教師のためのバレエ解剖学講座 月一勉強会

バレエ解剖学を学ぶと、体の構造を知っていれば防げるケガや、安全に指導する方法が見えてきます。

でも、

  • すでにケガしている子がクラスにいる場合は、レッスンを続けて大丈夫?
  • 生徒が痛みを訴えてきたときに、どうやってその日のクラスに参加してもらったらいい?
  • お医者さんからOOだと言われました、と保護者に言われたけれどその意味がよく分からない…

なんて悩みの声を生徒思いの先生方からよく聞きます。

 

もしくは

  • 今現在スタジオにはケガしている子がいないけれど、ダンサーによくあるケガを勉強しておくことで、レッスン内でできる予防策を知っておきたい!
  • ケガから戻ってきた子へがまだやったらマズい動きや、発表会の振付で意識したい事を知っておきたい

という勉強熱心なバレエ教師用に「バレエ教師がレッスンを指導する」ための月一勉強会を作りました。

 

先生を信頼してスタジオに通ってくれる、将来の夢に溢れた生徒たちを、指導者の勉強不足で潰さないために。

保護者からケガについて相談されても「治療や診断はしませんが、今日のレッスンではこのように対処しますね」と自信をもって答えられるように。

コンスタントなインプットと具体的なアウトプット方法と、月に一度叱咤激励されるために!?

一緒に勉強していきましょう!

月一勉強会について

2021年5月より、毎月最終月曜日に行われる勉強熱心なバレエ教師のためのオンライン勉強会です。

各月のトピックの説明だけでなく、具体的にレッスンで気をつける動きや、アンシェヌマン&レッスンプランの変更方法、レッスンで役に立つキューイングなどをお話していくため、バレエダンサーをレッスンで指導するときに使える知識となります。

事前フォームにて頂いた疑問点や質問もクラス内容に反映されるため、参加者の現在の悩みを解決していく事ができます。

当日ライブで参加できない、勉強したいけれど時差がある…という方もクラス終了後、録画版を手に入れる事ができます

 

<こんな人に向いています>
  • バレエダンサーによくみられるケガや症状を理解し、より安全なレッスンを指導していきたい人
  • セミナーシーズンのように短期間に大きな出費があると不安だし、脳みそ崩壊寸前になるため、月一でのインプットの方がいいという人
  • バレエダンサーの目線からバレエで見られるスポーツ障害などを理解し、現場の声を参考にしたい治療家
<こんな人には向いていません>
  • 教師講座を受けた大人バレエトレーニー(絶対に参加ができないわけではありませんが、指導法やレッスンプランの話が多く出てくるため役に立たないかもしれません)
  • セミナーシーズンのように短期間に詰め込み勉強の方が、危機感があっていいと思う人(セミナーシーズンに月一勉強会のトピックは行われませんのでお気をつけて)
  • 具体的な治療法やエクササイズプラン(リハビリプラン)が欲しい人
  • オンラインで勉強するのが嫌いな人

ディスカッションルームについて

勉強会でカバーした内容を、1週間後に復習しつつ、実際にクラスに取り入れてみた時に発見した疑問や「こういう生徒がいるんです」というケーススタディを話し合う、

名前通り「ディスカッション(議論)」する小部屋です。

<ディスカッションルームの特典>
  • 少人数で復習、質問はもちろん、ケーススタディの話し合いや、レッスンへの取り入れ方、生徒への説明方法などを話し合う事が出来ます。
  • ディスカッションルームの1週間後に復習クイズシートが届きます
<こんな人に向いています>
  • 勉強してすぐに質問が出てくるタイプではないため、考えたり、レッスンに取り入れる時間が欲しい人
  • 講義だけでなく、会話やほかの人の質問、ケーススタディなどを聞いたり考えたりした方が頭に入る人
  • 勉強会当日はライブで参加できない為、録画版を自分で勉強した後に質問をしたい人
<こんな人には向いていません>
  • 月一勉強会のトピックに当てはまる生徒が多すぎて、受講したいクラスがたくさんあるため、金銭的に辛い人
  • 他の参加者の質問や会話を聞くことに興味がなく、自分の勉強だけにフォーカスしたい人
  • ディスカッションルームにライブで参加できない人(個人的な質問や会話があるため、当日参加者以外は録画版にアクセスできません)

参加条件

DLSの教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2をすでに受講している人

  • バレエ教師でなくても、モジュール1&2を受講した事がある方は受講できます
  • 講座をリピートしていなくても大丈夫です
  • 次回の教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2は春のセミナーシーズンに行われる予定です

2018年以降DLSのセミナーを受講した治療家(理学療法士・柔道整復師・鍼灸師など)

  • 教師のためのバレエ解剖学講座シリーズでなくても、DLSのセミナーやインハウス勉強会参加者であれば大丈夫です
  • バレエ教師用のセミナーになりますので、治療法やリハビリプランの具体的な話は勉強会ではできません。個別の質問に答えるディスカッションルームにてお願いします。

受講料・申し込み方法

勉強会: 1万円/クラス

  • 当日使われる資料が事前にメールで届きます
  • 勉強会当日の録画に2週間アクセスすることができます
  • 当日参加できない方も同料金で録画を手に入れることができます

 

ディスカッションルーム: 8千円/クラス

  • ディスカッションルーム「のみ」の参加はできません(ただし過去に同名の番外編を受講した方はディスカッションルームのみの購入が可能です)
  • 個人情報・質問が含まれるため、ディスカッションルームにライブで参加できない方は、録画版を手に入れることができません
  • ディスカッションルームは会話ができるよう定員20名となっています。

