毎日ストレッチしているのに一向に柔らかくなりません…筋肉が張る、固いダンサーへのアドバイス


毎日ストレッチしているのに一向に柔らかくなりません…

毎日頑張ってストレッチしてます。

スタジオにも早く来るし、変な格好でテレビ見ながらストレッチしてます。

なのに柔らかくならないし…また先生にはもっとストレッチしなさいって言われちゃいました。

 

大人バレリーナさんでもいますよね。

年齢のせいかしら…でも後から始めたAさんは開脚が出来るようになってるわ!

 

年齢のせい!?

才能のせい!?

努力のせい!???

本当はもっとシンプルだったりして…

今日はストレッチしても、しても・・・一向に体が柔らかくならない秘密を見てみましょう。

 

今日の質問に答える前に、この前ストレッチのまとめ記事、完全保存版を作りました。

そっちを読んでいない人はまずはそっちをどうぞ。

(そんでもって、そこで今年はストレッチ記事もう書かない!宣言をしているけれど、書いちゃったよ笑)

 

 

本当に筋肉が短いと筋肉は硬く感じる

当たり前だけれど。

筋肉をずっと使わなかったら、ストレッチしなかったら短くなりますね

例えば骨折をして、足をギブスの中に入れて何週間か過ごしていた、としましょうか。

そしたらその部分は動いていないんだから、動かし始めた時には硬く感じます。

 

ずっと同じ姿勢で縮めていた、とかもこの類。

猫背で仕事を12時間とかやっていたとしたら、肩の前の部分、胸筋たちは硬く、縮こまってしまう。

よって、肩の後ろ側が伸ばされる=同じポジションにずっといる(ギブスみたいにね!)

ということで、硬くなります。

→胸筋について説明した記事はこちら

 

だけどね、一番よく見られる原因はコレじゃないんですよ。

やっている動きに対して、筋肉がついていけない時。

その時筋肉は硬く感じるようになります。

 

やっている動きに対して、筋肉がついていけない時??

そう、つまりね、筋肉が弱い時!って事。

筋肉が弱いと筋肉は固くなる!!

筋肉が頑張って動いている時、筋線維はすこーしだけ切れちゃいます。

それが元に戻る事で強くなっていくし、サイズも大きくなったり、形が綺麗に見えるようになるのね。

これは毎日のエクササイズで起こっている事。

筋肉痛になるってこういう事だから。

 

(おいこら、レッスンの後に筋肉痛にならなかったら、そこまで自分をプッシュしていないって事になるんですよ。

本気で踊らないと本気を出せなくなるよ?という記事でも説明したけれど、

それじゃー上手になりませんからね。)

 

ただ、筋肉にかけるプレッシャーが大きすぎると、

筋肉が耐えられないほどの量、筋肉を使うと、

その部分の切れた筋繊維はしっかりと戻ってこれなくなったりします。

筋繊維が健康じゃないってことは、うまく伸びないって事ね。

(筋肉の仕事って縮んで、伸びることだから)

なので、硬く感じるんですよ。

 

だからね、ストレッチを毎日やってても体が柔らかくならないの!

だって筋肉が短いのではなくって、強くないんだもの。

 

 

弱い筋肉はすぐにギブアップして、パンパンに感じる

バーレッスンだけでふくらはぎがパンパンになってしまう。

というのは特にこの現象が起きています。

つま先を伸ばす、ルルベをする。

たとえフラットの片足でバランスをとっている時も、ふくらはぎの筋肉は働いています。

 

ふくらはぎが弱かったら、バーレッスンの振り付けにさえ耐えられなかったら、

すぐにパンパンになってしまいますよ。

 

ダンサーの足セミナーで毎回正しくカフライズ(ルルベの事ね)が25回以上できないと

ポワントを履く強さはありません、って言います。

そうすると大体、「そんなにふくらはぎのエクササイズやったら足太くなりませんか?」って質問がきます。

 

でもね、25回のルルベ。

バーレッスンだけでもそれ以上のルルベやっていますよ?

今度数えてみてください。

レッスンの中でどれだけルルベをやっているか。

 

よくあるエクササイズの一つで、ダイアグナルピルエット。

トンベ、パドブレ、ピルエット。

これだけでもどれだけルルベが入っていると思います?

 

レッスンの振り付けに入っている量と同じだけを、

他の動きや、難しい重心移動がないカフライズ、というエクササイズで使えなかったら、

絶対に出来るようになりませんよ?

 

ふくらはぎが弱いとどうなるか?

  • シンスプリンツ、
  • 中足骨疲労骨折
  • 腓骨疲労骨折、
  • コンパートメントシンドローム
  • ふくらはぎの肥大(だってバランス悪く使っているから)
  • 大腿四頭筋の肥大(だって強い下肢がないってことだから、上の部分が頑張ってしまう)
  • ひざ関節のケガ(だってジャンプの衝撃吸収ができていないから)

なんかに繋がります。

脚の太さや感覚(パンパン、固い気がするなど)だけに頼って、何もしないと上に挙げたケガに泣くことになりますからね。

そして、プロダンサーの写真を見るとふくらはぎと太ももが同じようなサイズだったりするのですよ。

しっかりと現実を見つめましょう。

 

今日の記事の最初に、読んでおいてね、といったまとめ記事「絶対にストレッチしちゃダメなわけではないですからね」にも書いてありますが、

筋肉はストレッチすると一時的に弱くなります。

(オリンピックとかで重量挙げをする人達を見てみて。

一番力が欲しい人達はストレッチしてからバーベルを持ちあげるなんてしません!)

 

弱いふくらはぎ

固いなーと思ってレッスン前にストレッチ

ふくらはぎがパンパンだからエクササイズしたくないなー

って繰り返していくと一向に治らないってことです。

 

まとめ

毎日ストレッチしているのに一向に柔らかくなりません・・・という人は

  1. そのストレッチが本当に役に立っているのかしっかりと確認
  2. そのストレッチがしっかりと出来ているか?自分のレベルにあっているか?を確認
  3. その筋肉が弱いだけじゃないか?を再確認!

してください。

 

→そのストレッチ本当に役に立っているの?

 

Happy Dancing!

ai

 

 


  • 先行予約受付中!

  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。