エクササイズバンドを使った肩回し


エクササイズバンドを使った肩回し

今日も肩関節のエクササイズをご紹介します。

スワンアームを作るエクササイズでご紹介した動きが簡単になってきた人の為のエクササイズです。

 

肩関節の動きを重視したエクササイズなのですが、

腕を5番ポジションにした時に軸がずれてしまう、とか肋骨が開いてしまう、

つまり胴体と腕の動きをしっかりと分けることのできない人向けのエクササイズですから、試してみてくださいね。

 

大人バレエの人にも素晴らしく効果的です。

姿勢が悪い、パソコンの前で長時間座るような仕事をしている人は、

このエクササイズをウォームアップの後に取り組むと肩こりが楽になりますよ。

 

(肩こりは肩関節あたりの筋肉の血流が滞ることから痛みが発生します。

このように肩関節を動かすエクササイズはとても効果的ですよ!)

 

100_1818

1, まっすぐに立ってエクササイズバンドを骨盤よりも少し広いところで持ちます

(初心者の方、体が十分温まっていない時は、もう少し広めに持ってください)

 

2, 背骨を感じながら腕を持ち上げます

ひじを突っ張らせないように気を付けてください。

肋骨のプレースメントにも気を付けて!

 

3, 腕をゆっくりと後ろに持ってきます

この時になめらかな動きを意識しましょう。

力任せに腕を押し込んだり、動きだけをまねしてはいけません!

 

横から見た図。肋骨が下向きに収まっているのが見えます。一番右がアライメントの崩れている間違った例

横から見た図。肋骨が下向きに収まっているのが見えます。一番右がアライメントの崩れている間違った例

胴体を動かさず、肋骨を静かにさせておいてください。

体のアライメントが崩れないように気を付けてください!

 、

 

追伸

ダンサーが知っておきたい肩関節のエリアの解剖学的なお話はこちらから。

肋骨の話はこちらから。

 

エクササイズバンドをはじめ、私、佐藤愛が愛用しているアイテムについての説明

こちらの記事を参考にしてくださいね。

Happy Dancing!

1373885444176

 


2 thoughts on “エクササイズバンドを使った肩回し

  • October 11, 2015 at 3:00 pm
    Permalink

    大人からバレエをやっています。
    最近病気で入院し、退院後も
    体調が戻らなく寝たきりが3週間程続き、その後バレエを再開しましたが、しばらくしてからの膝の痛みや強張りに悩まされています。
    膝をかばう為か、膝以外も首、背中なども痛くなり、鬱々としています。
    痛みがある時のトレーニング方法など教えて下さい。
    どうぞよろしくお願いします。

    Reply
    • October 13, 2015 at 8:22 am
      Permalink

      ちょっと話がずれてしまうかもしれませんが、ダンサーのリハビリシリーズという中で踊るときの痛みをお話ししています。
      シリーズの最初は
      http://www.dancerslifesupport.com/rehab/
      です。痛みというものとは何か?踊っているときの痛みなどをお話ししているので参考になったら嬉しいです。
      michiさんの場合、トレーナーに見てもらうことが一番大事だと思います。病院で紹介している場合もあるので聞いてみてください。

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *