DLSポッドキャスト epi270 芸術の域からプリエを観察してみた

プリエだけでなく、可動域が広くなるということは表現の幅が広がると私は考えています。

だから柔軟性が悪いわけではない。

ただ、ゴールである表現、アートの部分を忘れてしまうとプリエは深い方がいい、脚は高い方がいい、だけ目についてしまいます。

可動域が広くても踊れなかったら仕方ないんだけどね。

どうやったらプリエで表現ができるか?を考えてみた記事をピックアップしました。

 

読みたい人はこちらから

 

聞きたい人はこちらから

イベントに無料参加できる特典のつく、先行予約終了まであと少し!

10月31日までにアマゾンで先行予約した人は、先行予約特典として、プリエ本イベントに無料で参加できます。

2020年1月12日、東京都内で行われるプリエ本イベントでは、

リカバリーを早め、100%で踊れる体を作るための食事についてをシドニー在住のダンサー専門栄養士、ふみさんが。

リカバリーのためのスケジュールやエクササイズプランの立て方を私がお話します。

→ふみさんについてはこちら

→前回のイベントの様子はこちら

→プリエ本についてはこちら

 

先行予約→注文完了画面をスクショ→Book@balletstance.comにメール

の3ステップでイベント登録ができますよ。

(私からの返信が届いたら登録完了♡)

 

まだスケジュールが分かんないんだよね、という人でも登録だけはしておいて。

イベント詳細は発表しないので、登録しないと受け取ることができません。

!!ポッドキャストの購読方法!!

 

 

DLSのYoutubeチャンネルには過去のポッドキャストだけでなく、ビデオブログやインタビューなども発信しています。

チャンネル登録をお忘れなく!

 

  • <お知らせ>

    体の声を聞く練習と共に、弱点を克服し踊り続ける事、長く指導し続ける事が出来る体を育てるボディコンサークルは毎週日曜日にZoomにて行われています。

    スケジュールやトピックの詳細はこちら

  • <お知らせ>

    DLS教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2を受講された方々向けに、毎月ダンサーに見られやすいケガ予防とレッスンの作り方についてを勉強する「教師のための月一勉強会」があります。

    モジュール受講者は毎月のテーマとスケジュールをこちらからご確認くださいね。

  • 佐藤愛著シリーズ



  • Follow Us!

  • お知らせメールを受け取ろう!(無料)

    最新情報、メルマガ限定コンテンツ、セミナー早期申込などのお得情報が満載!
  • Categories