大腿四頭筋について知っておきたい事。


 

大腿四頭筋について知っておきたい事。

 

皆さんお元気ですか?

最近のDancer’s Life Support.Comでは大腿骨、太ももの骨にスポットライトを当てています。

球関節であり、体の中で一番大きな骨であり、

ダンサーの大きな壁となる「ターンアウト」にも関係してくるこのエリア。

ちょっと複雑なのですが、ゆっくりと見ていくことにしましょう。

 

(音声で聞きたい人は一番下へ。ポッドキャスト・Youtubeで再生できます。)

 

今日は大腿骨の前方の筋肉グループを見てみましょう。

ヒントはダンサーからいつも敵対視されている可哀想なヤツ、あいつです。

 

 

それは

ドラムの音。。。。

。。。。

大腿四頭筋。

ジャジャーン!

 

私は大腿四頭筋とダンス界が仲良くなれる日を待ち望んでいます・・・

 

「太ももを使うと太くなるから極力使わない事」

「太ももの筋肉を使わずに脚の後ろ側の筋肉を使いなさい」

「大腿四頭筋はダンサーには必要ない」

 

涙が出てくるようなお話です。

嫌われて、嫌われて。

それでも毎日、ダンサーを支え続けている筋肉。

それが大腿四頭筋です。

 

大腿四頭筋の主な仕事は膝を伸ばすこと

股関節を曲げる事

 

両方とも、ダンサーにとって必要ではありませんか?

 

良く伸ばされたヒザ。

柔軟性の高い股関節…

 

これらが必要だ!と言っているくせに大腿四頭筋を使いたくない、なんて都合がよすぎます。

大腿四頭筋の必要性を言われてこなかった生徒によく見られるケガとして、

 

股関節の痛み。

ヒザの痛み。

下肢(ふくらはぎや足、そして脛の骨の辺り)の痛み。

 

が挙げられます。

そしてこれってダンサーに一番多く見られるケガの種類です。

ちなみに上で挙げた痛みをおこす原因として、無理なターンアウト、というのがあります。

このターンアウト、というのは大腿骨の外旋です。

大腿骨の動きの大切さが見えてきましたね。

 

話を元に戻しましょう。

今日の目的はケガの話ではなくて、大腿四頭筋とは何か?を知る事。

 

大腿四頭筋とは文字通り、4つの筋肉から出来ている筋肉グループです。

大腿直筋(だいたいちょっきん)

外側広筋(がいそくこうきん)

内側広筋(ないそくこうきん)

中間広筋(ちゅうかんこうきん)

という子達が大腿四頭筋グループに所属しています。

大腿直筋が一番表面にあり、外側広筋と内側広筋は同じところ、大腿骨の内側と外側にあります。

そして中間広筋が一番深部にある筋肉です。

20140310_112944

イラストを見て分かるように、大腿四頭筋とは骨盤から始まって太ももを通り、

膝のお皿を乗り越えて、すねの骨に付着している筋肉です。

 

大腿四頭筋について知っておきたい事:まとめ

大腿四頭筋は4つの筋肉で作られている。

大腿四頭筋は大腿骨の前方の筋肉である。

大腿四頭筋は膝の伸展、股関節の屈曲に関わる。

大腿四頭筋は股関節から膝関節までカバーしている。

 

チャンチャン!

次回はこの大腿四頭筋の反対側にあるハムストリングについて

見てみましょう!
今回の文章を音声で聞きたい人はこちらから


Youtubeにもありますよ!

 

 

p.s.

大腿四頭筋の一部である内側広筋についてスポットを当てた記事はこちら

もっと深く大腿四頭筋と膝の怪我についてみてみました。

 

Happy Dancing!

ai


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。