ダンサーの腹筋事情 普通腹筋をバレエ腹筋へ


ダンサーの腹筋事情 普通腹筋

はじめに。

この記事はダンサーの腹筋シリーズの続きです。

シリーズの最初はこちら

ここから始めないと分からなくなってしまうと思います。

 

前回の腹筋事情では、

お腹を入れて真っ直ぐ立つ!

というレッスンでの一番ベーシックな形を考えた腹筋をご紹介しました。

 

その腹筋が出来ると、

お腹を入れて!

といわれた瞬間酷いタックに入るダンサーや、

 

腹筋を使って!

といわれたら、肩に力が入ってしまうダンサーを

直すことが出来ます。

 

確かに簡単なエクササイズですけれど、

しっかりとマッスルメモリーに入れておくこと。

 

今日は、腹筋、といって皆が思いつく、

普通の形を見ていきましょう。

 

これです。

腹筋blog

だれでも知っているエクササイズね。

 

1)膝を曲げて床に寝転がります。

足は骨盤の幅に開き、両膝の感覚も同じにしておくこと。

骨盤の三角形は地面と水平です。

 

2)上体を起こしてきます。

それだけ。

 

ただ、このエクササイズ、とーっても正しく行わないと

レッスンでは使えなくなってしまいます。

 

チェックリストを見てみましょう

 

  1. 骨盤の三角形は、上体を起こしても変わらない
  2. 足の付け根(股関節の前)には力が入らない
  3. 首が動きを先導しない
  4. ひじが顔のほうへ上がってこない
  5. 脇が地面から浮くまで体を起こす
  6. 膝が外に逃げない
  7. 足の指たちに力が入らない。アーチが崩れない
  8. お腹は平らのまま

 

まー初心者ならばここら辺まで気をつけたいですね。

 

え!?

初心者で、ここまで気をつけなければいけないの!?

 

そうなんです。

誰でも知っているくせに、難しいんですよ、この腹筋。

 

 

  • 骨盤の三角形は、上体を起こしても変わらない

腹筋blog3

→腹筋を使っても、骨盤のプレースメントに影響しないようなコントロール力

→タックに入ってしまったら、腰椎を押し出すことに!レッスンで使わないよね?

 

 

  • 足の付け根(股関節の前)には力が入らない

2腹筋blog

→解剖学編で、腹筋は肋骨から骨盤までを繋げる、ってお話したでしょう?

腹筋を鍛えるのがゴールなのだから、他のエリアは使わない!

 

 

 

  • 首が動きを先導しない

→首は動きます。ただね、胴体に首が付いているから動くのであって、

首から動きが生まれるわけではないよね?

肋骨の点を骨盤の点のほうへ縮めるのだから。

 

 

 

  • ひじが顔のほうへ上がってこない

腹筋blog1

→5番ポジションにした時に、ひじは180度開きません。

だから、腹筋でもひじが少し前に来るよ。

だけど、顔を隠すほどひじが動いてしまったら、

ポーデブラを背中からキープしていることにならないよね?

 

 

  • 脇が地面から浮くまで体を起こす

→この動き、バレエだとナンでしょう?

カンブレデヴァン、になると思いません?

その時、動かす範囲は胸椎の部分。首だけではないよね。

 

 

  • 膝が外に逃げない

→腹筋をしている時に内転筋を使えなかったら、

踊っているときに内モモが使えない、ってことね。

 

 

  • 足の指たちに力が入らない。アーチが崩れない

→腹筋している時に足の指を丸めたら、トウシューズどころか、

安定してアテールで立てませんよー。

体のどのエリアを使っているのか?という考えと、

それをコントロールする力を作っているのですから。

 

  • お腹は平らのまま

→トレーニングの面から見たり、

ピラティスのドローイン、と呼ばれる動きからみたりできるのですが、

難しくなってしまうから。

 

この注意、ダンサー的に考えると当たり前ね。

踊っているときにお腹を出っ張らせないでしょ?

腹筋を使って!というときにお腹がぽっこりしていたら変でしょ?

 

 

 

と、説明を書くとこんな感じです。

 

いつもレッスンで注意することを、エクササイズでやっているんだ。

っていう事を考えたらこれくらい当たり前な気がしませんか?

 

この前と、今回、そしてプランクたちは基本の動きです。

基本が一番難しい!

でもゴールは踊っているときに使える体作りでしょう?

という事はこれくらいシンプルな動きの中で、

 

しっかりと考える、

コントロールできる、

続けられる。

 

そんな強さがダンサーには必要ですよね。

練習していきましょう。

 

次回は、腹筋と引き上げ、そしてドローイン、という言葉(聞いた事、ありますか?)

を考えてみましょうね。

レッスン場では腹筋が弱いと引き上がっていない!って言われるので、

その紐を解いてみましょう。

 

Happy Dancing!

ai

 

 

 

 


  • ダンサーの腹筋事情 普通腹筋をバレエ腹筋へ”へのコメント

    • October 30, 2015 at 10:37 am

      正しい知識に裏打ちされた説明。勉強になります。先生の活動が日本のバレエの先生の意識改革に繋がると思います!

      Reply
      • November 1, 2015 at 8:57 am

        まりさん、コメントありがとうございます。
        意識改革に繋がるといいなぁと思って毎日更新しています。これからも応援どうぞよろしくお願いします。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。