クラスで一番になるために。

[`yahoo_users` not found]


no1

エクササイズやフィットネスを教えているとこのような質問をよく聞きます。

 

「何回行えばいいですか?」

「どれだけ続ければ上達しますか?」

,「ストレッチはどれくらいしたらいいでしょうか?」

 

 

もちろん、気持ちはよく分かります。

,

,

エクササイズのプランを作るために何回おこなう、っていうゴールがあると便利ですし、

一日中ストレッチをしているほど暇でもありませんよね。

 

ただ、残念ながらこの答えは非常に難しい。

 

 

 

「体の柔らかさは常に変化している」でもお話したように、

ダンサーの仕事は体のいうことをよく聞くことです。

そうすると分かるのだけれど、体のコンディションって毎日一緒じゃない。

つまり、その日によって必要なエクササイズの種類、回数が変わってきます。

 

 

プロレベルで踊っている人たちはこの事を経験を通して知っているかと思います。

(知っていなかったらプロっていえないと思うしね!)

ですから、今日お話するグループは「生徒」だと思ってください。

 、

時々私は意地悪してこの質問にこうやって答えます。

「何回やれば十分だと思う?」

これに答えることの出来る生徒は多くありません。

 

 

 

「数」の質問の裏に隠された秘密は、

「できるだけ短い時間で効果が出る回数が知りたい」

という気持ちがあると思うの。

 

 

ここで「100回やればいいと思う」と答えてしまうと、

毎日100回やらなければいけないかもしれない。

 

もしかしたら10回だけで良かったのに、90回分は無駄になっちゃう。

でもここで10回と答えると、怠け者って思われてしまう?

そもそも、10回で出来ちゃうぐらい私って上手なのだろうか・・・

様々な考えが頭を飛び交います。

 

 

 

体の状態は、いつでも変わります。

どれだけ集中してエクササイズができるか、も日によります。

ですから、数で答えることは不可能です。

 

 

ただし、ここで現実チェック。

もしクラスで一番上手になりたいというゴールがあるとしますね。

 

そうしたら、現在トップの彼女が行っているよりも

2倍、3倍練習を行う必要があると思いませんか?

 

 

発表会で良い役をもらった彼女。

 

毎日レッスン始まるかなり前からエクササイズをし、

クラスが終わっても最後まで残って練習していることは周知の事実。

 

最近は皆が終わったあとに振り付けをやっているみたい・・・

 

という彼女よりも上手になりたいと思った場合、

残念ながら家で30分程度行うストレッチでは太刀打ち出来ません。

 

 

 

今度、上手な子をじっくりと観察してみましょう。

いくら体が恵まれていたって、皆より頑張っていることがほとんどです。

 

 

また、オーディションやコンクールで良い結果を残したいと思っている時も同じことが言えますね。

 

 

ここで、正しい知識があるとより成長のスピードが上がります

 

ガタガタの道を車で走るのと、スムーズに整備されている道を走る。

両方共目的地にたどり着くでしょうが、どっちのほうが効率が良いでしょうか?

 ,

,

,

,

,

日々勉強。

,

根気。

,

努力。

 ,

,

,

,

,

あまり格好のいい言葉ではないかもしれませんが、

10年間私が見てきたバレエ学校の生徒の中で、成功している子達に共通している言葉でもあります。

,

,life doesn't get easier

,

,

,

Happy dancing!

1373885444176

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。