トピックとスケジュール

勉強会は毎月最終月曜日の 9:00-11:00AM(JPT)
ディスカッションルームは勉強会の翌週月曜日の 9:00-10:30AM(JPT)に行われます。

 

トピックの後ろの( )はディスカッションルームの日程となります。

第1回 5月31日成長痛6月7日

第2回 6月28日側弯症7月5日

第3回 7月26日O脚8月2日

第4回 8月30日疲労骨折9月6日

第5回 9月27日…種子骨障害(10月4日)

第6回 10月25日…捻挫・足首不安定症(11月1日)

第7回 11月29日…三角骨&後方インピンジメント(12月6日)

 

  • 第1回から第4回まではDLSストアにて申し込みが可能です。
  • ピンクの日程をクリックすると直接購入ページにジャンプします。
    第5回以降の申し込みは追ってお知らせいたします。
  • 各クラス2週間前に申し込みが終了しますのでお気をつけて。
  • ディスカッションルームは勉強会当日まで申し込みが可能ですが、定員に達した時点で締め切らせていただきますのでご注意ください。

 


2021年冬「教師が知っておきたい成長痛」参加者の声


2021年冬「教師が知っておきたい側弯症」参加者の声

よくある質問

モジュール1&2は受けていないけれど、ほかのDLSセミナーを受講しています。DLSではないところで解剖学を勉強しています。それでも参加できませんか?

参加者の知識や、出典元をそろえる事で、当日の流れや全体的な理解を深めるために、このようなルールがあります。

DLSとしてはせっかく勉強したいお客さんを追い返している事になるので、メリットはありませんが参加してくださる皆さんにとって有意義な時間にできるように考えた結果です。

ご理解ください。

移動中に耳だけ参加したいですが、いいですか?

当たり前ですが、集中力の観点でオススメはしません。ですが、月一勉強会は後日動画が手に入りますので、最終判断はご自身でどうぞ。

通信環境がよく、セミナー中2時間しっかり集中できる時間を確保できるならば問題ありませんが、そうでない場合は、移動中の受講はお勧めしません。

ネットの通信環境が不安です。

ネットに確実につながる場所からのご参加をお願いします。室内でも、場所によって電波の入りやすい・入りにくいがあるので、事前にご確認くださいね。

ご自身の都合で通信が途切れてしまった場合、聞き逃した部分の質問にはお答えできない可能性がありますのでご注意ください。

好きなトピックの日だけを選んでもいいんですか?

もちろん!第1回から連続受講の必要はありません。

知識を増やしたい勉強会、スケジュールが合う日程だけを選んでくださって問題ありません。

今ケガをしています。該当するトピックに参加すれば、必要な対処方法等を教えていただけますか?

このクラスでは生徒がケガをしている場合、レッスン内でどのように対応するか、そしてケガを予防するためにどのようなレッスンプランがいいか?をお話していきます。

個人的なケガの質問や対処法にお応えする時間ではありませんので、ご自身を治療してくださっている方に相談してください。

指導法やレッスンプランの話が出てくると記載がありますが、レッスンプランの立て方セミナーを事前に受講した方がいいですか?

DLSの「教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2」を受けている人であれば、「レッスンプランの立て方セミナーを」事前に受講していなくても大丈夫です。

でも、今までレッスンプランを作ってこなかった人や作り方が分からない人は、先に受けておくと便利ではあります。

すべての回に参加したいです。まとめて一度に申し込むことはできますか?

もちろんです。

まずは、hello@dancereslifesupport.comにメールでご連絡ください。

【重要】お申込みの前に必ずお読みください

ストアからお申込みいただいた時点でDLSの

「特定商取引法に基づく表記」
「セミナー受講規約(キャンセルポリシーを含む)」

ご同意いただいたものとみなします。

お支払いやキャンセルに関するご案内や、未成年者のお申込みについて重要な内容が記載されておりますので、セミナーやアイテムのお申込み前にこちらのページを必ずご確認ください。

お申込み方法

ただいまDLSストアぺージにてお申込み受付中です!

携帯キャリアのアドレスからのお申込みについて、添付資料(PDF、ZIPファイル)やURLつきのご案内が届かないケースが増えております。
DLSからの添付資料やURLを含むメールを確実にお受け取りいただくため、携帯キャリアのアドレスのご利用はお控えください。ご協力をよろしくお願いいたします。

 

こちらでストアの使い方をゆっくりと説明していますので、ご購入の前に確認しておくことをお勧めします。

講師紹介

愛佐藤 愛

6歳よりバレエを始め、カナダのRoyal Winnipeg Ballet サマースクールを経て、The Australian Conservatoire of Balletにてクリスティン・ウォルシュ、リカード・エラに師事。

Diploma of Danceを取得し、卒業後Victoria University にて本格的に解剖学、理学マッサージを学ぶ。National Pilates Trainingにてピラティスインストラクターとしての勉強も行い、オーストラリアバレエ団医学チームで研修を積んだ。

母校であるACBでは政府認定コースの一部として10年以上ダンス解剖学とフィットネスの講師を担当する傍ら、バレエ学校専属セラピストとして生徒の治療やリハビリに携わる。国際ダンス医科学学会(IADMS)会員。

ダンサーの為の情報サイト、Dancer’s Life Support.Com創立者。「バレエの立ち方できてますか?」「ターンアウトできてますか?」「プリエ使えてますか?」著者。2019年クララ7月号よりスタートした「解剖学で分かるバレエの体の使い方」1年連載を担当。

  • 佐藤愛著シリーズ



  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。