脳の成長から考えた積極的テクニック上達

[`yahoo_users` not found]

なんだかカッコいいタイトルになってしまいましたねー

でもそんなにかっこよくはないよ、ごめんね。

 

今日は前に書いたダンサーのポジティブに関する記事をもう少し掘り下げて、しかも脳の成長も一緒に考えてみよう!という壮大なテーマを掲げてみました。

 

私の考えるポジティブってのは「積極的」という意味。

つまり自ら進んで物事を行うという力。

そして、これは力なので育てていかなければいけません。

詳しくは元記事を読んで下さい。

 

逆に自分から考えられないダンサーの事を、私はロボットダンサーって呼びます。

これも記事に書いたけれど、言われたことをただやる、っていう一見いい生徒ちゃんって感じのダンサーの事。

でも自分で考えて、自分で行動する、そして反省する・・・

そういう力がなければダンサーとして成功することは出来ないと思う。

こっちが気になったらロボットダンサーになるな!って記事を読んで下さいね。

 

 

ダンサーに必要な「聞く」力

ダンサーの仕事は「聞く」という脳力がすごく大事になってきます。

レッスンの注意は黒板に書いてあるのではなく、言われます

しかも踊っている最中に言われるし、すごく早く(もしくはざっと)言われることもある。

 

日本では綺麗な現役ダンサーがこんな感じ、って踊って見せてくれるレッスンが多いかもしれませんが、

海外だとそれは少なく、カンパニーになったら何時間もリハをしているディレクターやコーチが踊るわけないですものね。(年齢も考えて…さ笑)

だからこそ、「聞く」という能力は大事。

 

DLSの留学や、英語についての記事でも書きますが、

海外に留学したり、特別なレッスンやセミナーを受ける、という事はその人に注意され、インスパイアされたいからチャレンジするんでしょう?

だってプリエ、タンジュっていうのはふつうのお教室でもできるもの。

 

テクニック注意や解剖学的説明、ニュアンス、そして経験から語ることが出来る演技への深みなど。

そういうのはやっぱり聞いて会得するしかないんですよ。

(振付師から作品の意図を聞く、とかバレエミストレスから全体のダメ出し、だとかもね)

 

注意を聞いてるのに頭に入ってこない問題

耳がちくわ!

とか表現される事があるけど、注意をうんうん、と聞いているのに出来ない子

もしくは体はその場所(スタジオ)にいるんだけど、絶対今、魂口からでてるな、コイツって子

何度も、何度も説明しているのに、そして頑張っているみたいなのに、それでも間違ったままな子・・・

 

スタジオ内には救いようのない子達がいます。

そして、私はバレエに向いていないんだわっ!って辞めちゃうか、逆切れするか(←こっちが多い笑)。

これね、医学博士である加藤俊徳先生によると情報が聴覚系脳番地で行き止まり状態になっているから、なんですって。

・・・?

 

聴覚系、つまり耳で聞いた情報を脳に集積させる場所、その部分を成長させてあげる必要があるんですってさ。

 

そしてこの部分、そして全ての脳みそのパワーに共通して言えるのは、大人になっても成長させることができるという部分!!

諦める必要はないんですってよ、大人バレリーナの皆さま!!

 

聴覚系脳番地を成長させるカギは積極的に学びたい!という気持ち

上でご紹介した加藤先生によると、まだ成長していない(つまりポテンシャルのある!)脳細胞を育てるために一番大事なパワーが「自分からこうしたい!」って願う能動的=ポジティブで積極的な考え方なんですってさ。

 

つまり、先生に言われたからーってやっているパッシブ状態よりも、

これやりたい!って思っているポジティブ状態の方が脳細胞的にもよろしいと。

 

んでもって、そうすることで注意が耳から流れ出ず、しっかりと理解できるようになるんですってさ。

という事は、

テクニックを上達させたい!って思いがある

先生の注意が理解できやすくなる

理解力が増える!

という事になりますね。

 

たぶん、こんなの脳みそがどーのこーの、と言わなくても長年指導をしている人は知っていると思います。

やる気のある子は伸びるってことだからさ・・・

だけどね、「やる気だしなさい!」って怒鳴っても、「足りないのは気力よー!」とか言って雨の中練習しなくても笑

考え方を変えるだけで、上達できちゃうって事だからね!

 

関連記事として。

ケガしてても、レッスンを見ているだけでも成長させることができる能力だよ!(レッスンを見る技術レッスンを「休みなさい」と言われたときにできる事

 

おまけ:理解力を伸ばすためにも!

理解系脳番地、与えられた情報を理解し、将来に役立てるところ!も「知りたい!」という気持ちがある事で向上していくそうですよ。

やっぱさ、ただ暗記、とか言われたことを片付ける、ではいいダンサーにもなれないし、

脳みそも育たないって事ですな!

 

 

Happy Dancing!

 

[`yahoo_users` not found]

  • 大好評発売中!

  • 脳の成長から考えた積極的テクニック上達”へのコメント

    • November 19, 2017 at 11:06 pm

      こんにちは。
      愛さんのこの記事、実に納得!っていうか本当に「馬耳東風」型の子と
      言われたことをきちんと噛みしめられるかの生徒の違い、明確なんですよね…
      年齢、性格によって理解度と体に反映させる感覚の鋭敏さって言葉では言えないくらい。「脳の発達」というと大げさかもしれませんが、結構、差があります。
      今まで考えながら(言われていることはどういう意味か?等)できなかった子が
      理解しよう、実際に動いてみようという思いになれる時期というのがあると思います。それぞれの発達を待ったりしながらタイミングよく指導できれば上達につながると信じてレッスンする毎日です。

      Reply
      • November 20, 2017 at 2:37 pm

        そうですね。彼女たちのタイミングもあるでしょうが、お家や学校など、生活習慣でも鍛えられる部分、もしくは伸び悩みが見える部分だと思います。
        小さい子達であれば、毎日レッスンに来ているわけがないので尚更、日常生活の会話や読書習慣、しつけなども影響しちゃいますよね。
        年齢に関係なく伸びるエリアではあるものの、プロを目指すならば早めにできていたほうが断然いいというのは事実です。難しいですねー。

        Reply

    コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。