スーパーマンシンドロームと努力の方向性について


スーパーマンシンドローム

,

,

これはたくさんのダンサー、そしてダンサーを経験してダンス教師になった方々にある問題です。

問題、と言ったら失礼かしら?

よく見られる傾向です。ということです。

 

(音声で聞きたい人は一番下へ。ポッドキャスト・Youtubeで再生できます。)

,

,

,

,

私たちダンサーは努力の大切さをいやというほど知っています

与えられた体が100%ダンサーに向いているわけではないでしょう?

,

,

脚が短い

ターンアウトが出来ない

体が固い

甲が出ない

ぽっちゃりしている。

 

,

,

挙げたらきりがないけれど、それを克服するために毎日努力するのです。

,

,

,

,

私は常に「努力できる」という事自体が才能である、と思っています。

,

,

ピルエットがたくさん回れることが才能ではない。

ジャンプが高く飛べる事が才能ではない。

,

,

毎日レッスン場で自分の出来る最大の事をコツコツと積み重ねられること。

努力を努力と思わずに「当たり前のステップ」と考えられる人。

,

,

それが才能のあるダンサーだと思っています。

 

,

,

,

,

問題は、この努力の方向性

,

,

例えば、ダンサーである為にはある程度正しい解剖学の知識が必要です。

ですが、全てを完璧に知っている必要はない。

,

,

スーパーマンシンドロームに罹ってしまうと、参考書に書いてある事全てを覚えなきゃ!!

1冊だけじゃ物足りない!この際だから5冊解剖学書を暗記!

,

,

そのせいでレッスンがおろそかになったり、強化エクササイズが出来なかったり、しっかり睡眠がとれなかったり。

なんてなってしまうのです。

見覚え有りますか?

 

,

,

,

,

もっと身近な例で言えば。

,

,

ジゼルのバリエーションでの片足ポアントホップが出来ないのは努力が足りないから。

何度も何度も繰り返せばいつか出来るようになる!

,

,

とか

,

,

つま先を伸ばしたときに足首の後ろ側がとっても痛い!

だけどつま先は伸ばさなきゃいけないから毎日ピアノの下につま先を突っ込んでストレッチ!

,

,

とかね。

 

,

,

,

,

努力は大切です。

でもどうせ努力するならば方向があなたのゴールに向かっていないと!

,

,

 

,

,

ダンス医療に詳しい信頼できるお医者さんや整体の先生、

バレエの動きを知っていて、体の癖を見抜いてくれるジャイロキネシスやピラティスの先生。

,

,

,

,

バレエの先生に対してもそう。

相談が出来るような信頼関係をつくるのも努力の一つです。

(全ての先生がオープンマインドだ、とは思いませんよ。

そんなこと言ったら逆に怒鳴られてしまう!なんて先生も存在することは知っています。)

,

,

,,

全てを知っている必要はないけれど、それぞれの分野で信用できる人と知りあうのも大事。

そしてケガをする前に、大きな決断を迫られる前に、相談できる人が周りにいる事は大切です。

,

,

,

,

このサイトで何度も言ってきていますが、ダンサーは孤独な職業

自分の踊り、教え、パフォーマンスを選ぶところから、コスチュームを選ぶところまで。

全て自分で行わなければいけません。

だからこそ、スーパーマンシンドロームに罹りやすいの。

,

,

自分はスーパーマンだからなんでも全て自分でできる!

人に頼るのがいや!

私は長年この方法で踊ってきましたから新しい情報は必要ないんです…

,

,

こういう意見をスーパーマンシンドロームと私は呼んでいます。

 

 

だけれど、それでは大切な部分、

例えば「心から踊るところ」

「夢であるバレエ学校に入学するための成長」

「心も体も美しいダンサーを育てるところ」を忘れてしまう事があります。

,

,

そして痛みだけが積み重なります。

そしてある日燃え尽きてしまうのです。

,

,

本当の踊りの楽しみはトウシューズでのホップだけではないでしょう?

覚えていますか?

振付はほぼスキップだけだったけれどキラキラしていた最初の発表会。

 

私の仕事はダンサーをサポートすることです。

だけれど、私だけがサポートできるとは思っていません。

,

,

私は筋肉と動きの分析、強化を得意としていますが、

世の中にはスポーツ心理学をプロとしている人、

靭帯と骨のプロ、

より効率よく踊れるための栄養学のプロ、

そして毎日のレッスンを見てくれる先生…このようなプロが存在していますよね。

 

 

どんなヒーローにもサイドキックがいます。

バットマンとロビン。

セーラームーンと仲間たち。

最近はやりのアベンジャーズだって、仲間と一緒に戦うからこそ世界を救えるのでしょう?

 

そのような人と出会う事、そのような職業があることを知る事。

 

クラシックバレエダンサーはコンテンポラリーが出来るのが当たり前の世の中。

新しいことを勉強することに恐れず「努力の方向性」を修正すること、見直すこと

 

それが21世紀のダンサーの努力ではないか?と私は思うのです。

 

 

 

今回の文章を音声で聞きたい人はこちらから


Youtubeにもありますよ!

 

Happy Dancing!

ai

 


2 thoughts on “スーパーマンシンドロームと努力の方向性について

  • April 14, 2014 at 10:48 pm
    Permalink

    今回の先生の文を読んで、本当にそうだなとおもいました。
    私は正直1年くらい前まで、自分がやっていることが全て正しくて、他の先生のいうことなどは間違っているなどと思い込んでしまっていました。でも、愛先生や留学のサポートをしてくださった先生方と出会って、新しいことを知ることの重要さを実感しました。
    次の投稿も楽しみにしてます!

    Reply
    • April 16, 2014 at 5:08 pm
      Permalink

      れいなちゃん、お帰りなさい!オーディションはどうでしたか?
      新しいことを知ることは少し怖いですよね。だからこそ日々成長していくには新しいことにチャレンジしていかないといけないんだと思います。一緒に成長していきましょう!

      Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *