ストレッチポワントリボンについて

[`yahoo_users` not found]

DLSの人気セミナーの一つに「ダンサーの足インテンシブ」というものがあります。
これを狙っていて争奪戦で負けた人には悔しい名前のセミナーです笑

ま、いろいろな理由はあるんですが(1日で終わる、バレエ歴に関係なく参加できる、地方でも行った、など)
それ以外にもトウシューズで悩んでいるダンサーが多いって事もあるからだと思うんです。

 

 

トウシューズが原因でないことが多いポワントのお悩み

トウシューズの悩み、例えばしっかりと立てません、とか足に合うシューズが見つかりません、とか
痛くて立てない、甲がでない、ラインが…
などの悩みのほとんどはトウシューズレッスンの「前」段階で起こります

 

体の強さ、足、脚の強さ、レッスン内容(練習内容)などがうまくいっていないと、
やっぱりトウシューズでは立てません。
逆に、ベースとなる基礎がしっかりとしていれば、あとはポワントを履いて、その感覚に慣れるだけでいいはずなんですけどね。

 

足にあうシューズ、っていうのも自分のテクニックの問題だったりします。
シンデレラの靴が合う、のはガラスの靴が履きやすいからではなくって、
彼女の日頃の行いや心が良かったから、っていうお話でしょ?

トウパットやゴムにも役割が!

トウシューズ選びには目の色を変えるダンサーですが、中に入れるものにはあまり気を使わないんだよね。
というのをダンサーの足セミナーではたくさん時間をかけてお話しています。
足の構造を知ると、どこにパッドが必要か?というのが見えてくる。
つまり、パッドが入らない人だったりも存在するんですよねー

 

この部分はこの前記事にしたからそっちもみてね。

→たかが数ミリ!足指とトウシューズ

 

足首のサイズは踊っている時に変わります

もちろん、長時間のリハーサルでむくむ、というのもあるのですが、
そうじゃなくて、プリエの時とつま先を伸ばした時の足首のサイズは腱の場所が変わる(動く、張る、いろいろな言い方ができますが変わる)ので、

リボンも一緒に動くものがいいと私は思っています。

 

この部分ね、別に研究でなにかがわかっている!というわけではないのですが、
今までのダンサーの怪我の様子や、リボンを変えてみた後の踊りやすさとか、
そして自分自身が踊ってきた経験で思うのです。

ストレッチポワントリボン!?

ということでトピックのストレッチポワントリボン。
要はポワント用のリボンで全体がゴムのように少し伸びるもの。
これはどうですか?という事を聞かれるので今日書こうと思ったんです。

トピックに行く前に時間がかかったけどさ笑

簡単に言うと
「私は嫌い」
です。

最初にこのリボンの存在を聞いたのは日本。
日本が最初に作ったのか、オーストラリアに来るのが遅かったのか。
最近やっとオーストラリアでもこの手のリボンが買えるようになりまして、
私たち治療家の間で話になっています。

嫌いな理由1)リボンはルルベを助けるものである

細かい話はまたセミナーで行いますが(4時間もあるんだもん!)、

リボンは可愛いからついているのではありません。
リボンは便利だからついているのでもありません(早着替えの時のリボンったら!邪魔だよね)

 

私はルルベを助ける、つまりルルベに動くときに靴を一緒に動かしてくれるから、

オンポワントがしやすくなると考えています。
実際にゴムやリボンをつけずデミからルルベに上がると、コントロールがすごく難しいのを感じるはず。
だからリボンをつける位置って大事なのよ?

 

嫌いな理由2)かかとが抜けやすい

かかとが抜けることが悪いことではないんだけれど、
ダンサーはかかとが抜けるシューズを履いていると踊りづらいでしょ。
そして大体1サイズ小さいものを選ぶ。

これは間違いです。
かかとが常に抜けるシューズは足に合っていない、もしくはサイズが小さすぎです。

また、抜けちゃうかも、と足首に力を入れたり、指先に力を入れていると足の裏は使えないのです。
これは、多分ビーサンとかを履いていると分かると思う。
ビーサンを履いて走ろうとすると、足の指をぎゅっとしますよね?
これでは、正しい筋肉は育たないし、足首周りの怪我の原因になります

嫌いな理由3)値段笑

あのねーダンサーはお金ないのっ!
本気でダンサーを目指したら、1ヶ月に何足ポワントシューズが必要だと思う?
(セミプロレベルで踊っていたら、1足が3ヶ月もつなんて奇跡です)

そして、お金は自分の研究(セミナー)、勉強(クラス)、チャンス作り(オーディション)に使ってほしいわけさ。
普通のリボンで問題なかったら、高いものを敢えて買う必要は全くありません!!

