「股関節からのターンアウト」の落とし穴

%e8%82%a1%e9%96%a2%e7%af%80%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88%e3%81%ae%e8%90%bd%e3%81%a8%e3%81%97%e7%a9%b4

前回の記事では

 

股関節の外旋、つまりターンアウトは脚の付け根から生まれるけれど、

点と点原理で考えればわかるように、動きは骨盤と脚の付け根の後ろ側、つまりおしりの下の部分で生まれる、

 

という話をしました。

(何を話したか?の説明だけでもなんだか複雑ですね・・・)

その部分に存在する隠れ6人衆の外旋六筋のご紹介をちらっとしました。

 

今日はその

「股関節からターンアウトする」という注意がうまく伝わらないとどうなるか?という事を見ていきましょう。

そしてどうしてそれが危険なのか。

 

ターンアウトを上達させるために行われる「ストレッチ」の代表はうつ伏せカエルのポーズではないでしょうか?

そして2番ポジションスプリッツ、または開脚、と呼ばれるもの。

frog stretchside splits

私のところにも様々な質問がやってきます。

カエルのポーズは完璧に出来るのにターンアウトが出来ません。何がいけないのでしょうか?

開脚すると180度開くのにターンアウトが出来ません。バレエに向いていない体なのでしょうか?

 

このような質問に答える前に考えてみましょう

1)どうしてこのストレッチがターンアウトに影響するのでしょうか?

2)どうしてストレッチがターンアウトを「強化」してくれるのでしょうか?

 

カエルのストレッチ、そして開脚をするときに「のびてるー」と感じる筋肉はどこでしょう?

内転筋ではないでしょうか?

太ももの内側の筋肉。

 

この子たちの仕事は何でしたっけ?

大腿骨を内転させる事。

つまり脚をそろえる事、脚を体のセンターに持ってくること。

 

それをストレッチすると?

大腿骨の外転がうまくいきます。

 

脚をデヴァンにデベロッペ(大腿骨の屈曲)したければハムストリング(大腿骨の伸展をつくる筋肉)のストレッチをするでしょう?

それと同じ原理。

 

脚をアラセコンド(外転)したければ内モモ(大腿骨の内転をする筋肉)をストレッチする。

つまり動かしたい「動き」と反対の動きをする筋肉をストレッチするってことです。

 

ここでストップ。

ターンアウトって外転?それとも外旋?

 

外旋

 

外旋したければ股関節を内旋する筋肉をストレッチし、外旋する筋肉を鍛える必要があります。

 

分かりますか?

動きを止めてしまう筋肉を伸ばし、動きを作ってくれる筋肉を強くする

ということです。

 

 

カエルのポーズや開脚でこれができますでしょうか?

 

答えは否。

 

 

ここが私の考える「股関節からターンアウトする」という注意の落とし穴だと思うのです。

股関節からターンアウトする」という言葉があちこちに飛び交っているけれど、説明がついてきていない。

 

そして説明がないと股関節の前側を開けばいいのね!

という事ばかりが先歩きしてしまって、

前回お話しした点と点原理のターンアウトを「作る」筋肉を忘れがちです。

 

でも愛さん、それって確かにターンアウトにはつながらないかもしれないけれど、所詮ストレッチ。

体は柔らかい方がいいんでしょう?どうして危険なの?

 

よくぞ聞いてくださいました。

それは股関節の中にある股関節唇というものを知る必要があります。

 

こかんせつくちびる!?

 

こかんせつしん、と読むそうです。

そして靭帯についても知っておく必要があります。

 

 

これは長くなってしまいますが、股関節の痛みを持っているダンサーが非常に多いことと、

靭帯をけがするダンサーが非常に多いことからみて、しっかりとそれぞれを見ていく必要があると思います。

 

 

この事、踊っている時はもちろん、解剖学を勉強し始めた時も話されることがありませんでした。

けれど、バレエ医療師たちと働いてからぞっとしたのを覚えています。

特に小さいこども。

 

 

今後説明をしていきますが、今日見て分かったように、ターンアウトには無意味なストレッチです。

やるな!とは言えませんよ、ストレッチはストレッチです。

柔らかい体はケガをしにくいことも事実。

 

ただしこれがターンアウトを作るとは考えない方が良い、という事。

だって、ターンアウトをする筋肉を鍛えているわけではないからです。

 

また、股関節や膝関節のケガに繋がる危険性が高いので十分気を付けてください。

 

 

次回は「踊りだすとターンアウトをキープできないのは何で?」をみていきましょう!

