いざ小鬼出動! DLS公認インストラクター物語

 

昔々、あるところに鬼の愛というヤツがいました。

日本語にめっぽう弱い赤(い髪の)鬼は、Happy Dancingを日本に届けようと金棒(のかわりの大腿骨)を振り回しておりましたとさ。

(治療家たちの前で、金槌でトウシューズをたたいていたという噂話もありますが、真相はいかに…)

 

がしかし、日本はバレエ人口が世界的にも多く、

全国津々浦々、どの駅を降りてもバレエスタジオがあると言われております故、鬼の前進はまるで亀の歩み。

 

研究結果やスポーツ医学はこのネットご時世、簡単に手に入るはずなのに、

古い「当たり前」という壁や「昔からやってたから」という谷、

「大先生」というちっこいくせに微動だにしない仙人たちの風通しされておらぬ、昭和な香りがプンプンする線香の煙に巻かれ、

意気揚々と東の国に登っては、こうべを垂れて海の彼方へ戻るという年月を過ごしましたとさ。

 

でも、ダンサーだって人間じゃないか。

しかもちっこい人間たちが「バレエを楽しい」と思えなくて何が指導者だ。

信頼してついて来てくれている子たちの体を害して、病を抱えさせた責任は本人に押し付け

「私が将来の夢を叶えさせた」と言えるのだろうか。

 

鬼は悩みました。

 

自分の子供でもないし、ちっこい人間を助けるのをやめて、カンガルー王国に引き下がるか。

もしかしたら日出処では、Happy Dancingは必要とされていないのではないか。

戦後の日本経済が成長した理由は、何が何でも突っ走れ+公害からくる病気だって最後の最後まで無視しろと国が進めたからだとも言われるじゃないか。

根拠はないが、兎跳びやエビぞりなど妙に動物に模した動きを続けて、生き残った者たちが今の倭国で幅を利かせているのだろうし。

 

(意味のないと見える)涙や苦労、挫折は「努力」と称えられ、大和魂として好かれるのも事実…

(とはいえ、魂っちゅーものは死んだ人間から出てくるのだから、ちっこいダンサーの夢が死んでしまったという証拠か…?)

 

赤い髪を染め直す鏡と向かい合いつつ、自問自答を繰り返す鬼の元に、ちらほらと便りが届くようになりました。

賛同してくれる民、共感してくれる民

ひとり、また一人。

海を越え、山を越え、これじゃいかん、と思う輩が集まり鬼を応援してくれるようになりました。

3色の巻物も作られ、手軽に民衆の手に渡るようにもなりました。

(Oh! 第4冊目準備中!Stay tuned! しまった、今日のブログは英語じゃなかった)

 

ところがどっこい。

まだまだちっこい人間たちの悩みが絶えませんようで。

インスタグラムやtik tokという新たな魔術も出てきとりまして、鬼と金棒(大腿骨)、鎧(膝蓋骨と肩甲骨)ではやはり太刀打ちできぬ状況。

 

そこで鬼は考えました。

小鬼を作ったらどうか。

 

時は新時代、令和元年6月1日。

5人も小鬼が生まれてくれりゃぁ嬉しいなぁと思っていた鬼の元に、30を超える門下生が勢ぞろいしましたと。

 

こりゃ、きびだんごがたくさん必要ですな。

その一声と共に、鬼の右腕、小鬼の心の拠り所、ひとみんが御光臨されました。

2艘の船に乗り込んで、門下生たちは小鬼になるべく荒波に出たのでした。

 

=interval=

 

 

月日が経ち、おっかねー鬼の母ちゃんの元、お互い励ましあい、切磋琢磨し、ツノを磨いた小鬼たちは

コアラが燃え、疫病の時代さえ乗り切って、better than beforeを胸に前に進んで参りました。

 

別れの日。鬼はこう言いましたとさ。

 

小鬼は大名ではありませぬ、主役になってはいけません。

影武者として、物語の主人公が最適な道を歩けるように𠮟咤激励をするのが仕事です。

ちっこい人間だって、いばらの道でも進まなければいけない時がございます。

いばらを除けるのではなく、道に障害物を置くのでもなく。

いばらの道を一人でも歩けるように、本人が2本の足で立てる術を伝えるのです。

 

無理やりストレッチの時代が明ける除夜の鐘の音が遠くから聞こえますな。

どこかで(猫アレルギーの)ひとみんが膝の上のネコ様を撫でながら月を愛でておりましたとさ。

 

 

私の話はこれでおしまい…?

#セッティング命 #again #lastone! #小鬼 #鬼の母ちゃん

(ハッシュタグは内輪ネタ)

 

小鬼の行方を探したい方はデータベース(訓練が終わった小鬼から随時更新されます)

 

 

第二期用無料説明会+申込み開始は2021年10月9日

コースの詳細や、コースが向いているかなチェックシート、勉強についていけるかな…などよくある質問に答えたエクストラリソースは希望者にメールでお送りしています。

コースについてもっと知りたいな、という方は下のフォームから情報受け取り用のアドレス登録をお願いします。

 

資料が添付されている容量の大きなメールが届きますので、携帯キャリアではないメールアドレスをお勧めします。

コース情報を受け取る





 

 

Happy Dancing!

 

  • <お知らせ>

    体の声を聞く練習と共に、弱点を克服し踊り続ける事、長く指導し続ける事が出来る体を育てるボディコンサークルは毎週日曜日にZoomにて行われています。

    スケジュールやトピックの詳細はこちら

  • <お知らせ>

    DLS教師のためのバレエ解剖学講座モジュール1&2を受講された方々向けに、毎月ダンサーに見られやすいケガ予防とレッスンの作り方についてを勉強する「教師のための月一勉強会」があります。

    モジュール受講者は毎月のテーマとスケジュールをこちらからご確認くださいね。

  • 佐藤愛著シリーズ



  • Follow Us!

  • お知らせメールを受け取ろう!(無料)

    最新情報、メルマガ限定コンテンツ、セミナー早期申込などのお得情報が満載!
  • Categories