ダンサーの足 インテンシブ

 

  • 毎日つま先のストレッチをしているのに、つま先が伸びない、ポワントで上手く立てない、ジャンプのつま先がぶらぶら…
  • バレエショップに並ぶたくさんのポワントの中から、自分に合ったものを選ぶ方法が分からない
  • バレエシューズだったら出来るのに、トウシューズだとアテールでバランスをとるだけでも大変!

つま先に対するダンサーの悩みは尽きません。

 

プロの世界でもダンサーのケガのほとんどが下肢に集中している事から、ひざ下強化はとっても大事なんだろうけれど、でも何から始めたらいいのか分からないっていう人も多いのではないでしょうか?

(2004から2014年の10年間、プロバレエダンサーのケガを記録した研究によると、一番多いケガは足首、足先で全体の38%!)

 

DLSのダンサーの足インテンシブでは

  • 足の構造(骨&筋肉、アーチの仕事)
  • トウシューズの構造(幅、サイズ、リボンやゴムの位置)
  • ポワントで強く踊る強さがあるのか?を確認するエクササイズチェックリスト
  • ひざ下を強くするエクササイズ方法

を勉強することで、今の自分は何をしたらポワントで踊りやすくなるのか?を多方向から研究していきます。

このセミナーが向いている人
  • セラバンドでエクササイズをしたり、つま先のストレッチをしていても効果が出ないと悩んでいる中学生以上のダンサー
  • ポワントレッスン、ポワントでのパドドゥやリハーサルを指導している教師

ポワントを履かないジャンルのダンサー、男性ダンサーでも参加可能ですが、「ポワントの構造」というセクションがあることをご承知の上でお申し込みください

このセミナーが向かない人
  • 中学生未満のダンサー
  • セミナーの2日間両方ともリアルアイムで参加できない人
  • 11-12歳以下のダンサーにポワント指導をしている人

*DLSはIADMS(国際ダンス医科学会)で推奨されているエビデンスを基に、12歳以下のポワントは危険行為であると考えています。よって、幼い子にポワントを指導していることに疑問を持たない先生はこのセミナーに参加しないでください。

YAGPでも評価基準に含まれているため、医学的にも世界レベル指導者の中でも当たり前となっている知識のはずです。

 

レベルやセミナーの内容などについての疑問や心配事がある場合、セミナーお申し込み前に hello@dancerslifesupport.com にメールくださいね。

バレエ歴、年齢と共に学びたいこと(ゴール)や質問、不安なことなどを教えていただければ、このクラスが合っているかお返事します。

*質問にお答えする前にクラスが定員に達してしまう事があります。ご注意ください。

日時・受講料および定員

2021年 5月 4日(火・祝),5日(水・祝) 2日間 いずれも14:00-16:00

2日間参加できない方は参加を見合わせてください。

受講料: 25,000円(2日間の受講料です)
定員:  30名

 

  • 事前連絡、資料配布やテクニカルサポートは特設Facebookグループ内で行われます。
  • セミナーはZoomにて行われます。

特に2日目はエクササイズを行いますので、最低限エクササイズマット1枚分の動けるスペースがある場所でご参加ください。

こちらからお申込みいただけます

参加条件

  • 中学生以上のバレエダンサー
  • ポワントレッスンを指導している教師
  • 大人バレエトレーニーさん*

 

*大人バレエトレーニーさんで参加を考えている方はこちらに書いてある情報も役にたつと思います。

特に大人がポワントで踊るというのは、
記事の条件その1に書いてある「バレエを週に2回以上、5年以上行っている」がケガ予防の面でもテクニックの面でも非常に大事になってきます。

大人バレエトレーニーさんを除き、現役のダンサーであればケガの有無やバレエ歴は関係ありません。自分の壁を超えたい人のご参加をお待ちしております。

 

このセミナーは男性ダンサー、教師も参加できます。
トウシューズについての話は出てきますが、足の解剖学やエクササイズはポワントを履かない人でも有効です。

参加者の声

よくある質問

私パソコン関係苦手なんです。大丈夫?

Facebookのアカウントをゲットすることも分からなかったらやめておきましょう

オンラインセミナーですので、アカウントを作り、URLをクリックする、という事が出来ないと進みません。ただ、それ以上のパソコン知識は必要ありませんし、特設Facebookグループ内で説明資料を見る事も出来ます。

セミナー当日はZoomを使用しますが、事前にFacebookグループ内で資料配布が行われるため、Facebookのアカウントは必要になります。

その日に参加できません。後からでも見られますか?

オンラインセミナーですが、録画セミナーではありません。

当日リアルタイムでクラスが進み、途中で質問を受け付けますので、当日の参加が不可能であれば、申し込まないでください。

移動中に耳だけ参加したいですが、いいですか?

途中体を動かす時間がありますのでZoomで画面共有をしてもらいます。

よってこのセミナーの「耳だけ参加」はできません。

ネットの通信環境が不安です。

インターネット接続が不安定な場合、途中で声が聞こえにくくなったり、画⾯がフリーズしたりする可能性がございます。

ご自身の都合で通信が途切れてしまった場合、聞き逃した部分の質問にはお答えいたしかねます。

安⼼してご受講いただくためにも、安定したネット環境(Wi-Fi)の確保と、電波状況の良い場所からの接続をお願いいたします。

年齢以下なんですけどポワントは履いています。参加出来ますか?

できません!