 

Happy Dancing!

ai

  • 佐藤愛著シリーズ



  • 「股関節からのターンアウト」の落とし穴”へのコメント

    • June 15, 2014 at 3:21 am

      記事楽しみにしています!

      Reply
      • June 18, 2014 at 9:59 am

        ありがとうございます!

        Reply
    • January 12, 2016 at 1:01 am

      愛さん、こんにちは!
      お久しぶりです。
      今回の弾丸ツアー、冬季講習会はどうでしたか??
      私は発表会、オフ会に行けず、本当に残念です(;_;)

      去年の冬季講習会以降、実に様々な事がありまして…
      今もスタジオの発表会(初のグランパドゥドゥがあります)、コンテンポラリーダンスの舞台など色んなジャンルに挑戦させてもらってます。
      色々ありすぎて直接お話したいです!!

      春の講習会には是非参加したいので
      このアドレスからメルマガ再登録できますか??

      Reply
      • January 14, 2016 at 9:16 pm

        ちーちゃん、メルマガはここからは登録できなので、過去のメルマガを削除し(今届いているメルマガから登録解除ができます)、新しくメルアドを入れなおしてください。
        春のセミナーでお会いできるのを楽しみにしています。

        Reply
    • August 4, 2016 at 12:35 pm

      とてもわかりやすい説明をありがとうございます!
      ところで、
      ”動きを止めてしまう筋肉を伸ばし、動きを作ってくれる筋肉を強くする”
      ためには、カエルや開脚の代わりにどんなストレッチをすれば
      効果的なんでしょうか???

      Reply
      • August 8, 2016 at 10:33 am

        コメントありがとうございました。
        ターンアウトで縮む筋肉、つまり使われる筋肉はおしり、だとすると伸びる筋肉は反対方向についているもの=股関節の前になります。
        なのでその部分を伸ばす動きがターンアウトのためのストレッチになりますね。
        https://dancerslifesupport.com/hipflexors/
        この記事に書いてあるストレッチ「だけ」ではありませんが、ヒントになるのでリンクをつけておきますね。

        Reply
    • September 2, 2017 at 2:46 pm

      コメント失礼致します。Twitterでフォローさせて頂いており、そちらでこの記事を見つけました。

      ターンアウトについてのご説明がわかりやすく、読んでいて「なるほど!」と深く頷きました。確かに股関節からターンアウトというと前側ばかり気にしてしまうので、自分できちんと理解して、人にも説明できるようになりたいです。
      またターンアウトをすると開くことに夢中になってしまい、内腿を使ってキープさせる力が弱くなる人が多いように感じます。恥ずかしながら自分もまさにその一人であり、アラセゴンドをするとお尻が引けていると先生にもご指摘受けることもあります。内腿を猛烈に意識したらなぜか右ふくらはぎを攣るという悲しい事件も起きたことがありました。これもターンアウトを作る筋力不足なのかしらとこの記事を読みながら思いました。

      過去の記事も色々拝見させていただいており、とても勉強になります。
      長文にて失礼致しました。

      Reply
      • September 3, 2017 at 12:47 pm

        ご連絡、コメントありがとうございました!
        ターンアウトするさいに間違った筋肉を使っていると、もしくはターンアウトの感覚や理解が不十分だとひざを曲げて形をつくろうとしてしまう事があります。
        うちモモの弱さ、というよりはターンアウトの間違い、といったほうが正しいかもしれません。
        とはいっても、うちモモがしっかりとレッスン内で育つためにはターンアウトができていないといけないので、どっちもどっちかもしれませんが・・・笑

        これからもどうぞよろしくお願いいたします!

