ダンサーの為のヨガムーブ vol.8 魚のポーズ


齋藤彩夏のダンサーのためのヨガムーブ

こんにちは、ヨガインストラクターの齊藤彩夏です。

いよいよ明日!『ダンサーの為のコンディショニングセミナー in東京』での

『ダンサーの為の心と体をほぐすヨガ』

9;00~9:45で開催いたします。

 

当日の飛び込み参加も大歓迎ですので、急に予定が開いてしまった・・・という方もお待ちしております!

 

そしてゴールデンウィーク!ですね。連休突入にワクワクしている方もいるかと思います。

逆に連休めざして、仕事やレッスンを頑張りすぎてしまった人もいるのではないでしょうか。

 

せっかくのお休みだというのに、なんだか怠い、疲れた・・・という方のために、

肩こり解消、そしてフェイスラインをスッキリ、肌を美しくしてくれる、お疲れ女子必見ポーズです!

 

今日のポーズは

『魚のポーズ』

(サンスクリット語で マツヤ・アーサナ matsyasana)

 

主な効能は・・・

 ★肩こり、猫背、姿勢の改善

★呼吸器系の働きを整える

★小顔効果

★快眠

★花粉

★生理痛の緩和

 

 

それでは、ポーズを行ってみましょう。

 

1.両足をそろえて仰向けに寝る。

両手をお尻の下にしまい込み、両腕を寄せて全て胴体の下に。

(上から見たときに、腕が見えず、体が魚みたいになるイメージです)

ダンサーの為のヨガムーブ 8

 

2.手と肘で床を押し、胸を開いてアゴを持ち上げる。

胸を天井に突き上げ、頭頂部(難しければ後頭部でも可)が床につくように。

 ダンサーの為のヨガムーブ 8

ゆっくり5呼吸したら、肘で床を押し、アゴを引いてゆっくりと後頭部、背中を床に下ろす。

体の下から手を解放してひと呼吸。

 

首の前面がぐぐっと引き延ばされる感覚を味わってみましょう。

 

首とアゴの脂肪を取り、フェイスラインをスッキリさせ、小顔効果が得られます。

同時に、アゴ下のリンパ節を刺激し、顔のむくみもスッキリ!

甲状腺の働きも高めてくれるので、ホルモンの分泌効果、美肌にも良いです。

 

さらには胸を開き、交感神経を刺激してくれるので、

頭をスッキリさせ、花粉症の鼻詰まりや怠さにも良いとされています。

 

また、仙骨にも刺激を与えてくれるので、生理痛などの婦人科系の疾患にも効果が期待出来ます。

 

様々な嬉しい効果のあるポーズですが、伸び、そして刺激が強いポーズ。

(クラスでも、初めてポーズを取る人はびっくりする人も多いです。)

 

ゆっくり動いてポーズから体を解放してあげたら、床に体を預けきって、必ずひと休みしましょう。

ポーズの余韻もまた心地よく、体の感覚に意識を向けることが出来ます。

 

これもヨガのポーズの良いところ。

ポーズの後の開放感が無意識に体と心をリラックスモードへ向けてくれます。

 

ヨガでは、何もしないで、ただ仰向けになるポーズを『屍のポーズ』(シャバアーサナ)といいます。

心の中も無の状態にする屍のポーズが、実はヨガで最も難しい、と言われています。

それくらい、私たちは心と体に意識を向け、頭の中をお休みさせる事が難しいのです。

特にバレエは、音を聞きながら体の複雑な動きを組み合わせ、さらには芸術としての表現も必要とします。

 

・・・書いていて、改めてバレエってすごいなと思いました。笑

なんて頭の中をフル回転させる事なのでしょう!

 

ゴールデンウィーク、お出かけの前に、

まずはいつもフル回転な心と体をほぐしてどうぞ有意義にお過ごしくださいね!

 

私はセミナー会場で皆さんをお待ちしております★

斎藤彩夏のオフィシャルブログはこちらから!

 

2014年のセミナーは終わってしまったけれど、

ダンサーの為のヨガブックはこちらでお買い上げいただけます

是非チェックしてみてくださいね。


  • 先行予約受付中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。