整体師に聞いてみました! 体のプロへのインタビュー

[`yahoo_users` not found]

 

整体

ダンサーにとってケガはつきもの。

体を使う職業ですからある程度はしょうがないですね。

,

,

,

,

けれど出来る限りの事をして、怪我の「予防」「早期発見」そして「正しいリハビリ」をすることで、

踊れない時間を短くすることは可能です。

,

,

,

,

今日はダンサーの治療を多くしている(そしてご自身もダンサーの!)整体の荒木先生にお話を聞いてみました。

トリートメントは受けたいけれど、様々な種類があってどうしたらいいのか…という時に参考にしてくださいね。

 

,

,

,

,

自己紹介をお願いします。

荒木靖博です。

てあて整体院・てあて整体スクール院長・アレクサンダー教師(本年取得予定)、現代舞踊協会会員
整体師歴15年、ダンス歴30年(ジャズ、バレエ、コンテンポラリー)です。
,

,

,

,

整体とはどのようなトリートメントですか?
様々な療法があるので一言では言えませんが、骨格調整・筋肉の調整などを通して身体のバランスを取り全身を整えていくものです。


日本古来からある武術の活法の流れを汲むもの、カイロプラクティックなど海外から来た手技を日本で開業するために整体と名前をつけたものなど様々です。


てあて整体院で行っているのは、武術を源流にもつ手技とマッスルエナジー・テクニックと言う骨格調整を行う海外からの手技を併せたものです。


これらの手技を使って、全身のバランス調整を行います。
バランス調整とは、筋肉や骨格や軟部組織の状態を生理的な状態に戻すものと考えています。
 

,

,

,

,

どうしてダンス、バレエと整体を結び付けようと思ったのですか?


自分自身がダンス・バレエを長年経験しているので、ダンス・バレエの故障の多さを知っていたことや、

ダンス・バレエを知っている治療師が少なかったことなどからです。
,

,

,

,

様々なメソッドがバレエ、ダンスケガ専門と謳っています。その中でどうして整体がいいのでしょうか?


整体だけが良いとは思っていません。
それぞれのメソッドがそれぞれの特性として持っている方法論や原理が、バレエ・ダンスに活かせる部分があると思います。


同様に整体にもダンス・バレエに行かせる特徴があると思っています。
(筋肉・骨格・軟部組織を整え生理的状態を作ると言うような点。)

,

,

,

,

どのようなダンスのケガ・いたみを持っている人が整体を試してみるべきですか?


上に書いた通り、筋肉・骨格・軟部組織に問題がある人。
脱臼・打撲・捻挫・骨折など外傷性でなく、レッスンを続けて来た中で受けたダメージ(筋疲労・骨格のズレなど)を持つ人。などは良いと思います。

,

,

,

,
 
どのようなダンスのケガ・人は整体を避けるべきでしょうか?


脱臼・打撲・捻挫・骨折などの場合は、整体よりも整形外科などの受診を先にすべきです。
患部の固定など必要な場合はそちらを先にして、リハビリなどする時には整体が良いと思います。
 

,

,

,

,

てあて整体院でのトリートメントはどのような流れで行われますか?

てあて整体院では先ず患部の状態と身体全体の状態を見ます。
触診や望診など目と手で状態を確認します。
その後必要な施術を行います。


施術は全身の筋肉を緩め活性化(血流改善など)させることと、筋肉バランスを取ることや骨格のズレを調整します;筋肉のバランスを取るとは、左右の硬さや動きの調整のことなどです。
,

,

,

,

ダンサーに整体師として伝えたい事はありますか?


日本のダンサーには、レッスン前のウォーミングアップとレッスン後のクールダウンをもっと重要視してもらいたい。
軽視する傾向があるように思います。


また、食生活や日常生活での身体のケアも考えてもらいたい。
食生活はダイエットのことを考えすぎずバランス良く食事すること。
日常生活では睡眠時間の確保、湯船に浸かる、休日を必ず取るなどです。

同じことは趣味のダンサーにも言えます。
特に趣味のダンサーは身体のケアに疎いことが多く、

怪我をして当然のような生活のことも多くあります。
,

,

,

,

ダンス教師の皆さんに一言お願いします。


子供への指導は、成長に合わせたものにしてもらいたいと思います。
コンクールへの出場を焦るあまり、筋力やテクニックを伴わない子供にポアントを履かせるのは大きな疑問を感じます。


また、趣味のダンス・大人からのダンスが増えている現状から、大人への指導の際はテクニックだけでなく生徒さんの身体のケアについても言及していただきたい。


ストレッチについては偏ったストレッチが多いようです。
股関節開脚・股関節屈曲(前屈)ばかりで、体幹のストレッチがなされていない場合が多くあります。(特に大人)


ウォーミングアップとクールダウンの意味を知った上で指導をして頂きたいと思います


それと、スタジオにアイシングの設備を是非設置してもらいたいと思います。
(日本ではアイシング設備がないスタジオが殆どです。)
,

,

,

,

あら木さんの事、整体についてもっと知りたい!という人はどこに行けばいいでしょう?


いつもは東京の大泉学園でで整体院と整体スクールをやっています。
また、月に一度4日間だけ名古屋でも同様のことをやっています。
 
東京  : 練馬区東大泉 1-26-12-507 てあて整体院

http://homepage3.nifty.com/teate/dance3teate.html

名古屋 : 名古屋市東区葵 3-14-20 エルシドビル2階
 
http://homepage3.nifty.com/teate/teate7nagoya.htm

 

,

,

,

,

如何でしたか?

ダンサーとして体をケアすることは当たり前であるべきです。

時にはあら木先生のようにプロの手を借りる必要もあるかも。

ウエブサイトにはその他のダンス治療をされている方々の情報も載っています。

是非参考にしてくださいね。

 

,

,

,

,

Happy dancing!

ai

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。