心という筋肉を鍛える

1420595_86070461

 

オーストラリアの一年は1月の終わり、または2月の最初に始まって12月に終わります。

そのため、今現在(12月上旬)は本当にラストスパートの時です。

 

最近、2人の生徒がバレエ学校をやめました。

あと少しで終わり。卒業証書がもらえたのに。

 

毎年たくさんの生徒がやめていきます。

「毎日踊るのは大変すぎた」

「踊るのは好きだけれど、仕事には出来ない」

「怪我が続き諦めた」

「ダンスを甘く見ていた!」

 

理由はたくさんありますが、

この時期に辞める生徒の場合、原因は大体メンタル面にあると思います。

燃え尽きた、とでも言いましょうか?

 

今まで頑張って、頑張って。

ストレッチを続け、痛みに耐え、体のケアをして、全ての注意を書き出して。

痩せなさい。足の形が悪い。腕が短い。

体の事もズバズバ言われる世界に居る故に、このような事を尊敬する先生から毎日言われるのです。

 

自分を限界までプッシュし続けて、昨日よりも良い物を作り続ける、というのは大人でも難しいことです。

けれど、これがアーティスト、芸術家の生活。

 

ある日、これが限界に達するとどうなるか?

スランプ。なげやり。モチベーションを失い、バレエなんかもういいや!となっていきます。

摂食障害や鬱、パニックアタックなど、深刻な問題に続くこともありますし、

体の痛みも精神的な物から来ることがたくさんあるのも事実。

 

メンタルトレーニング、精神の強さ、というのは

フィジカルトレーニング、身体の強さと強く結びついている、と私は思います。

大体の場合、頭が先にギブアップするのです。

 

「もうだめだ」

という声を出す前に、

  • 本当に「もうだめ」なのか?
  • 「もうだめ」な気がするだけなのか?

を知っておかなければいけません。

 

ケガの痛みと同じように、これはヤバイからジャンプは減らそうとか、これは今のうちに治療を受けておいた方がいいな、って分かるように。

気持ちが折れてもうだめだ、となる前に計算された休息をとることも体のケアの一部ですし、

これくらいの疲れはこういう事をすると楽になる、なんて自分の中で分かっているとより便利。

 

特にバレエを始め、全ての競技スポーツにおいて順位をつけられるのが当たり前の中で私たちは生活しています。

皆違ってみんないい。

そう思いたいけれど、私はコールドで彼女はソリスト。

オーディションで受かる子、落ちる子。

バレエ学校に入れば、才能のある子は奨学金生徒。

 

プロを目指すダンサーたちは幼いうちからこれらの壁と戦わなければいけません。

 

発表会レベルでもそうです。

彼女はいつもいい役。私はいつも端っこに立っている・・・

このような世界に居るのだから、当たり前だ!と言い切れるような、開き直りに近い強さが必要なんですよね。

 

舞台に立てるだけで幸せ。

キャスティングされてなくても、アンダーで一緒に練習出来るだけで嬉しい、というダンサーがいます。

そして、そういう子達は、何が何でも一番にならないと!と思っている子よりメンタルが強いと感じます。

どうして自分が踊りたかったのか?が分かっているから。

自分のベースがはっきりしているから。

 

早くからコンクールに出ていて、競争世界に疲れていたり、

お母さんのため、バレエの先生のプライドの為に頑張っている子は、自分の「楽しい」がなくなってしまいます。

長期続くケガやダイエットばかりしている子達も、メンタルがやられてきます。

摂食障害は食事の問題ではなく、心理的な問題だからです。

 

 

脳みそはやっかいな臓器です。

でも、うまく使えると上達が非常に早まります。

メンタルトレーニング、メンタル面のスタミナ、集中力。

このような事もボディコンディショニングの大事な一コマだと思いませんか。

 

私は心も筋肉のようなものだと考えます。

柔軟性があり、可動域がある。

そして鍛えれば鍛えるほど強くなります。

でも、プッシュし続けると、栄養を入れてあげないと、そしてケアしてあげないと

壊れます。

 

