Let’s talk about おしり! ダンスに必要な臀部の筋肉を考える


lets-talk-about-%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%8a%ef%bc%81%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%81%ab%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e8%87%80%e9%83%a8%e3%81%ae%e7%ad%8b%e8%82%89

 

 

おしりについて語りましょう。

というと変態っぽいですね。

 

ダンサーのおしりについて語りましょう…

これも変態っぽいですね。

 

ダンスに必要な臀部の筋肉について語りましょう。

これなら大丈夫っぽいですか?

では、これをサブタイトルにしましょう。

 

初めてDLSに遊びに来てくださった方がいたら、最初の何行かで逃げられてしまいましたね、きっと。

「ダンサーのためのサイトだと思っていたのに変態発言ばっかり!」

 

過去のセミナーに参加していただいた方々はご存じのとおり、

私は子供サイズ骸骨と実物大の足の骨を持って歩いています。

今年はそれに追加して実物大の骨盤だとか、脚だとかも持ち歩く予定です。

 

飛行機を使って出張される方は慣れていると思いますが、

どこの空港でも最近レントゲンで荷物チェックをされるので、引っかかります。

,

ケアンズ空港で朝5時到着、馬鹿に蒸し暑い中、ジェットラグでふらふらしているところ、

荷物チェックのおじさんたちに捕まり会話開始。

大分空港で暇そうなおじさんたちに「おねえちゃん、何してる人なの?」なんて言われることもありました。

,

,何度も笑顔で「遺体を運んでいます」と言いたかったことか!

もちろんそんなことをしたら本格的につかまりますから

「えーっと、うーんと。ダンサーの為のセミナーしています、へへ」

なんて言って通り過ぎます。

 

実際に会っても変人度は高めです。

ご注意ください。

 

DLSセミナーの申し込み争奪戦に勝つ方法はメルマガ登録をしておくこと。

セミナーの最新情報はもちろん、申込みが始まる時間やスムーズに申し込みをする方法をお送りしています。

もちろん、セミナーではない時は記事になっていないスペシャル内容をお送りしたりしてますよ。



 

 

話をおしりに戻しましょう。

DLSリピーターの方々はご存知の通りターンアウトは大腿骨の外旋です。

つまりこの動きが生まれる場所は股関節です。

 

それは分かっているけれど、実際に何がどうなっているとターンアウトすることになるのでしょうか?

そしてどうすれば鍛えられる??

その答えはおしりに眠っています。

 

臀部の筋肉、は片方に3つあります。

それらももちろん大切なのですが、その下に隠れた6人衆は非常に大事な筋肉たちです。

ダンサーなら知っておきたい大腿骨の周りの筋肉シリーズ(長い名前ですね、相変わらず)

では筋肉を「知る」ところから始めますから、次回からこの2つのグループをさらっと見ていくことにしましょう。

 

ヒント。

それはこのおしりシリーズも大腿骨シリーズの一つだ、という事です。

つまり、ここでお話しする9つの筋肉たち全部、大腿骨にくっ付いています。

大腿骨、恐るべし

 

そしておしりについている、という事は骨盤についている、

という事ですから骨盤のプレースメントタックちゃんダックちゃんにも関係してくるという事。

骨盤のプレースメント記事

タックとダックのはざまで

 

 

Happy Dancing!

ai


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。