2014年日本ツアー赤裸々日記 第二部

[`yahoo_users` not found]

 

photo3

***4月26日***

昨日の夜、東京駅前のビジネスホテルに宿泊(禁煙だってのに、煙草くさいこと!)し、

今日の朝早くに名古屋に向かいました。

行先は知る人ぞ知るBallet Next、福田晴美先生の元へ。

 

 ,

,

,

,

初名古屋。

初晴美先生との面会。

ドキドキです。

 

 ,

,

,

,

Ballet Next、BNは2005年に発足した、公演ごとのオーディションで選抜されたダンサーたちによるカンパニーです。

日本には数少ないこの形式、ヨーロッパでは数多くあります。

より多くのダンサーに舞台に立つチャンスを与えるだけでなく、見る方のお客さんも様々なダンサーを発見できるいい機会になります。

 

 ,

,

,

,

会ったこともない私に晴美先生は3日間セミナーを依頼してくださいました。

心の広い、というか無謀!?

信頼を返すべく頑張ります(私も胃も頑張りました…)

 

 ,

,

,

,

photo4今日は講義と実技を交えた5時間クラス(!)とダンサーの足クラス。

Facebookでお話したダンサーに実際に会う事が出来てうれしかったです。

そして大阪人だけあり(そう、大阪から来てくれたの!)突っ込まれました。

「愛さん、名古屋は関西ではないですよ」

・・・そーなんですか??

AIKAさん、教えてくれてありがとう。また一つ大人になりました。

 

 ,

,

,

,

***4月27日***

今日は昨日の復習(リキャップ)クラスとバーレッスン、フロアエクササイズの上級者編。

そして昨日と同じくダンサーの足クラス。

同じクラスなのに、そして昨日のクラスは20人を超えていたのにまだ受けたい人がいるなんて。

感激です。

photo5バーレッスンでは鬼の愛登場。

プレパレーションから音は止める、怒鳴る、大変な事になっていたことでしょう(他人事)

こういう事をするから後に駒込セミナーでの感想で某いぬぱんに「どSな人」と書かれることになるのでしょう。

 

 ,

,

,

,

自分の癖を知ることは大切です。

でも頭だけでは意味がない。

癖っていうのは気づかないから癖になっているのだから。

それを治すには素晴らしい集中力と、少しも譲らない気持ちが大切です。

正しい癖、つまりマッスルメモリーが付いたらこっちのもの。

その後は考えなくても体が正しい方向に働いてくれます。

 

 ,

,

,

,

このサイトでもご紹介させていただいたジャイロキネシスのかえさんも日帰りで駆けつけてくださいました!

一緒に朝マック。

本物見たら、本当にかわいいの。

 

 ,

,

,

,

次回は大阪で体を見てもらおう!と心に決めて、

そのくせダイエットはかえさんにみてもらう直前にしよう…なんてどこまでも甘い私です。

ダンサーには厳しく、自分に甘く。

その成果は皆さんにとっていただいたセミナー写真にもばっちり写っています。

むっちりしている私。

それこそ踊っている時は1kgの違いに一喜一憂していましたが、今は動ける体が資本だと分かるようになってきました。

一日休憩なしで10-13時間働く、その中で人を引っ張っていける、人を癒すエネルギーを出し続ける。

これが今の体作りです。

と言いつつも、日本でサイズがXLの時はさすがに凹みますが。

 

 ,

,

,

,

まだまだ素敵な出会いがたくさんありました!

個別ボディチェックで感激の涙をシェアできた大人バレリーナさん。

そう、いくつになっても体は変わるのです。

ケアした分だけついてきてくれる。

諦めないで。

この瞬間に、この仕事をしてきて良かった。

と心から思う。

その後メールで「あの感動は忘れないでしょう」とくださいました。

私も忘れません。

大切な記憶にさせてもらいます。

 

 ,

,

,

,

プロ相手に仕事をしている、と思われますが、私が仕事をしたい人は

「プロ思考の人」

職業なんて関係ない。

踊っている時にプロとして考えられる人と一緒に居たいのです。

 

 ,

,

,

,

劣等感上等。

それがあるから人は成長できるのでしょう?

そしてその情熱が観ている人の心を動かすのだと、私は信じています。

 

 ,

,

,

,

***4月28日***

名古屋最終日。

今日はクラスレッスンを見学し、その後懇談会兼Q&A。

長く居るので別れづらくなってしまいましたが。

 

 ,

,

,

,

レッスンを晴美先生と見学させていただきました。

素敵なんですって、晴美先生。

たくさんご存知なのにそれを気取らず、難しい言葉を使わず人に伝える事の出来る方。

そしてダンサーとの距離の取り方は神業だと思いました。

全てを与えても受け取る人の準備が出来ていないと意味がない。

「いらいらしちゃうから(レッスンは)見たくないの」

なんておっしゃられるけれど、素晴らしいクラスを指導されるのでしょう。

 

 ,

,

,

,

助けてあげられるのが分かると私たちは誰でも助けてあげたくなります。

けれど、いつも銀のサジで「与える」だけになってしまったら成長はしなくなってしまう。

そして「与えられる」事が普通になってしまい、自分の意志がなくなってしまう。

 

 ,

,

,

,

5番ポジションの意味。ルティレ、ターンアウト

恵まれている体、そうでない体。それをどうやって1つの舞台で使うか。

指導者の顔だけでなく、プロデューサーでの顔。

そして母の顔。

 

その絶妙なバランスを軽々こなす晴美先生に、私の活動を賛同していただいて大きな励みになりました。

 

 ,

,

,

,

 

個別ボディチェックでお話ししたダンサーたち、昨日、おとといクラスを受けてくださった方々の体の使い方が目で見て分かる程変わっていてビックリ、

そしてその柔軟さに感動。

昨日の夜車で語り過ぎて帰るのが11時を回ってからだったダンサーが

「6か月で革命を起こす」とレッスン後に言ってくれたので、また会えるのが本当に楽しみです。

カンパニーのブログに載せていただきました。

 

 ,

,

,

,

新幹線に飛び乗ったら(送ってくださったHさんどうもありがとうございました!)東京ではセミナースタッフと初顔合わせです。

 

 ,

,

,

,

休息を取るのは死んでから。

それまでは動き続けます。

(なんて言っていますが、メルボルンに帰ったら休もうと心に決めはじめたのが今ぐらい。)

 ,

,

,

,

第三部に続きます。

Happy Dancing!

ai

[`yahoo_users` not found]

  • 先行予約受付中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。