バレエ留学のメリットVSデメリット コインの両側を知っておこう

留学

 

バレエ留学の前に自分に問いたい5つの事

という記事は思ったよりも好評で、正直驚きました。

特に、「こういう声をかけてほしかった」というもの。

 

留学すればプロのダンサーになれる!将来が安定する!という考えが浸透している最近。

私も一応留学して「成功」しているカテゴリーに入るらしいですから考え物です。

踊っていないのに!

 

あと、海外ならば、バレエ環境が整っている、というのも「?」です。

愛さんは海外だから・・・というものとかね。

 

私のような仕事は海外のバレエ界でも浸透していません

ゼロではないですが、日本よりもちょっとだけ進んでいる、くらい。

 

ケガをしてバレエを辞めてから7年間ずっと予防の大切さを話し続けてきましたが、

私のいたバレエ学校で根付くまで2-3年かかりましたし、

そして体を強化しようというアイデアも本当につい最近からです。

 

頑固に自分の正しいと思っている事を地道に伝え続けたから、やっとこうなりました。

 

大人の海外転勤でさえ、大きな決断ですもの、

子供のバレエ留学はとっても大きな決断。

 

今日は前回ちらっとお話ししたように、

バレエ留学のメリットとデメリットを私なりに解釈したものを紹介します。

ご存知の方も多いと思いますが、DLS初の方の為に。

 

バレエ留学の実情

私、佐藤愛は2004年にバレエ留学の為、オーストラリアに来ました。

時は過ぎ、今や2014年。

自分がバレエ留学をした身、そしてバレエ学校で働いていた身から、インサイトをご紹介できると思います。

 

ここでトリビア。

 

実はオーストラリアに留学する前、私はカナダに短期留学、サマースクールにも参加しています。

つまり、短期、中期、長期の留学をカバーしてきました。

 

どれだけ無駄なお金を使ったことか・・・

それはまた今度「留学の長さと目的」にて恥さらししましょう。

 

 

その前に一言。

留学あっせん会社は、ビジネスであると心得る事。

 

彼らは貴方に上手になって欲しいなんて思っていません。

早く留学してほしいし、色々な所に留学してほしいと思っています。

そうすることでお金になるから。

 

バレエ学校を知っています!と言っても実際にバレエ学校の卒業生ではないでしょう。

バレエ学校紹介、寮を紹介、航空費を手配。

こういうところで彼らは手数料をもらっている可能性があります。

鵜呑みにしない事。

 

国立のバレエ学校を除く、海外のバレエ学校では、

留学生を受け入れるときに現地の生徒の2-3倍の学費を払うようになっています。

生徒が多いほどビジネスになり、その中でも留学生が多いとお金になります。

 

ビジネスが悪いわけではないですよ。

バレエスタジオを経営している先生方なら分かるでしょうが、

よいバレエスタジオを経営するためには、よい発表会や舞台を作るためにはお金がかかります。

それは当たり前。

ただ知っておいて損はない事実です。

 

 

バレエ留学のメリット VS デメリット

バレエ漬け生活 VS 燃え尽き

バレエ漬けの生活で花咲くダンサーもいれば燃え尽きるダンサーもいます。

 

英語上達 VS 言葉の壁

英語、またはその国の言葉が否応なく上達します。

ですが、言葉の壁でレッスン中の注意の理解が出来なんてことも。レッスンで言われていることが分からなかったらバレエ留学になりません。

 

他のダンスジャンルの勉強 VS ケガ

ジャズ、コンテ・・・色々なジャンルを学ぶという事は、体を今までにないような使い方をするという事です。

 

精神的自立 VS ホームシック

嫌でも精神的に自立できます。ですがホームシックで中退する人も多いです。

甘えっこなわけではなく、精神的に参ってしまうようです。

 

自信がつく VS 自信を無くす

今までスタジオで一番上手と言われてきた人は特に要注意。

たくさんのタレントあるダンサーに囲まれて生活する中で自分らしさ、自分の良さを見失う事もあります。

 

上達が早い VS 下手になる人も多い

上達します。ですが学校によっては下手にもなります。

無理やり体を使うため、筋肉ムキムキになったり、太ったりします。

 

履歴書映えがいい VS 帰国後のコネクションがない

留学しました!と言える事はいいことですが、帰国後のコネクションがない。

結局昔のバレエスタジオに戻ってアシスタントに、なんてケースも。

何のための留学だったのでしょう?

 

様々な教師から学べる VS 見てもらえない

様々な出会いがあるところ、それが留学のいい点です。

でも全ての先生が親身になって育ててくれるわけではありません。

 

 

どうでしょうか?

何度も言うように留学が悪いわけではありません。楽しいですよ!

だけど、コインの両サイドを見ておきましょうね。

 

 

Happy Dancing!

ai

 

 

  • 佐藤愛著シリーズ



  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。