肩関節:ポーデブラの発祥地 肩甲骨の動き1


 

肩関節3昨日の10秒おさらいで2013年の終わりに何をお話ししていたか思い出していただけたでしょうか?

,

,

今日はその続き、肩甲骨の動きを見てみましょう。

,

,

20131226_224154

from Anatomy of Movement revised edition

20131226_224132

from Anatomy of Movement revised edition

 

,

,

肩甲骨の形は覚えていますね。

,

,

肩甲骨は肋骨の裏側、上の方に乗っている骨です。

,

,

少し横から見ると、肋骨の緩やかなカーブに合わせた形をしているのが分かるでしょうか?

,

,

そしてこの肩甲骨、たっぷり動きます

なんせ肋骨の上に乗っかっているだけですから。

,

,

,

,

そしてそれをサポートするためにたくさんの筋肉がついています。

それらの筋肉は

1)腕を動かす

,

2)背中を動かす

,

3)肋骨を動かす=呼吸に携わる

,

ことが出来ます。

ですから、呼吸の話をした後に、肩関節のお話しに来たわけです。

 

,

,

,

,

筋肉の勉強を始める前にでもお話ししましたが、バレエのステップ全てに名前がついているように、

解剖学には解剖学用語があります。

,

,

そしてこの肩甲骨の動きを指す言葉が残念ながら存在しますが、ダンサーが知っておく必要はありません。

,

,

知っておいてほしいのは、肩甲骨の動きであり、名前ではないですからね。

でも今日は説明の過程で解剖学用語を使っていきます。

でも覚えておかなくていいですよ!

 

,

,

,

,

 

from Anatomy of Movement revised edition

from Anatomy of Movement revised edition

一つ目の動き、それは拳上(きょじょう)です。

肩甲骨が上に動きます。

,

,

肩を上げる、という動作はここから生まれています。

,

,

肩関節は3つの骨でできている、というお話をしましたね。

鎖骨、上腕骨、そして肩甲骨です。

これは関節ですから、一つ動くと全部動きます

,

,

ためしに肩を上げてみましょう。

鎖骨も腕の骨も一緒に上がったのが分かるでしょう?

 

,

,

,

,

 

from Anatomy of Movement revised edition

from Anatomy of Movement revised edition

次は下制(かせい)下に下げる動きです。

,

,

拳上ほど動きの幅は大きくありませんが、

肩を下げると鎖骨も腕の骨も少し下がるのが分かりますね。

,

,

,

,

「肩を下げなさい」という注意はスタジオでよく聞きますが、

その場合肩をニュートラルの場所、つまり普通の場所に戻すことを指すのであって、

下制するわけではありません。

,

,

肩を押しつぶしてブラバー、1番ポジションを作っている生徒を見たことがありますが、

これでは腕は自由に動けません。

,

,

肩甲骨はポーデブラの時に自由に動かなければいけないのです。

,

,

何故?

,

,

だって、3つの骨は関節となって繋がっているから

,

,

つまり、1つの骨を抑え込んだまま、あと2つを動かそうなんてことは出来ないのです。

,

,

肋骨の2本目を動かさないまま、7番目を動かそうなんて無理でしょう?

つまり肩甲骨を下したまま腕をポーデブラすること=上腕骨を動かすことは不可能です。

 

,

,

上で述べた肩が「ニュートラル」の状態、というのを簡単に説明すると、

,

1)鎖骨が地面と水平になっている

,

2)上腕骨が外を向いている(肩が前に落ちたり、後ろに引けたりしていない)

,

3)肩甲骨が静かに肋骨の上に乗っている(肩甲骨の下の部分が胸椎7-8番辺りにくる)

,

,

となります。

,

,

骨盤の話をした時のタックちゃんダックちゃんを考えてもらえると分かりやすいでしょうか?

タックとダックの狭間が骨盤の正しいプレースメントでしたよね。

,

,

肩関節も同じような物。

,

,

拳上と下制、つまり肩を上げた状態と、下げた状態の間がニュートラル、となります。

,

,

このニュートラルと肩の動きはもう少し詳しくお話しする必要がありますが、

次回は肩甲骨の他の動きを見てみましょう。

,

,

肩甲骨は上がったり、下がったりするだけじゃないんです!

 

,

,

Happy dancing!

ai

 

 

 


  • 先行予約受付中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。