バレエスタンスワークショップ

[`yahoo_users` not found]

このワークショップは既に定員に達しています。

キャンセル待ちをご希望の方はhello@dancerslifesupport.comにご連絡ください。

キャンセル待ちの数が多ければ、追加日程を考えています。

 

ええ、名前の通りバレエスタンスのためのワークショップでございます!

本の著者(って私なんだけどね笑)から実際にバレエスタンスを学びましょう、というワークショップ。

 

このワークショップの目的は

  1. バレエスタンスをしっかーりと理解すること
  2. 自分にあったバージョン(難易度)を学び、プログラムを作ってみる事
  3. 正しくエクササイズができているか?を確認しよう

 

ワークショップが終わったら

  • 自分の体への理解が深まり、対処法が生まれる
  • バレエスタンスを練習する方法が分かるので家で努力をし続ける事が出来る

なので

「安全」に「効率的に」上達する!

 

これが3時間ワークショップのゴールです。

かなり内容が濃くなっていますし、予習もできているはずなので、勉強、研究熱心なダンサーの参加をお待ちしております。

本の題名にも書いてあるけど、これは「本気でうまくなりたい人のためのダンス解剖学教室」なんですもの。

 

バレエの立ち方ブックのストレートネックエクササイズを続けていたら、交通事故のあと悩まされていた頭痛が治りました!

 

亜脱臼を何度もしている肩、タオルストレッチエクササイズをイベントで行った後の帰り道で、二度と出来ないと思っていた可動域まで腕が動き、思わず涙が出てきました。

 

「バレエの立ち方」イベントの後、娘が愛さんに教えていただいたエクササイズを毎日寝る前に必ずやるようになりました。妹が寝てしまっても、一人でやってから寝ています。本当に小さな一歩ですが愛さんにお会いしたことで感じるものがあったんだな、と思います。

ワークショップだからできる事

ワークショップ、という名前を使うのは今回が初めてなんですよ。

私ね、言葉マニアだから、「セミナ―」「講座」「マスタークラス」などと使い分けているんです。

 

wikipediaにワークショップって何?と聞くと、

学びや創造、問題解決やトレーニングの手法。

参加者が自発的に作業や発言をおこなえる環境が整った場において、ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される形態

と出てきます。

なのでこのワークショップでは自分で発言、作業をします(もちろん資料とかは準備してありますよ笑)

私は司会進行兼指導者ということで、皆の考えるサポートをしていきます。

ただ言われたことをやる、というのは日本の子達はとっても上手。だけど自分で考える、となるとむむっ!?となってしまうね。

 

だけどさ、1か月後に上達していたいでしょ?

そしたら今の自分≠1か月後の自分になるわけじゃない。

今の自分に合わせたものを暗記していても、1か月後の自分にとっては簡単すぎる、チャレンジにならない、ってなってしまうものね。

だから、自分の体の声を聞いて、理解して、それに対してどうやってエクササイズプログラムを作るか?って考えてほしいんだ。

 

ちなみにセミナ―はというと

ゼミナール(ドイツ語、略してゼミ)と同じ意味で演習、大学などの授業科目。

専門的な内容を学びとることをねらいとする。

ってあるからダンサーのためのボディコンディショニングセミナ―なんかで使っているのね。

 

講座は、

セミナ―と似ているのだけど、ある程度まとまった講義のこと、体系的な知識を形作ること

などと書いてあるので、モジュールとして内容が小分けになっているもの、まとまった流れのある知識を勉強する場、として教師のためのバレエ解剖学講座なんていうものをやっています。

バレエの立ち方ブックにあるエクササイズを応用させてアラセコンドを高く挙げられるようになった例(1月8日のイベントにて)

スケジュール&料金

2018年5月6日 13:30-16:30

ノアスタジオ 都立大学

 

8500円

*プラスご自身で「バレエの立ち方できてますか?」をご購入いただき、予習をしていただきます。

予習内容は申し込み後、メールにてお送りしますので、添付資料が「確実に」届くメールアドレスにてお申し込みください!(携帯の設定などは、こちらからはどうしようも出来ませんからねー)

 

自分の体の癖を知り、弱い方を練習する必要性を学べば安全に上達できます。

参加者基準&申し込み

  • 本気でうまくなりたい人
  • しっかりと予習をしてくる人

そして15歳以上のダンサー、ダンス教師、新体操やジャズなどクラシックバレエ以外のジャンルの人も参加可能!

ただし・・・定員は25名ですので早いもの勝ちにさせていただきます。

2018年2月24日(土)日本時間午前6時よりDLSストアにて申し込みが始まります。

申し込み方法の詳細はこちら

当日受け取る事のできる、DLS来日特別アイテムについてはこちら

その他のDLS春セミナ―のスケジュールはこちら

 

講師紹介

愛佐藤 愛

6歳よりバレエを始めThe Australian Conservatoire of Ballet卒業。怪我のためバレエを断念した経験からVictoria University にて本格的に解剖学、理学マッサージを学ぶ。

ピラティスや教育資格取得、ACBバレエシラバスを終了し、現在はACB専属セラピストの他、 政府認定コースであるCert.IV, Diploma, Advanced Diplomaコースの解剖学とフィットネスの講師を担当。

その合間を縫って豪州と日本各地でバレエダンサーや各種パフォーマーの治療や教育を行ってい る。

国際ダンス医科学学会(IADMS) Massage&Myotherapy Australia(AAMT)会員。

ダンサーの為の情報サイト、Dancer’s Life Support.Com創立者。初書籍「バレエの立ち方できてますか?」は先行予約の段階で千部を超える申し込みがあるという異例の人気を見せる。

 

FBライブ!!

スケジュールを見ても分かる通り、春は様々なセミナーがあり混乱しますよね。
なので2月3日そして10日の朝8時にDLSのFBページにてライブで皆さんの質問に答えます!
  • 私でもこのセミナ―受けられるのかな?
  • ちょっと意味が分からないんだけど・・・
  • 初めて申し込むからかなり不安。もう一度口頭で説明して!
など申し込み争奪戦の前に解消しておきたいお悩みをライブで解決していきましょう!
まずはDLSのFBページをフォローして連絡がくるように設定しておいてね。

 

 

お陰さまでアマゾンランキング1位も頂き、第二弾も執筆中です。

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。