教師の為のバレエ解剖学講座 マスタークラスって何?

[`yahoo_users` not found]

教師の為のバレエ解剖学講座 マスタークラスって何?

DLSでは2015年1月から「教師の為のバレエ解剖学講座」という講座をお届けしています。

1年ちょっとで、実に5期が終わっていて、150人ほどのバレエ教師、トレーナー、治療家の方々が参加してくれています。

これだけの皆さんが指導のための解剖学を考えてくれているという事実、素晴らしいですよね。

 

この講座は名前通り、「教師のため」の「バレエ」解剖学をお話ししています。

ただの暗記じゃなくって、指導する時に見えるものを考えた解剖学。

生徒に起きやすい問題、例えばすごく体の固い子とか、逆にぐにゃぐにゃな子。

直しようのない変な形のポーデブラとか、側湾症とか、を

先生の視点で考えていきます。

 

使えないもの、私がバレエ学校で10年以上働いていてみない、相談されない、なんてところはどんどん省いてます。

ほら、お医者さんを作るための講座でもなければ、

試験に合格するための暗記でもないから。

 

そのかわり、沢山の生徒が怪我した部分だったり、問題があるところだったり、

オーディションや試験でコメントに上がる部分を選抜しています。

 

バレエ教師、ってひとくくりにしてもバックグラウンドは色々。

かなり難しい内容だと感じる人も多いので、オンラインコースで解剖学の基本を予習できるようになっています。

バレエ教師って、指導しながら、経営しながら、マーケティングしながら、振付けしながら、お母さんしながら!!!

っていう何足ものわらじを履いている人が多いので、

予習はオンラインコース、自分の時間で、自分のスピードで出来るようになっています。

 

っと。

堅苦しく書いてみたけど。

じゃ、マスタークラスって何よ?っていうのが今日のお題でございまする。

解剖学は好きだ。

バレエを正しく指導したいっていつも思っている。

ブログや参考書も読むし、生徒にも進めている…

 

DLSの鬼の愛さんについて解剖学も勉強したダヨ。

8時間もおしりが痛い思いをして勉強したダヨ。

実際に参加者同士で筋肉を触ったりとかして、超頭が良くなった気分ダヨ。

 

けどいざ指導をはじめたら頭にハテナがたっくさーん浮かんできちゃって。

あれ?この時の骨盤ってまっすぐだったっけ?

生徒が痛みを訴えてるとき、どうやって指導するんだっけ?

いつも上達しないのは、私のせい?生徒のせい?

「先生、ウチモモってどうやったら使えるの?」…答えたはいいけど、かなーり不安。

おとなバレリーナさんの方が体の事を知ってる!!!

 

なんて悩みがある人たちのため応用クラスでございます。

 

バレエダンサーは視覚、感覚、で覚えるのが得意です。

レッスンって先生のお手本を見て、動いてアンシェヌマンを覚えるでしょ。

だからさ、生徒たちがなんだかよく分からない手話みたいな事をしながら呪文を解いてる先生を見てて、

いきなりバーつかんで踊りだすんだから、周りの人はびっくりする訳です。

 

教師の為のバレエ解剖学講座はいっくら私が10年以上のダンサー治療、指導の経験を混ぜ合わせても、

結局受け身にはなっちゃうんですよ。

講座だから。

聞いてると分かる気になるし、ノートも真面目に取ってるし、

英語の参考書は持ち歩くとかっこいいし。

 

だけど、ダンサーあがりの先生たちが一番頭に入れられる方法。

それは、実際に動く事、と繰り返す事。

バレエダンサーが毎日プリエを繰り返すように、私たちも指導の為の勉強を繰り返すのです

 

その為にマスタークラス、という物をつくりました。

 

 

マスタークラスでは講座で勉強した事の中から、1つテーマを選び、それを実際に指導したり、踊ったりして確かめるのです。

そう、まさに「マスター」習得するためのクラス。

 

例えば、モジュール1では背骨、骨盤、アライメント、プレースメント、背骨のカーブ。

ダンサーに起きやすい背骨のケガや病気(側弯症とか滑り症とか)

腹筋、背筋、コアマッスル、外旋六筋・・・なんてエリアをカバーします。

 

その知識がある、という前提でモジュール1のマスタークラスで背骨だけにフォーカスしていくんです。

真っすぐ立つ、というのはどういうことか、何を注意したらいいか。

タンジュ、床に脚がついているときの背骨はどうなっていて、

足を上げ始めたらどのように背骨が変化していくか。

 

デヴァンの時に腰をまるめてはいけない、とか

アラベスクの時に腰に乗っからない、というのは分かっているけれど、

それってどういうこと?

体が固い人は?年齢の若い子は?出来ない時はどうすればいい???

 

なんてことを実際にレッスンしながら、指導しながら、他の人の動きも研究しながら考えていくんです。

 

 

お金も時間も大事だよー

教師のためのバレエ解剖学モジュール1&2は計8時間です。

復習したいって思ったたびにスタジオ休校して、家族に謝って8時間時間を作るのは大変でしょう。

だからマスタークラスは2時間。

しかも5千円っていうリーズナブルな値段で、ターゲットを絞って勉強するので忙しいバレエ教師向けにしてあります。

 

あとね、お金と時間、っていうところから、FBに秘密グループがあるんです。

教師講座を申し込んだ人達はこのグループで講座の前に予習が始まり、講座後も1年間サポートがつきます。

復習記事だったり、クイズだったり、スタジオ経営のヒントだったり、

ライブで質問会や1対1のコンサルというサポートもつきます。

 

何よりも無駄なのは、セミナーを受けっぱなしにする事だと思う。

それは時間もお金ももったいないでしょう。

本気で勉強したければ、DLSは本気でサポートします。

 

 

1年間のスケジュール

バレエの先生って、自営業の場合が殆どだから出来るだけ早くスケジュールを決めたい人が多いと思います。

ここで1年間の流れをご紹介しますね。

また、バレエの先生を目指している子たちも目標があるとお金を貯めやすいと思ったので。

 

 

教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2・・・毎年1月と5月に開催

各マスタークラス・・・毎年1月、5月、9月に開催

→9月のマスタークラス申込はこちらから

モジュール3・・・毎年5月に開催

モジュール4・・・2017年は開催されません

 

オンラインコース1・・・DLSストアにて好評発売中

オンラインコース2・・・2016年9月に発売予定

 

DLS教師講座完全サポート

 

教師講座の詳細ページはこちらから

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • 教師の為のバレエ解剖学講座 マスタークラスって何?”へのコメント

    • July 26, 2016 at 9:01 am

      詳しい時間、料金等教えていただきたいです。
      よろしくお願い致しますm(_ _)m

      Reply
      • July 27, 2016 at 10:58 am

        ご連絡ありがとうございました。
        今回のマスタークラスは9月17,18日の午後5時~7時、Piece of modern dance studio にて行われます。
        こちらは過去に教師講座を受講した方のみが参加できるものです。
        次回の教師のためのバレエ解剖学は1月3,4,5,6,7日に行われます。時間は午後、場所は東京になると思いますが、まだ決定しておりません。
        その他の情報はhttp://www.dancerslifesupport.com/2015-2/からどうぞ。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。