教師のためのバレエ解剖学講座 マスタークラス 9月


マスタークラス

毎回「教師のためのバレエ解剖学講座」が開講するたびに、DLSファミリーが増える気がします。

将来のダンサーのために、そして自分のために。

忙しい時間を縫って勉強してくださるDLS教師講座受講性のための復習クラス、マスタークラスたちは、

この9月にも行われます。

 

マスタークラスは「教師のためのバレエ解剖学講座」を受講した事のある方のみをご招待しています。

この講座に興味がある人はこちらのページをご覧ください。

マスタークラスについて書いた記事たちはこちら

 

次回の講座開講は2017年1月を予定しております。

その前にオンラインコースを勉強したい方はこちらからチェックしてください。

 

スケジュール・クラス内容

*会場は東京のPiece of modern Dance studioになります。

 

モジュール1 マスタークラス 「背骨とバレエテクニック」

9月17日 5:00-7:00

モジュール1マスタークラスでは過去に「骨盤」と「腹筋」にフォーカスを絞ってきました。

今回のフォーカスは背骨です。

引き上げて踊るために必要なエリアですし、ケガをしやすい部分でもあります。

バレエのテクニック、例えば脚を高く上げるとか、アレグロとか。でどのように背骨を考えていけばいいのかを勉強していきましょう。

 

モジュール2 マスタークラス「うちモモを使って踊る!?」

9月18日5:00-7:00

うちモモ。

この摩訶不思議なものを勉強していくのが今回のモジュール2、マスタークラスです。

うちモモを使うって感覚、解剖学的な意味、テクニックの違い。

これを一緒に感じ、指導し、勉強していくマスタークラスです。

 

受講費

各5000円

*「教師のためのバレエ解剖学講座」を受講していない人はマスタークラスのお申込みができません。

ご了承ください。

 

講師紹介・・・は要らないね笑

 

申し込みは7月上旬に行われます。

最新情報はDLSメルマガにてお送りしていますので登録してくださいね。

メルマガは毎月1日と15日に届きます。

画像つきの、容量のおおきなメールが受信できるメールアドレスをご登録ください。



DLSセミナーを楽しみにしてくれている多くの皆さんに平等に受講チャンスをお渡しするために、
DLSにはキャンセルポリシーがございます。
お申込みをお考えの方はご一読ください。


  • 先行予約受付中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。