ダンサーの為のヨガムーブVol.5 らくだのポーズ

[`yahoo_users` not found]

ヨガムーブ5

こんにちは、ヨガインストラクターの齊藤彩夏です。

みなさん、衣替えはしましたか?

寒さも和らいで、空を見上げながら体を大きく反らせて伸びをしたい季節ですね。

 

そんなわけで、今日のテーマは『後屈』です。

 

バレエの後屈で代表的なのが『後ろへのカンブレ』。

苦手な人多いのではないでしょうか。

 

パキータのエトワールのヴァリエーション、眠れる森の美女、

三幕のグラン・パ・ド・ドゥの冒頭部のカンブレなんて惚れ惚れしちゃいますよね。

 

私もあんな風になりたい!

とバーレッスンのカンブレで思いっきり腰から反って痛めてしまった人、結構いるんじゃないでしょうか

(はい、わたし!!笑)

 

背中を反らせた動きは体を大きく、品よく美しく見せてくれます。

 

カンブレは『腰から反らずに胸から反る』

これはレッスンの注意でよく言われる言葉です。

 

ある程度レッスン経験のある方なら、この『胸から反る』を感覚としてつかめているかもしれません。

 

今日はその『胸から反る』をじっくり行い、体の感覚をつかみやすくしていきましょう。

また、体を反らせることは体の前面を大きく伸ばし、

内蔵や肺機能の活性化などの効果も期待出来るのです。姿勢の改善にもつながります。

腰を痛くしやすく、辛いと思われがちな後屈は、実は体にとても良いポーズなのです!

 

今週のポーズは

『らくだのポーズ』

(サンスクリット語でushutrasna(ウシュトラアーサナ))

 

主な効能は

★姿勢の改善

★バストアップ

★内臓の活性化

★背中、腰の柔軟性を高める

 

1,脚を腰幅に開いて、ひざ立ちになりましょう。

両手は指先を天井方向に向け、背中側に添えます。

おしりを手で床の方向に下げながらあしの付け根を前に押しだし、胸の真ん中を天井方向に向けていきます。

 vol5-1

※体を反らせようとせずに、胸を上に向けていくと、自然に体が反った形になっていきます。

体の前面は伸ばしながらも、腹筋に力をいれ、お腹を締めておく意識を持ちましょう。腰から反らなくなります!

 

2,そのままでも構いませんし、余裕がある人はイラストのように両手をかかとへ持って行きましょう。

(片手づつ、ゆっくり手を動かして下さい)

首の後ろを詰めないようにアゴを軽くひき、リラックスさせながら首を長く伸ばしておきましょう。

5呼吸を2回程度を目安にポーズを行ってみましょう。

 vol5-2vol5-3

 

日常生活で、体を反らせる事ってほとんど無いですよね。

そもそも背骨は後屈の動きと反対の緩やかなカーブを描いており、後屈は人類にとって決して簡単な動きではありません。

(だからこそダンサーの動きが幻想的に感じるのかもしれませんね)

さらにバレエでは後屈の動きに手足の動きや首の向きが付き、音楽を聴きながら行わなくてはいけません。

 

,

ヨガではただ、体の前面の心地よい伸び、胸を開く感覚と呼吸に意識を向けてみましょう。

心地よく感じなければ、最初は回数やキープ時間を短くしてトライすれば大丈夫。

徐々にポーズを心地よく感じられるようになってきたなら体の背面の柔軟性がついてきた証拠です!

 

後ろへのカンブレも、楽になってきているはずだし、背中の動きも優雅になってきていることでしょう。

体の動きに丁寧に意識を向ける時間をつくってあげること、バレエ上達への近道かもしれません。

 

それでは次回は「ダンサーの為のヨガムーブ Vol.6 木のポーズ」をみていきましょう!

斎藤彩夏のオフィシャルブログはこちらから!

 

もっとヨガをレッスンに取り込みたい!っていう人のために

ダンサーの為のヨガブック電子ブックができました。

こちらからチェックしてみてくださいね。

,

,,

[`yahoo_users` not found]

  • 先行予約受付中!

  • ダンサーの為のヨガムーブVol.5 らくだのポーズ”へのコメント

    • January 4, 2015 at 1:58 pm

      あいさん、いつもメルマガを参考にさせていただたいてます
      ありがとうございます

      私の事で一つ質問させてください
      産後の体の変化で、背中が硬くなったのも事実ですが、最近背中だけのせいではないと気づきました

      アラベスクが上がらなくなったのですが、45度以上上げだすと、骨盤が上げている足の方に開いてきて、アラセゴンなのかアラベスクなのかの中途半端なことになり、アチチュードだと正に犬のおしっこです

      これは股関節もかたくなったのだと思いますが、こういう時の効果的なエクササイズを教えていただきたいです

      どうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m

      Reply
      • January 14, 2015 at 1:02 pm

        ななさん、こんにちは!質問ありがとうございました。
        まず最初に、産後というのは体に一番変化が出る時期です。例えば、帝王切開、自然出産、母乳の時期や産後どれ位か?ということ全てが骨盤、そしてホルモンに影響します。
        よって体の感覚が変わります。ですので、このエクササイズ!というお話は出来ないのですが、全体的に体、筋肉が弱くなると、筋肉は硬くなり易くなります。
        それはどんな年齢でも同じことです。
        ですのでそれを考えて、エクササイズ、ストレッチ、と言うよりは全身の筋トレから入るのが、文章で説明できる一番無難な、そしてケガのない方法だと思います。
        例えばDLSで出しているプランク攻略本など、全体を鍛えると、骨盤が安定するので、そこから動く脚、股関節もより自由に動かすことが出来るようになります。
        試してみてください!

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。