超初心者の為のダンス解剖学:柔軟性のおさらい!



おさらい2

 

今日のトピックは関節、そして「ダンサーにとっての体の柔らかさ」のまとめです。

まとめなので下記の記事をお読みになっていない方は、分かりづらいと思います。

ひとつひとつのトピックを丁寧に説明していますので、

ぜひ時間があるときにでも読んでみてください。

ダンサーの柔軟性

体よ、柔らかくなれ! 柔軟性の秘密 パート1

体よ柔らかくなれ!柔軟性の秘密 パート2

体よ柔らかくなれ!柔軟性の秘密 パート3

素敵に踊れるだけじゃない!柔らかい体のメリット

関節の可動域

体を柔らかくすること体を鍛えることはセットです!

1288525_19730062

、k

関節の動きを妨げているもののうち、3つは自分の努力で変えられるものです。

ダンスに向いたからだ、というものは作ることが出来ます。

体の柔らかさは常に変化しています

(年齢、性別、ダンスシーズン など)

それに合わせてレッスンをする、指導することでより良い体作りができます。

体のいう事を聞く

1167502_21216377

どうでしたか?

次回からのダンサーの為の解剖学ではアライメントを見ていきます。

骨の事、関節の事が分かった今、「アライメント」を知ることで

より踊りやすい、ケガのしにくい体作りを続けていきましょう!

また、エクササイズのカテゴリーでは「体の柔らかさ」をバトンタッチしてストレッチについてお話していきたいと思います。

お楽しみに!

Happy dancing!

1373885444176


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。