スタンス&ターンアウトWS 大人バレエトレーニーさんガイド

「バレエの立ち方できてますか?」「ターンアウトできてますか?」の2冊が先行予約だけでアマゾンベストセラーになれた大きな理由は、大人バレエトレーニーさん達(大人でバレエレッスンを受けている方々をDLSではトレーニー「トレーニングする人」と呼んでいます)が応援してくださったからです。

どうもありがとうございます。

 

だからこそ、ここでお時間を取ってご連絡したいことがあります。

DLSのバレエスタンスワークショップ、そしてターンアウトワークショップには大人バレエトレーニーさんでも参加していただくことができます。

ただし!!

ちょっと条件がございます。

 

  • バレエを週に2回以上、5年以上行っている
  • セミナー参加時点にケガ、病気がない
  • ターンアウトWSの前にスタンスWSに参加している

 

こちらの3点です。

 

読み進める前に覚えておいて下さい。

私にとって、条件をつけることは、ビジネス、金銭的な面、そして今後のDLSの人気などが落ちる事を十分理解しています。

それでも、皆さんに一番いいお金と時間の使い方をしてほしいから、敢えてこちらに書きます。

 

こんなページ、他のセミナーじゃ存在しないでしょう。

だって、ビジネスだと自殺行為だもん。

でも、第一回バレエスタンスWSを行ってみて学んだ事がたくさんあったので、こちらの条件をつけました。

 

バレエを週に2回以上、5年以上行っている

バレエはバレエをやらないと上達しません

特に、コーディネーションや振り付けを早く覚える力、アレグロをこなす体力などは、

レッスンの中で育てていく強さです。

 

こういったものがないままで、バレエスタンスWSを受講しても残念ながら大きな変化は見られません。

 

本の内容が役に立たない!とか

エクササイズをやってはダメ!

ではございませんよ?

 

それらは、バレエをやっていなくても大事な事が書いてありますから、

どんどん、お家でやって下さい。

文章で説明してあるところプラス動画サイトを使えば、動きも注意もすべて自分でできるはずです。

(そしてそれくらいの努力はしましょうよ!)

 

そちらを継続してもらいつつ、レッスンに通って下されば、絶対に体は強くなり、テクニックも上達します。

正直に言いますね。

その上達の幅と、ワークショップに参加して得る上達の幅は一緒だと思います。

 

大人でバレエを習うというのは、自分で働いたお金で、自分でやりくりした時間でやっていく、ということじゃないですか。

だからね、例えそれが私の(DLSの)ビジネスや収入にならなくても!皆さんに一番いいシチュエーションを考えるのが、トレーナーとしての私の仕事だと思います。

 

だからこそ、バレエを週に2回以上、5年以上行っていない方は

DLSのセミナ―に参加するお金と時間を、是非是非!!レッスンに使ってあげて下さい。

そっちのほうが早く上達しますから。

 

(そうかな・・・と思っちゃった人、それはスタジオを変えるサインかもしれませんよ

大人バレエトレーニーさんは特に、先生の質が大事になってきます。)

 

セミナー参加時点にケガ、病気がない

大人のケガ、というのはそんなに単純ではございません。

例え、バレエで捻挫しましたーって事だったとしても、

  • そっちの足が弱い?
  • 今までのケガは?
  • レッスンの内容は?
  • 筋力は???

など様々なエリアを見ていかなければいけなくなります。

 

それ自体は現役ダンサーでも同じなのですが、大人の場合、歴史を紐解くのに時間がかかるのと、

そのケガが慢性の場合、かばう癖、痛い部分を使わないための筋肉委縮など

カバーしなければいけない部分が増えていきます。

 

そういう人は、セミナーよりも一対一のトレーナーについた方が早く、そして確実に、安全に結果に繋がります。

 

同じく、病気の中には、そのせいで感覚や筋力がつきづらいという問題もあります。

残念ながら、そのような話をしはじめたら、グループクラスでは他に進めなくなっちゃうんです。

 

最初の点と同じように、本の内容が役に立たない、ではないですよ。

何度も言うけど、あの本を書いたとき、編集者と私とで一般大衆でも使えるものを、世界に送ろうというのがゴールでしたから、徹底して内容を吟味していますし、

エクササイズもどんな人でも始められるよう、難易度ダウンがあるわけです。

 

同じお金と時間を使うのならば、このカテゴリにいる方は個人セッションをお勧めします

私の、ではないです。

私は日本で個人セッションを(よっぽどの事がない限り、そしてプロダンサーで、治療家の推薦がない限り)受けておりません。

でも、DLSのセミナーを受講してくださっている治療家・トレーナーはこちらのページで調べることができるようになっています。

そちらから相談できる人を探してみてください。

 

ターンアウトWSの前にスタンスWSに参加している

上記の条件を満たしていても、スタンスWSに参加していない人は、ターンアウトWSには参加しないでください。

 

何故ならば、股関節のターンアウトを作りたかったら、

まず「立つ」という事が出来なければいけないから

そして、「立つ」という事がしっかりと出来ると、ターンアウトも勝手に上達するか。

 

なので本の順番通り、まず最初は立ち方をマスターしてもらいます。

確かに、ターンアウトの方がバレエっぽいじゃないですか。

でもね、この記事の中心となっている「時間とお金を無駄にしないで!」というメッセージに乗っとると、

立ち方ができずにターンアウトやっても無駄なのよ。

実際、ターンアウト出来てますか?のエクササイズには、難易度ダウンは立ち方ブックのエクササイズです、という部分もいくつかあります。

 

バレエには順番があります。

バー、センター、アレグロ、ポワント。

これはより効率よくダンサーを育てるために、何百年も前から使われているダンサー制作レシピです。

 

 

テクニック上達のヒントもそこに隠れていると私は思う。

 

実際にワークショップ後、大人バレエトレーニーさんから「参加してごめんなさい」といわれる事が何度かありました。

 

予習していない様子は本の状態で分かるのです。

あの形の本を開きながらエクササイズしたら、折り目はつくんですよ。

それがなく、予習資料に何も書いていない

そしてワークショップ後に気まずい思いをする…

せっかくの学びの場だったはずなのに、これはお互い悲しいじゃないですか!

やるんだったら本気でやりましょう。

 

もしここに書いていない事で質問、悩みがありましたら、私に直接質問できるFBライブをご利用ください。

今一番大事なのは何か?をライブにてお答えしていきます。

DLSのFBページはこちら。いいねと通知が届くように設定をして無料ライブを見逃さないようにしてください。

 

Happy Dancing!

  • <お知らせ>

    体の声を聞く練習と共に、弱点を克服し踊り続ける事、長く指導し続ける事が出来る体を育てるボディコンサークルは毎週日曜日にZoomにて行われています。

    スケジュールやトピックの詳細はこちら

  • <お知らせ>

    DLS教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2を受講された方々向けに、毎月ダンサーに見られやすいケガ予防とレッスンの作り方についてを勉強する「教師のための月一勉強会」があります。

    モジュール受講者は毎月のテーマとスケジュールをこちらからご確認くださいね。

  • 佐藤愛著シリーズ



  • Follow Us!

  • お知らせメールを受け取ろう!(無料)

    最新情報、メルマガ限定コンテンツ、セミナー早期申込などのお得情報が満載!
  • Categories