        Reply
    • September 21, 2017 at 4:13 pm

      こんにちは。以前も読んだ記事ですが、また読んでいます。
      私はアメーバブログなのですが、こちらの記事を私のブログに貼り付けて、紹介してもかまいませんでしょうか?
      もちろん、こちらのブログアドレスをきちんと載せます。
      ご検討よろしくお願いします。
      MRB松田(小嶋)敏子

      アメーバブログ
      http://ameblo.jp/mrb-ballet

      Reply
      • September 29, 2017 at 3:46 pm

        もちろんです!
        シェアどうもありがとうございます。

        Reply
    • January 18, 2018 at 2:40 am

      中年レッスン男子です。先生の書籍からこちらをしりました。

      誰よりもフル開脚できるけどターンアウトがまるでダメ。
      しかも始めた頃よりターンアウトが狭くなってて根本的に違うことをやってるような気が、、、5年間もやもやしてたテーマでした。外転と外旋の違いだろうなとうすうす感じていたのですが正解でした。

      論理は分かった所でまだ具体的に何をすればよいのかがピンと来ませんが、無駄に強化されていると思われる内転筋の付け根をコロコロ始めましたが正しいでしょうか?

      Reply
      • January 18, 2018 at 9:56 am

        こんにちは!
        次回の本はターンアウトについてです笑 やっぱりみんなが悩む部分なので・・・

        外転と外旋の違いを理解できて、レッスン中に感じられたら素晴らしいですよ!
        内転筋が硬いか?といわれると、文章上だけでは(本当は分かりませんよ?)開脚ができているので必要ないかな?
        私だったら、レッスン中に骨盤が正しい場所にあるかを一番最初に確認します。
        なぜならば、始めたときよりもターンアウトが・・・という文章で、難しいことをやり始めて、もしくは体が慣れてきて、骨盤のプレースメントがおろそかになっていないかな?と思うからです。
        股関節とは骨盤と大腿骨で出来ています。ターンアウトの筋肉たちも骨盤から大腿骨についています。ですから、この部分が正しい場所になければ、外旋を行うことは不可能です。
        コロコロするなら中臀筋にしてみましょう!

        Reply
    • February 18, 2018 at 3:07 am

      こんにちは。
      現在バレエをお休みしている小学生の娘について相談させてください。
      少し前まで毎日のようにレッスンに通い、コンクールなどにも参加していたのですが、開脚すると股関節がバキッと鳴る事があり、痛みもあるようでしたので、スポーツ外科でMRIを撮ったところ、股関節唇損傷という結果でした。
      お医者様には「バレエの回数は減らせばやっていいというものではなくやらないに越したことはない」と言われてしまい、親子共に大変ショックを受けてしまいました。
      娘はこの先もバレエを続けたい、できればまたコンクールにも出たいと言っているのですが、手術以外で治癒の見込みがない状況でバレエを再開させていいものか、また続けるなら娘の足の状態を理解した上でご指導くださる先生がいらっしゃるのか、不安でいっぱいです。
      股関節唇損傷の他にも臼蓋形成不全の疑いもあり、もうバレエは諦めさせて他の道を探るべきかとも思うのですが、本人の気持ちを考えるとまた前のように踊らせてあげたいという気持ちもあり先が見えません。

      何かアドバイスをいただけると嬉しいです。
      よろしくお願いします。

      Reply
      • February 28, 2018 at 7:20 am

        ご連絡ありがとうございました。

        このような個人的な質問にはMRIや踊りを見ずに公のコメントで答えることはできません。
        (だけど送ってこないでくださいね、私は日本のダンサーを「治療」する資格はありません。海外での資格なので日本の保険ともかけはなれています)

        ただ、一番最後にあった「先が見えません」というコメントについてはお答えできます。
        「バレエをやらないに越したことはない」はバカな人が言う事葉です。なぜならば、しっかりと国際的に発表されている股関節の研究で、ダンサーには様々な股関節の形は普通の生活で言えば「おかしい」形(股関節不全なども含む)があるが、それと痛みは関係ない、と分かっているからです。
        そして、手術ではなく、トレーニングである程度よくなる事も分かっています。
        まずは、DLSのデータベースに載っている治療家などに相談し、(DLSの勉強会に来てくれた人です。)治療、リハビリプランをしっかりと作るところからはじめましょう。
        お勧めの治療家さんもDLSのブログなので紹介してますよ。冷静にしっかりと前を向いてリサーチしたら娘さんも安心するのではないでしょうか?

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

  • Follow Us!

  • お知らせメールを受け取ろう!(無料)

    最新情報、メルマガ限定コンテンツ、セミナー早期申込などのお得情報が満載!
  • Categories