バレリーナの卵のサポートの仕方


 

バレリーナ卵

最近、バレエママさんたちからメールをいただく事が多くあります。

なのでDLSでは「悩めるバレエママシリーズ」を企画中です。

,

,

留学について書いた記事はこれの発端でした。

留学させるかさせないか、というのはダンサーだけの決断ではなく、家族全員が決断するからです。

 ,

 ,

,

,

,

 

,

,

教師には教師の悩みがあります

,

,

コンクール向けの体か、解剖学的に正しいことをさせてあげるべきか。

トウシューズの履く年齢、

レッスンの内容、正しいことを教えてあげられているのか…

,

,

殆どのダンス教師は生徒を上手にしてあげたい、より健康で楽しいダンス生活を送らせてあげたい、

人間として大きくなってほしい。

と思っているはずです。

,

,

残念ながら、そうではない先生もいます

,

,

バレエの基本的なステップさえ知らないのに、子供にバリエーションを教える先生も見てきました。

両足ルルベでしっかり立てないのに、そしてその時点で痛みがあるのに、ポワントクラスをさせる先生もいるんですよ。

 

 ,

,

,

,

ダンサーにはダンサーの悩みがあります。

,

,

プロに向いているのだろうか、という葛藤。

体型。

上達のスピードや、テクニックについて。

,

,

プロを目指すダンサーは年齢に関係なく、本気で頑張っています。

学校の友達が楽しく遊んでいる横で、宿題を早く終わらせ、夜のレッスンに向かいます。

,

,

ここでも、残念な生徒がいます。

,

,

半端ない努力が必要な世界なのにも関わらず100%頑張らない子。

留学してきた生徒の中で、夜遊びばかりに時間をかけている子達も見てきました。

口は達者なのに、行動がついてこない子。

,

,

これは先生からみて悩みの種。

本気で踊りたいのにどうして100%の力で踊らないのかしら?

 

 ,

,

,

,

そしてダンサーの卵を持つ親には、親の悩みがあります。

,

,

どこまで踊らせてあげるべきか。

学問と夢のバランス。

どこまで手助けしてあげられるのか。

,

,

子供の痛みは親の痛みです。

子供が悔しくって泣いているのを見て、心の痛まない親がいるでしょうか。

それでも彼女が選んだ道。

涙を惜しんで背中を見守りつつ、カロリー計算したお弁当を作ってあげるのでしょう。

,

,

ここにも残念な人は存在します。

,

,

子供は踊りが楽しくって踊っているのに、プロになりたいと勘違いし押し続ける人。

年齢がとっても浅いのに難しく、長時間のレッスンばかり受けさせる人。

他の子やバレエスタジオと比較し、必要のないダイエットとかネガティブな事ばかり言いつける人。

,

,

こういう人を私はステージママ、と呼びます。

 

 ,

,

,

,

毎年絶対1人はステージママのせいで踊ることを辞める生徒を見ます。

原因はいろいろだけれど、ネガティブに影響することには変わりありません。

 ,

,

,

,

でもね、彼女たちは子供を愛していて、助けてあげたくって行っているんです。

悪気があるわけでは全くないの。

,

,

ただ行動がマイナスな方向に働くことはたくさんあります

これは教師にも言える事ですし、バレエ友達にも言える事です。

私を含める治療家もそう。

(あー自分で書いていて耳が痛い。ん?読んでいるから目が痛い?)

 

 ,

,

,

,

どこまでサポートしてあげるか?

どこまでアドバイスしてあげるか?

どこで線引きをするか?

 

 ,

,

,

,

残念ながら答えはありません

,

,

子供だけでなく、ダンサー、人間は一人一人違います。

そして感情は生もの。

法則があればいいんだけれど、そうではない。

同じ注意でも、タイミングや精神状態によって受け取り方が変わってしまうでしょう?

,

,

しいてはティーンエイジャー!

ホルモンは飛び回っているし大変です笑

 

 ,

,

,

,

では私たちダンサーの卵を見守るチームはどうしたらいいでしょうか?

,

,

「話を聞いてあげる」

,

,

愚痴でもいいし、悩みでもいい。

ジャッジメントをしないでただ「聞く」という事は難しいことですが、

そこから彼らの本音を聞き出してあげましょう。

そしてサポートする方法を一緒に考えていきましょう。

,

,

大丈夫、一人ではありませんよ。

先週もバレエママから電話があったばかりです。

バレエ教師の方々からは相談メールが、そしてダンサーたちは愚痴を言いに。

私の仕事って、もしかしたら感情のゴミ箱みたいなものかもしれません笑

P.s.

本気でプロを目指している人、そしてプロダンサーを育てたい人へ

バレエ団のプロデューサーからアドバイスを含めたインタビュー記事があります。

新しい発見、ゴールが見つかるかもしれません。

どうぞご覧ください。

Happy Dancing!

ai


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。