃうかも。

 

そして、自分に厳しく練習してきた結果、あなたの踊っている舞台を見て、感動して泣いてくれる観客や、

心を打たれてバレエを始めたちっちゃい子。

舞台の後に、話題に上がっている様子・・・心が踊りませんか??

 

昨日の自分よりも上達している自分と鏡越しに目が合ったら嬉しくなりませんか?

 

 

DLSにはたくさんのヒントが隠れている記事があります。

過去の記事たちはこちらから探せます

自分に必要な部分を読んでみてください。

 

より多くのダンサーのHappy Dancing!がサポートできるように、DLSはこれからも前進していきます!

共感してくれたら、ぜひDLSの記事をアンハッピーなダンサーに紹介してあげてください。

みんなで一緒にハッピーに踊っていきましょう。

 

Happy Dancing!

ai

 

 

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。