心という筋肉を鍛える

[`yahoo_users` not found]

 

1420595_86070461

 クリスマスプレゼントの当たるアンケート終了まであと4日!!

gift

,

,

,

,

オーストラリアの一年は1月の終わり、または2月の最初に始まって12月に終わります。

そのため、今現在(12月上旬)は本当にラストスパートの時です。

最近、2人の生徒がバレエ学校をやめました。

あと少しで終わり。卒業証書がもらえたのに。

 

毎年たくさんの生徒がやめていきます。

「毎日踊るのは大変すぎた」

「踊るのは好きだけれど、仕事には出来ない」

「怪我が続き諦めた」

「ダンスを甘く見ていた!」

理由はたくさんありますが、

この時期に辞める生徒の場合、原因は大体メンタル面にあると思います。

燃え尽きた、とでも言いましょうか?

今まで頑張って、頑張って。

ストレッチを続け、痛みに耐え、体のケアをして、全ての注意を書き出して。

痩せなさい。足の形が悪い。腕が短い。

体の事もズバズバ言われる世界に居る故に、このような事を尊敬する先生から毎日言われるのです。

 

自分を限界まで押し続けて、昨日よりも良い物を作り続ける。

というのは大人でも難しいことです。

けれど、これがアーティスト、芸術家の生活。

ある日、これが限界に達するとどうなるか?

スランプ。なげやり。モチベーションを失い、バレエなんかもういいや!となっていきます。

摂食障害や鬱、パニックアタックなど、深刻な問題に続くこともありますし、

体の痛みも精神的な物から来ることがたくさんあるのも事実。

 

メンタルトレーニング、精神の強さ、というのはフィジカルトレーニング、身体の強さと強く結びついている、と私は思います。

大体の場合、頭が先にギブアップするのです。

「もうだめだ」

という声を出す前に、

本当に「もうだめ」なのか?

「もうだめ」な気がするだけなのか?

を知っておかなければいけません。

特にバレエを始め、全ての競技スポーツにおいて順位をつけられるのが当たり前の中で私たちは生活しています。

皆違ってみんないい。

そう思いたいけれど、私はコールドで彼女はソリスト。

オーディションで受かる子、落ちる子。

バレエ学校に入れば、才能のある子は奨学金生徒。

プロを目指すダンサーたちは幼いうちからこれらの壁と戦わなければいけません。

発表会レベルでもそうです。

彼女はいつもいい役。私はいつも端っこに立っている・・・

このような世界に居るのだから、当たり前だ!と言い切れるような、開き直りに近い強さが必要なんですよね。

 

解剖学を勉強すると、体が全て繋がっている事に気が付きます。

手先も足先の小さな骨も。

どこかで靭帯が結ばれて、腱がついて。

そして全てが一つになって動いています。

当たり前でしょう?

その中に内臓があるわけです。

(本来の解剖学は臓器、リンパ、血管なども勉強するのです!)

筋肉と骨がしっかりと動くためには、内蔵たちもしっかりと働いてくれなければ困りますね。

その内臓の一つにがあり、そこから指令が出てきます。

アラベスク、タンジュ、トウシューズで立つ。

これらは筋肉が骨を動かし、関節から生まれる動きですが、(この話はもうしましたね。)

その指令は背骨を通じて(どうして背骨が大切かわかるでしょう?)脳から来ています

 

この「脳みそ」

こいつらはやっかいな臓器です。

でも、うまく使えると上達が非常に早まります

メンタルトレーニング、メンタル面のスタミナ、集中力。

このような事もボディコンディショニングの大事な一コマだと思いませんか。

 

私は心も筋肉のようなものだと考えます。

柔軟性があり、可動域がある。

そして鍛えれば鍛えるほど強くなります。

だからDancer’s Life Support.comではインスピレーションやマインドセットも時々お話ししています。

あー、今日は解剖学じゃないのか。

と思わずに

心の筋肉を鍛えるためなんだなぁ。

と思って頂けたら嬉しいです。

 

 

「ダンサーが自分の力量を信じれば、観客にもその力量を信じさせることが出来る。

何故なら、自分に自信を持っているダンサーにはエネルギーがあるからだ。

多くの場合、ダンス自体はそうよくなくても演技者としての強い自信があれば、その仕事を上手くやり遂げてしまうものである。」

Humphrey D, The art of making dancers. (1951)

Happy Dancing!

ai

[`yahoo_users` not found]

  • 先行予約受付中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。