 

→貧乏ダンサーの節約術

→ダンサーの投資 お金がない!時間がない!を見る

嫌いな理由4)経験不足

私の経験不足、ってことです。
今のところ、普通のリボンで怪我をした子はいる。
ゴム付きリボンに変えたことで良くなった。

となると、ストレッチリボンを使う時にメリットがなければ意味がないと思うのですよ。
今、困っているわけではないしさ。
多くの生徒が履いていて、この足の子には合う、とかこの踊りの癖にはぴったりだ、とかがわかれば別だけど。

今のところ、どの国に行っても、ダンサーはリボンをきつーく締めるのが好き。
おまじないなのかわからないけど。
なので、ストレッチリボンを使ったら、多分すごい勢いできつく締めると思うのですよ。
だって、締めても締めても伸びるんだもの。

でもそうしてしまうとプリエが深く使えなくなる。
=怪我に繋がる。

と考えると今の段階ではやっぱり嫌い。

ということで、これが私のストレッチリボンに関するQに対するAでした!
お役に立てたら嬉しいです。

追伸 ダンサーの足セミナー、9月に戻ってきます

しかもクラス数を増やしました。
ダンサーのほとんどが足首、足回りの怪我で悩んでいるので

より多くのダンサーとお会いできるのを楽しみにしています。

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • ストレッチポワントリボンについて”へのコメント

    • May 31, 2017 at 3:59 pm

      なるほど。ストレッチリボンなるものもあるんですね。ここスイスではまだお目にかかったことがありませんでした。参考になります。ありがとうございました。ちなみに今、世界中を賑わせている?この商品についてはどうお考えでしょうか?是非ご意見をお聞かせ下さい!リンク先をはっておきます。

      http://perfectfitpointe.com/contact

      Reply
      • June 1, 2017 at 11:03 am

        そうなんですよ。たぶん日本が出発地ではないか?と思っています。
        ちなみにジェル系のトウパットも日本でしか見たことがないし。
        商品開発に長けているのでしょうね。

        この商品、既に議論が出てますよ!ちなみに今のところは、テクニックを直すべきで、痛みが100%ない=上手である、ではないだろうという事。
        マメも巻き爪もテクニックやシューズのサイズが問題になることが多いので、そっちを見るべきでは?という意見が上がっています。
        私はまだ、対面した事がないので笑 そーなのか、と見守っている感じです。

        Reply
        • June 1, 2017 at 10:19 pm

          なるほど。まだ出たばかりと言ってもいいくらいですもんね。でも、なんかかなりセンセーショナルな感じで、レビューなんかを見ると、ヘェ〜!そんなに良いの?って、飛び付きたくなるんですが、うーむ…
          ただ、このレビュー、面白いことに、プロの方々は口を揃えて、長いリハーサルでも足が痛くならない、シューズが長くもつなんですが、バレエ生徒達は、みんな、アライメントが良くなって、テクニックが向上した!って書いてるんですよねー。当たり前といえば、当たり前なんですが、こういう商品は実はプロの方々の為にあるのではないかと思いました。バレエ生徒は軽々しくこういう商品に手を出して、自分で問題は何か?解決するにはどうしたら?というような考えて踊ることをしなくなってしまってはいけないなと。といいながら、娘はかなり興味津々で試してみたいと言っています。ただ、値段が高い上にアメリカからのオーダーしか今のところないとなると、娘の筆頭株主としては躊躇しているところです。

          Reply
    • May 31, 2017 at 4:39 pm

      初めまして。
      いつもブログを読んで、参考にしています。
      今回、ポワントのリボンについて書いてありましたが、質問があります。
      後半にリボンの紐をきつく結んでいる子が多いと書いてありましたが、本当に多くの子がきつく結んでいると思っています。
      私はあるときにきつく結ぶのは怪我に繋がると聞きそれから緩くして履いているのですが、緩くするメリットやどの程度緩くすればよいかなど聞きたいです。

      Reply
      • June 1, 2017 at 11:06 am

        コメントどうもありがとうございました。
        どれだけ緩く?というのはその人によりますし、過去のケガ、シューズのフィッティング自体の問題でもあります。
        (それをリボンでサポートするという形)なので、一概には言えませんが、
        その為に4時間かけてダンサーの足セミナ―というものを各地でやっているところです。
        なんだか答えになりませんが、本音です。

        Reply
    • July 3, 2017 at 3:27 pm

      あいさん、ずいぶんご無沙汰しております。以前、ヨガとデミポアントのebookを購入しました。iPhoneがうまく使いこなせず、PDFをどう取り込めばよいのかわからないままにしていたら、メールを全消去してしまい、ebookもなくなってしまいました。もう一度送っていただくことはできますか?
      購入したころは、ポアントを履き始めたばかりだったので、デミポアントシューズを作ることもできなかったのですが、今なら挑戦できそうです。
      ちなみに、私はストレッチリボンを使っています。普通のリボンだとどこを締めればよいのかわからず、足首がやたらと痛く、甲はゆるゆるでした。

      Reply
      • July 4, 2017 at 5:15 pm

        えりさん、こちらはブログのコメントとなっており、皆さんが観閲できるため、個人情報などはシェアできません。hello@dancerslifesupport.comよりご連絡差し上げますね。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。