DLSセミナーの参加年齢はエビデンスに基づき考えられています。体型や経験ではなく、生理的なものですのでご理解ください。

子どもは参加出来ないのですが、親の私が聞いてもいいですか?

ダメです。

何故かというと聞いた情報、というのとそれを伝える、指導する(例えそれが自分の子どもであっても)は全く違う次元の話になるからです。

トウシューズの履く時期や痛みなど、ご両親から質問がある場合はFacebookライブやインスタライブでお答えしていますので、そちらをご利用くださいね。

男性バレエ教師です。ポワントレッスンへの知識を増やしたいのですが、参加できますか?

もちろん!

パドドゥでもポワントでのリハーサル指導でも、基本的なシューズの構造やレッスン中の危険性などを知っておくのはとても大切です。

バレエダンサーではありません(もしくは、男性ダンサーです)が、強い足が欲しいので参加したいんです。

クラシックバレエダンサー向けに、トウシューズの合わせ方やリボンの意味などを説明する部分があることを理解した上で、足の構造や、足を強くするエクササイズを知りたい!という事であれば、もちろん参加可能です。

シューズは違えど、ダンサーにとって足が唯一の地面との接地点であることには変わりありませんものね。

バレエ歴4年の大人バレエトレーニーでもセミナーに参加できますか?

「大人バレエトレーニー」とDLSのサイトで検索すると、
大人バレエトレーニーさんへのラブレターという記事と、
バレエスタンス&ターンアウトWS大人バレエトレーニーさんガイドという記事があります。

まずは、そちらを見てください。

ガイドラインとして、大人バレエトレーニーさんが参加できるのは、
1)5年以上バレエをやっていること
2)週に2回以上バレエをやっていること
3)今ケガや病気をしていないこと
というのが前提になります。

【重要】お申込みの前に必ずお読みください

ストアからお申込みいただいた時点でDLSの

「特定商取引法に基づく表記」
「セミナー受講規約(キャンセルポリシーを含む)」
ご同意いただいたものとみなします。

お支払いやキャンセルに関するご案内や、未成年者のお申込みについて重要な内容が記載されておりますので、セミナーやアイテムのお申込み前にこちらのページを必ずご確認ください。

※2021年3月にキャンセルポリシーが改訂されました。必ずご確認くださいますようお願いいたします

お申込み方法

現在、2021年春のオンラインセミナーのお申込み受付中!

お申込みは、DLSストアのみのお取り扱いとなります。
銀行振込はございません。

こちらでストアの使い方を説明していますので、ご購入の前に確認しておくことをお勧めします。

講師紹介

佐藤 愛

6歳よりバレエを始め、カナダのRoyal Winnipeg Ballet サマースクールを経て、The Australian Conservatoire of Balletにてクリスティン・ウォルシュ、リカード・エラに師事。

Diploma of Danceを取得し、卒業後Victoria University にて本格的に解剖学、理学マッサージを学ぶ。National Pilates Trainingにてピラティスインストラクターとしての勉強も行い、オーストラリアバレエ団医学チームで研修を積んだ。

母校であるACBでは政府認定コースの一部として10年以上ダンス解剖学とフィットネスの講師を担当する傍ら、バレエ学校専属セラピストとして生徒の治療やリハビリに携わる。国際ダンス医科学学会(IADMS)会員。

ダンサーの為の情報サイト、Dancer’s Life Support.Com創立者。「バレエの立ち方できてますか?」「ターンアウトできてますか?」「プリエ使えてますか?」著者。2019年クララ7月号よりスタートした「解剖学で分かるバレエの体の使い方」1年連載を担当。

Facebookグループに参加リクエストを送る方法

  • 佐藤愛著シリーズ



  • ダンサーの足 インテンシブ”へのコメント

    • June 2, 2016 at 5:40 am

      愛さん、こんにちは。

      セミナー、すごく興味深い内容です。
      そこで質問です。

      うちは、高3の娘がバレエをやっていますが
      中学生になったころ、知り合いの
      整体師さんに、ふくらはぎを使いすぎてるね
      と言われたことから、体の使い方間違ってる?
      と疑問が。

      反り腰で、太ももが太くガチガチ、アンディオールが苦手
      普段から、膝がへんな感じで内側でひっついている。
      (ターンインしている)、うーん、バレエの体ではない…

      そこから整体に行ってみたけど、すぐ元に戻る。
      地方なので、バレエ専門がなく、
      この頃は、本当になんにもわからず手探りでした。

      ようやく2年前から地元でピラティス、ヤムナを受けれるようになり
      リリースと体幹の必要性を強く感じている現在。

      プランクも続けてますが、まだまだ筋肉の使い方が
      よくわからない状態です。

      ダンサーの足のセミナーの内容はお教室では教えてもらえないことばかり。

      特に、プロを目指しているわけでもない高校生ですが
      愛さんのセミナー受けることはできるのでしょうか?

      どうぞよろしくお願いします。

      Reply
      • June 2, 2016 at 1:23 pm

        かおりさん、ご連絡ありがとうございました。
        プロを目指しているわけでもない高校生、とありましたが、もし彼女がすごく勉強したい!と思っているのならばグループ2の方で参加が可能です。
        ですが、DLSセミナーにいらっしゃる皆さんは非常に勉強熱心な人達ばかり。なので本人と本当に受講したいのかを話し合ってみてください。
        彼女がこれから大人バレリーナさんとしてバレエに向きあっていきたいので受講を!となった場合、ぜひDLS内にある解剖学、そして足先の記事を読んで予習しておいてくださいね。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。