図で見る脊柱側弯症とダンサー

[`yahoo_users` not found]

 

前回の側弯症のお話、いかがでしたか?

ちょっと難しかったですか?

脊柱側弯症、という言葉を聞いたことがない人もいたと思います。

今日は、もう少し簡単にわかるように、色々な図を見て脊柱側弯症を勉強していきましょう。

spine backview

上の図を見てください。

背骨の時に(ここ)勉強したように、背骨を横から見るとカーブがありますが、後ろから見た時には積み木のようにきれいに重なっています

側弯症では積み木が横に曲がっています。

また、脊柱がねじれている場合もあります。

ribs

胸椎の部分に影響が出ている場合、(こちらで勉強しましたね)

胸椎についている肋骨の形にも影響を及ぼす場合があります。

そうすると、肺の大きさや機能に影響を及ぼすことがあります。

 

立っているときに曲がって見えるのはこの写真でも見えるかと思います。

みーこスタンス

カーブと筋肉バランスのせいで、アラベスクの上がり方や骨盤の位置に違いが出てくるのが見えますでしょうか?

ミーコアラベスク

より強く踊るために、この骨盤と脚、そして腹筋のバランスを出来る限り同じにすること。

それが彼女と私の今行っている課題です。

 

私たち教師が一番気を付けなければいけないのは、側弯症でないのに側彎のように立っている、または体を使っているダンサーがいる事です。

また、軽度の側彎に気付かず、レッスンのたびに悪い癖をつけている子もいます。

pre scoliosis彼女はレントゲンで見た時の背骨の曲がりがあるわけではありませんが、

立ち方に問題があるのが見えるでしょうか?

左の図では左の鎖骨が落ち、左のウエストも落ちているのが見えるかと思います。

一見、側弯症の様ですね。

ですが、まっすぐに立って!というだけで彼女は右の写真のように立てます。

腕の長さに多少の差はあるものの、鎖骨の高さは一緒になり、ウエストもイーブンになりました。

これを見ると左右の筋肉の差があることがお分かりになると思います。

つまり教師としては、この部分を気を付けてレッスンの注意を与えなければいけません。

でないと、年齢の若い子の場合、この筋肉のバランスが側弯症へと繋がってしまいます。

生徒としては、自分の体の弱い部分を知る必要があります。

彼女の場合、体幹を強くするほか、右のウエストを強く使い、左半身をストレッチする必要があります。

また、腕の長さから見て分かるように、上腕骨を肩関節に納めておく筋肉を強くする必要があります。

ちょっと説明が難しくなってしまいましたね。

上で挙げた筋肉や体の癖はまた今度、しっかりと説明していきます。

この様な体のチェック、そしてエクササイズプランの作成や指導は、ダンサーの為のボディコンディショニングセミナーの個人Body Checkで行っています。

(個人Body Checkって何?という人はこちらをどうぞ)

スポットに限りがありますので興味のある人はお早めにご連絡ください。

 

Happy dancing!

ai

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。