だからDancer’s Life Support.comではインスピレーションやマインドセットも時々お話ししています。

あー、今日は解剖学じゃないのかと思わずに

心の筋肉を鍛えるためなんだなぁ、と思って頂けたら嬉しいです。

 

ダンサーのケガをたくさん見てきくると、

体のケガの方が、心が壊れてしまうよりも数段直しやすいと分かります。

だからこそ、心という筋肉を意識的に鍛えてあげてくださいね。

心の強さが、パフォーマンスの強さ、芸術性を上げることにもつながると思いますよ。

 

 

「ダンサーが自分の力量を信じれば、観客にもその力量を信じさせることが出来る。

何故なら、自分に自信を持っているダンサーにはエネルギーがあるからだ。

多くの場合、ダンス自体はそうよくなくても演技者としての強い自信があれば、その仕事を上手くやり遂げてしまうものである。」

Humphrey D, The art of making dancers. (1951)

 

Happy Dancing!

ai

  • 佐藤愛著シリーズ



  • 心という筋肉を鍛える”へのコメント

    • July 4, 2020 at 8:34 am

      小6の娘の母です。
      いつも記事を読ませていただいております。愛さんの、厳しくも愛に溢れた言葉に、母の私も救われています。
      先月から、娘の心が折れていました。
      でも、愛さん記事を参考に心のトレーニングだと考えて、娘と話し合い、前にすすむことができました。
      そして、辛い時期を乗り越えつつある娘は、前より踊りも良くなっています。心も鍛えておくことも必要な時間なのだと、また愛さんの記事を読みながら思い返しております。
      何度も挫折するかもしれませんが、その度に愛さんの言葉をかみしめて、自分の心の声に向き合う方法を学んでいって欲しいです。

      Reply
      • July 6, 2020 at 11:35 am

        コメントありがとうございます。
        昔の記事ですが、お役に立ててうれしいです。
        心のほうが、体よりも鍛える必要があると感じます。
        何度も挫折して、そのたびにより強くなって戻ってきてください。
        1年に冬があるのと同じように、その時期が辛くても成長のためには大事なんだと思います。

        Reply
    • February 28, 2021 at 12:35 pm

      愛さんの記事、楽しみに読ませて頂いています。大人からバレエを習いはじめました。子供達の様にプロになるとか、コンクールに参加するとかは無いですが、バレエが大好きで続けています。発表会にも子供達と一緒に参加しています。参加費用も同じ様にお支払いしています。配役は殆ど踊れないです。全幕作品では踊らない役もとても大切な事も理解しています。でも、コールドの隅っこででも踊りたいと思ってしまいます。愛さんの記事とは全く次元が違いますが、どんなに歳をとっても辛く悲しい現実に、もうバレエを辞めた方が気持ちが楽になるかもしれないと悩んでいます。そんな現実があると分かっているのに発表会参加を決めたのは自分なんですよね。愛さんに自分で決めた事でしょって叱られそうですね。まさにリアルタイムで悩み落ち込んでいたのでコメントいたしました。心のトレーニングも意識してみようと思います。楽しくバレエを続ける精神力を養いたいです。

      Reply
      • March 1, 2021 at 8:11 am

        コメントありがとうございます。

        そんなに悲しいなら、自分の求めていないバレエの形であれば、辞めるのも一つの手だと思いますよ。
        ただ、現状としてご自身でご承知のように
        値段、配役の件を理解し、参加を決めたのは自分
        プロでもウォーキングロールを行う(仕事として!)
        というのはありますよね。

        自分のために練習しているのであれば、舞台の配役にこだわる理由はどこなのか?
        子供たちと比べ、日々のレッスン量はどうだろうか?
        年齢を完全に取り払い、個人の実力で考えたときに、配役に当てはまるほど踊れるのか?
        (お客さんに提供できるものがあるのか?)
        などを自問自答してみるのも大切かと思います。

        大人バレエトレーニーさんから最近同じような「スタジオで悲しい」というコメントをもらうのですが、
        辞められるのも、学校の友達関係などを気にせずほかのスタジオに移れるのも
        大人バレエトレーニーの特権だということを覚えておいてほしいです。

        ネガティブな気持ちで踊っていたら、本末転倒ですものね。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。