忙しいダンサーの為のウォームアップ

Legs of a young man running
ウォームアップという言葉を聞いたことがありますか?

もちろん、ほとんどの人がこの言葉を知っていると思います。

  • 「体をあたためることでしょう?」
    「運動する前のストレッチでしょう?」
    「スポーツ選手には必要かもしれないけれど、私たちダンサーは毎日ストレッチしているし、しっかりとバーレッスンをしているから大丈夫!」
  • 確かにバーレッスンはゆっくりプリエからはじまりますから、
    それ自体がウォームアップのようなものだと考える人もたくさんいます。

でもね、ウォームアップとクールダウン、この2つはケガ予防だけでなく、ダンスのテクニック向上次の日の踊りの質まで変えてくれる重要なステップ。

そんなに長い時間をかけて行わなくても大丈夫なので、ぜひクラスの習慣にしてみてくださいね。

ウォームアップのゴールは心拍数を上げ、血流を良くすること。

その為筋肉が温まり、エネルギーを効率よく使うことが出来ます。

温まればいいのでしょ!?

といっていっぱい上着やレッグウォーマーをしたり、ヒーターの前に座っていればウォームアップになるわけではありません。

筋肉は600個以上ありますから、そのすべてを温めるためにヒーターの前にいるのは不可能ですし、上着を重ねるだけで深部にある筋肉まで暖まることも不可能です。

よって、血流を使ってすべてを温める必要があります。

皆さんの知っている通り、血管は体の細部まで行き通っています。

つまり、あたたかい血を送ることで筋肉を中から温めることが出来るのです。

 

このプロセスを行うことで、ケガを予防することはもちろん、クラス中に無駄に疲れることも無くなってきます

エクストラでエクササイズを行っているのに、疲れづらくなる!?

そうなんです。

筋肉が温まると効率よく動くことが出来ますし、

筋膜や腱、靭帯などはコラーゲンでできていますから、

それらが温まると柔らかくなり、無駄な力を加えなくても動くことが出来るのです。

 

心臓も筋肉だという事をお忘れなく!
無駄に負担をかけずに心臓を使うことは大事だと、言わなくても伝わりますよね。

ではどうすれば正しくウォームアップが出来るのでしょうか?

長さ的にみると、ただ10分程度行うだけで大丈夫です。

心拍数が上がる必要があるので早歩きや軽いジョギング、または動きの速いフロアエクササイズを行ってください。

難しく考えることはないんです。

車をいつもより遠くに止めてスタジオまで歩く、だとか、

バスから1-2ストップ早く降りて歩く。

スタジオがビルの中にある場合、階段を何度か上がり下がりすればウォームアップになります。

目安は軽く息が上がる程度、そしてうっすら汗をかくくらい。

冬場は夏場よりも少し長く行う必要がありますね。

部分的エクササイズはその後で

感じにくい筋肉、自分の弱い場所などがある場合、その場所を使うエクササイズもウォームアップに入れましょう。

そうすることで、筋肉を使っている感覚(能の神経回路)も分かります。

ケガをしている場所、ケガをしてた事があるエリアは、リハビリでやっていたエクササイズを行う事で再発しないように気を付けて。

メンタル的にも、不安な要素をなくしておく、痛みがない事を確認しておくというのは安心に繋がります。

ストレッチだけで体が温まると思わないで

どのバレエ学校でも見られる光景ですが、
床に座ってストレッチしながら友達と話す・・・というのはウォームアップではありません。

筋肉はストレッチされると一時的に弱くなってしまうので、

正しい筋肉を使ってレッスンをすることが出来なくなります。
そのため自分で自分を怪我しやすい方向に追いやっていることになります。

弱い筋肉は固くなりやすいし、柔軟性がないなぁと感じる理由は、関節を動かしている筋肉が弱いだけかもしれません。

原因をしっかりと理解してから、安全な方向、方法でストレッチする事。

ストレッチって結構難しいのですよ。

 

どうでしたか?
10分だけででいいので、一度だまされたと思ってレッスン前にやってみてください。

体の動き具合、そして筋肉の感じ方が大幅に変わると思います。
ウォームアップとセットにしたい、クールダウンの記事はこちらから

 

Happy Dancing!

1373885444176

 

  • 佐藤愛著シリーズ



  • 忙しいダンサーの為のウォームアップ”へのコメント

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。