踊りのザツなダンサーの特徴


踊りのザツなダンサーの特徴

2016年も残り少し。

バレエ学校の年末試験も終わり、年末公演に向けてのリハーサルがどんどん増えてきました。

 

うちの学校では年に2回試験があるのですが、そのたびに記事に書けそうなことがたくさん浮かびます。

(んでもって、書くことがたくさん過ぎて間に合わず、どんどん忘れていきます・・・あーあ)

 

今回の試験では特に目についたので、今日は踊りのザツなダンサーについて考えてみましょう。

ちなみに私の幼い時のビデオを見ると、踊りのザツさがよく見えます・・・

誰か、こういう事を教えてくれればよかったのに、なんて責任転嫁をしつつ、将来のダンサーのために書き綴っておきませう。

 

踊りのザツなダンサーは動けますし、踊れます.

回れるし、飛べます。

だけどなんだか乱暴だし、雑だし、なによりもオーディションに通りにくいです。

 

コンクールは選曲によってどうにかできるけれど、基本を見られるオーディションではアラがみえまくり

コンクールに出なくてもプロになれるけど、オーディションをしないでプロになることはないんだから、しっかりと考えておきたいところですね。

 

(そう、コンクールにでなくてもプロになる人はたくさん!

特に若いころから才能のある子たちは、有名どころバレエ学校に入学しているのでコンクールなんて出ていません。忘れない様に!)

 

 

特徴1)バランスはとりっぱなし

先ほどお話したように、踊れちゃうわけだからバランスをとることはできるみたいです。

ただ、100%確実に、毎回に・・・ではなくてロシアンルーレット的にですが。

 

バランスがとれたとしても、しっかりとしたポジションに戻ってこなかったり、

変な形でバランスをとってたりします。

 

妙なポジションで止まっちゃうので、テクニックのなさが余計に目につくんですよね。

これはラインが崩れるという問題だけでなく、役柄に合わないガサツな踊りにもなってしまう。

バランスを取るべきでないところでバランスをとっちゃう、というのもよく見られる傾向。

これはね、群舞で踊る場合最低ですよ。

一人が崩れると、みんなの見た目が悪くなるんですもの。

バレエはチームワーク。自分勝手は嫌われます。

 

 

特徴2)ひざ関節、つま先のコントロールがない

ま、どの関節もコントロールがないのですが笑

特にこの2つは目につきます。

 

例えばフラッペやデベロッペでカコンっ!と蹴り伸ばす膝。

けりのばす、という衝撃はあるものの、そのあとやっぱり一瞬(もしくはそれ以上!)ひざが緩む瞬間ができてしまうのですよね。

ラインは崩れるし、見ている方は脱臼しないか怖いし、自分で自分のひざかっくんをしているみたいでバカみたいだし・・・

 

高く飛べるけれど、べらべらなつま先、なんていうものあります。

特にポワントでのアレグロでこれが酷くなってくるんですねー。

足の甲が高くなくても、しっかりと伸ばされたつま先はきれいに見えます。

特に早いジャンプの場合、甲を見せつけるよりも、強くまっすぐ伸ばされた脚のラインが見たいのだから。

 

 

特徴3)大きく踊ろうとして、逆に沈んでいく背骨

表情を大きくつけたり、感情移入したり・・・そういうのが悪いわけではないですが、

体をしっかりと引き上げておいた上で、その部分が欲しいわけで。

 

本人は大きなサークルポーデブラをやっているつもりでも、

見ている方は後ろに逃げた骨盤と、がっつり開いた肋骨を見ながら思うのです・・・

「踊り心はあるんだけどね・・・」

 

最近記事にしていた肩甲骨も肋骨の上に乗っているから、

大きくポーデブラを使っているつもりでも肩甲骨が飛びだしまくり!、動きまくり!なーんてことも。

→肩甲骨が飛び出ちゃうのはなんで?

 

ザツなダンサーにならないために。

ここまで書いてくると分かる通り、自分の体、踊りをコントロールできていないと雑なダンサーに見えるわけね。

これは、

  • コントロールする力がない→筋力不足
  • コントロールをし続ける事ができない→スタミナ不足
  • コントロールするという事が分かっていない→理解不足
  • 自分がコントロールできていない、って知らない→指導不足
  • コントロールできないような難しいレッスンを受けている→テクニック不足・指導不足

などが原因になってきます。

 

逆にこの部分を直せば優雅で、ダイナミックでも繊細なダンサーになれるのです。

 

踊りがザツな子のプラスな特徴は運動神経がいいとか、コーディネーション力があるとか。

妙なバランスで回れちゃったり、飛べちゃったり、

手脚をふん投げて踊っていても、動けるんだから笑

それは大事な事ですが、そのような子こそ、基礎を気にしないで、派手な動きが好きだったりします(自分のこと・・・)

 

よって、先生方、暴れ馬な彼女たちをしっかりと調教してくださいね。

形だけで嘘がつけてしまう子達ですから、基本的な形だけをゆっくりと。。。だけしかやっていないと上手に見えちゃいます。

難易度が上がったときこそ、興奮しちゃって変な癖が出るんだから、そのような部分でしっかりと指導し、レッスンプランを作る必要があります。

 

簡単な動きだけれど、体重移動があるとか、

同じ動きを敢えてゆっくりやってみるとかで、出来ない自分を体感させてあげて下さい。

動けるからって難しいテクニックなどをやらせない事。ひどいケガに繋がるのもこの子達なんです。

 

 

ダンサーたちは、自分で自分をしっかりと省みること!

自分のレッスンをビデオでとり(今は携帯でできるでしょ!)こっぴどい姿をしっかりと自覚すること。

なんでもそうだけれど、癖を直すにはまず癖がある事を理解しなければいけませんからね。

→分からない事は、分からないから、分からない!

 

最後にもう一度。

コンクールに出なくてもプロになれるけど、オーディションをしないでプロになることはない。

何のためにレッスンしているのかしっかりと考えて、頭を使って踊りましょうね。

(あ、これも私だ。)

 

*このような、テクニックだけじゃない、バレエ留学、オーディションへの理解は、プロを目指す子たちならば必要。

1月7日のDLSカンフェレンスでは、このようなバレエ留学のホンネをお話していきます。

チケット、詳細はこちらから。

 

Happy Dancing!

ai


  • コメントはお気軽にどうぞ

    メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
    また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。